top of page
  • 執筆者の写真DISCE

Storyline 360のアクセシブルテキスト機能

更新日:2023年11月22日

すべての学習者に素晴らしい学習体験を提供できるよう、Storyline 360のアクセシビリティ機能と機能強化に力を入れてきました。その中でも特に力を入れているのがテキストアクセシビリティです。この記事では、追加した3つの大きな機能と、それが重要な理由、そしてあなたや学習者がその恩恵を受けられるようにする方法をご紹介します。



アクセシブルテキスト


アクセシブルテキストでは、学習者が読みやすいように、カスタムスタイルシートやブラウザの拡張機能を使って、コーステキストのサイズやスタイルを調整することができます。


ここでは、その仕組みを簡単にご紹介します。


Storyline 360で作成する新しいプロジェクトは、あなたが指一本動かすことなく、自動的にこれらの改善点を利用できます!


デフォルトでアクセシブルテキストをオンにしておくと、学習者が手動でオンにする必要がありません。アクセシブルテキストは、ブラウザの拡張機能を使用しない学習者にとっては目に見えないものですが、使用する学習者にとっては貴重なものです。また、アクセシビリティを第一に考えてデザインすれば、すべての学習者にメリットがあります。


設定するには、以下の手順に従ってください。


  1. トリガーパネルの変数ボタン(Xのようなアイコン)をクリックします。

  2. [Built-In]タブを開く

  3. [Player.AccessibleText]までスクロールダウンします。

  4. ドロップダウンメニューで [True] を選択します。

  5. [OK]をクリックして保存します。


下記GIFアニメも参考にしてください。


以上です!これで学習者がコースを開いたとき、アクセシブルテキストがデフォルトで表示されるようになります。アクセシブルテキストについてはこちらのページ「アクセシブルテキスト」もご覧ください。



アクセシブルテキストスタイル


この記事を読んでいると、最初にタイトル、次に見出し、最後に本文という形に構成されていることに気づくかもしれません。目の見える人にとって、見出しや小見出しのようなテキスト要素は、視覚的な階層を確立するのに役立ち、読むのが少し楽になります。しかし、情報の階層を理解するための視覚的な手がかりがない場合はどうなるでしょうか?


そこで、アクセシブルテキストスタイルがスクリーンリーダーのユーザーを支援します。アクセシブルテキストスタイルをプロジェクト全体に適用すると、デザインの一貫性が増し、スクリーンリーダーを使用する学習者が情報の階層を区別しやすくなるため、見出し、ハイパーリンク、引用、その他のカスタム・テキストに文脈が生まれます。


たとえば、スライドの一部のテキストを、他のテキストよりも大きく太く表示するように修飾すると、目の見える学習者は、大きく太いテキストが見出しであることを簡単に見分けることができます。同じように、見出し1、見出し2、ハイパーリンクなど、テキストとその論理的な修飾書式を設定することでスクリーンリーダーに知らせるように指示することができます。アクセシブルテキストスタイルを使用することで、アクセシビリティを必要とするすべての学習者が、コンテンツを理解するために必要なコンテキストを確実に得ることができます。


アクセシブルテキストスタイルの作成と使用方法の詳細については、「テキストスタイルの使用」をご覧ください。



テキストオートフィットの改善


すべての学習者がテキストにアクセスできるようにするために、もう一つ重要なことはテキストのサイズです。テキストが小さすぎると、学習者は読むのに苦労するかもしれません。


新しいオートフィット機能の改良により、テキストボックスのサイズとその中のテキストをこれまで以上に簡単にコントロールできるようになりました。テキストボックスを描画する際、はみ出したテキストを縮小することなく、固定サイズに設定できるようになりました。


従来のオートフィット

新しいオートフィット





テキストボックスに収まるようにテキストを小さくする代わりに、スクロールバーが表示されるようになりました。そのままにしておくか、テキストボックスのサイズを調整してテキストが中に収まるようにし、スクロールバーを消すかを決めることができます。どちらにしても、テキストサイズは変わりませんので、すべての学習者が簡単に読むことができ、安心です。


この機能には、オーバーフロー時にテキストボックスの幅または高さを自動的に拡大するオプションも用意されています。下のGIFアニメのように、テキストボックスの右下に表示されるボタンを選択することで、設定を変更することができます。


この機能を利用するには、プロジェクトを開き、リボンの[Design]タブを開きます。下のGIFアニメに示すように、[Fonts]ドロップダウンをクリックし、[Upgrade Project Text]をクリックします。


この機能の詳細については、「テキストオートフィットの改善」をご覧ください。



まとめ


これらの新機能を活用することで、よりアクセシブルなeラーニングを作成することができます。



これらの機能を試してみたい方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page