• DISCE

SCORM CloudでLMSのトラブルシューティングを行う方法

原文「How to Troubleshoot Your LMS with SCORM Cloud


あなたがeラーニングコンテンツを開発しているのならば、貴社のLMSで頭を悩ませる問題に直面するかもしれません。多くの場合、その問題はコースがLMSで中断・再開されないという問題か、正しく履歴をトラッキングできないという問題だと思います。


まず問題を特定することが重要です。そのためには、SCORM Cloudという便利なツールを使って確認することをお勧めします。


SCORM CloudはRustici Software社によって開発されたeラーニング業界標準のテストエンジンであり、SCORM について多くのナレッジを持ち、後継規格(Tin Can API)の開発を支援した組織でもあります。


AICC、SCORM 1.2、SCORM 2004、Tin Can APIなど、LMSで使用される仕様をサポートしており、かつ無料でテストすることができますので、理想的なLMSトラブルシューティングの場になります。(こちらからアカウントを作成できます。)


トラブルシューティングの基本


この記事では、コンテンツの圧縮からトラッキングの検証まで、SCORM Cloudを使用してあなたのeラーニングコースをテストする方法を紹介します。次に説明する手順を参考にしてください。


ステップ1:コンテンツを圧縮する


最初にLMS用としてコースをパブリッシュし、次にPublish Successfulウィンドウの[ZIP]ボタンをクリックします。コースをパブリッシュした場所と同じ場所に、パブリッシュされたファイル群の圧縮ファイルが作成されます。このzipファイルをSCORM Cloudに使用します。(AICCコンテンツをテストしている場合は、特別な手順が必要になりますのでこの記事を参照してください。)



ステップ2:パブリッシュされたZipファイルアップロードする


SCORM Cloudにログインし、ご利用のブラウザにより、[Choose File] または[Browse]をクリックします。該当zipファイルを指定し、[Open]をクリックします。SCORM Cloud上にコースがアップロードされ、コースのホームページに移動します。



ステップ3:招待状を作成する


コースのホームページから直接コースを開始することも可能ですが、そうすることでは真の学習者としての挙動を確認することはできず、LMSレポートに結果が表示されません。そのため、[Invite]をクリックしてから[Create Invitation]をクリックすることをお勧めします。URLが生成されるので、URLを自分自身で使用したり、他ユーザーと共有したりできます。



ステップ4:コースをテストする


新しいブラウザウィンドウを立ち上げ、先ほどのURLからコースを起動します。プロンプトが表示されたら、メールアドレスと名前を入力します。結果はこのログイン情報を元にトラッキングされます。

コースをテストし、LMSで期待どおりに動作しない原因となった問題の再現を試みます。あらゆる種類のディスプレイの問題に注意し、コンテンツが期待どおりに中断・再開することを確認し、予期しない動作が起こらないか注意します。


テストが完了したら、コースを終了し、スコアとステータスが正しく表示されることを確認します。



ステップ5:トラッキングできていること(履歴)を確認する


学習者としてコースをテストしたので、SCORM Cloudレポートを確認できます。これを行うには、コースの詳細ページに戻り、[Reportage]をクリックして、利用可能なレポートデータにドリルダウンします。

TIPS:コースの詳細ページが開いていない場合は、コースライブラリに戻り、コース名をクリックします。



What’s Next?


コースがSCORM Cloudで正常に機能しているが貴社LMSで機能しない場合は、LMSプロバイダーに確認し、問題をトラブルシューティングしてください。LMSプロバイダーは、LMS固有の問題を解決する最善の方法を知っています。


ArticulateコンテンツがSCORM Cloudで正しく中断・再開されない、またはトラッキングされない場合は、ケースをArticulateに送信して詳細を確認してください。問題を再現できるように、プロジェクトファイルのデータを必ず含めてください。



株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#トラブルシューティング

#LMS

#SCORM

#AICC

#TinCan

#xAPI