• DISCE

Eラーニング開発のためのインストラクショナルデザインの基本

原文「Instructional Design Basics for E-Learning Development


インストラクショナルデザインとは


あなたがeラーニングやインストラクショナルデザイン(ID)の分野へ飛び込んだ新人であれば、さまざまなIDモデルと異なる学習理論に関してオンラインで閲覧できる情報量に圧倒されるかもしれません。一体どこから始めればいいのでしょうか?


まず、インストラクショナルデザインとは何かを正確に理解することをお勧めします。簡単に言えば、それは学習体験(ラーニングエクスペリエンス)を効果的で興味深くし、学習者を引き付けることを実践することです。誰でもeラーニングを作成することができますが、熟練したインストラクショナルデザイナーは、学習目的と学習者のニーズを満たすeラーニングを構築します。


あなたの最初のeラーニングプロジェクトのための良い出発点を提供することができて、あなたのeラーニングプロジェクトをあなたの学習者にとってより意味のあるものにするのを支援するIDのいくつかの基本的なガイドを知ることであなたはハッピーになるでしょう。実際、あなたが経験豊富なプロであっても、あなたのコースをより洗練させるためにガイドとなるこれらのインストラクショナルデザインの基本を適用することができます。


オーディエンス(学習者)を理解する


分析はインストラクショナルデザインの大部分を占めます。あなたは様々な要因を分析するでしょう。しかし、それらのうちの1つがオーディエンス(学習者)を常に確認することです。eラーニングプログラムを成功させるには、あなたのトレーニングを誰のために設計しているのかを正確に知る必要があります。


あなた自身とクライアントに尋ねてください。学習者は誰であり、彼らのニーズは何ですか?彼らはコンピュータに精通しているのか、それともそうでないのか?彼らは内容についてすでにどのくらい知っているのか?彼らはエキスパートか?それとも初心者なのか?あなたの学習者が誰であるか、彼らがどのような背景・バックグラウンドを持っているかを知ることは、彼らのニーズを満たすコンテンツをどのように開発するかを決定するのに大いに役立ちます。



「知っておく必要がある」と「知っておくとよい」を区別する


もう1つの重要なIDタスクは、「知っておく必要がある」情報と、「知っておくとよい」情報を区別することです。学習者の仕事やタスクを遂行するのを助けない余分な情報は省略するべきです。


コースにどのような情報を含めるかを決める際、自問自答してください。これは重要か?学習者は自分の仕事をするためにこれを知る必要があるのか?彼らがこれを知らなければ、影響はどうなるのか?情報が「知っておくとよい」カテゴリに分類される場合は、それを除外します。


たとえば、取引先にEメールを返信する方法についてのeラーニングコースを設計している場合、会社組織と従業員の歴史などのバックグラウンド、またはEメールの歴史についてのセクションを含める必要はありません。取引先への効果的なEメールの書き方のために知っておくべきことを学習者に伝える事だけに集中するべきです。



基本的なコース構成に従う


あなたのeラーニングプロジェクトを設計する際に構成を作り直す必要はありません。製作プロセスを簡単にするために、eラーニングコースの基本フレームワークを用意しました。


  1. Welcomeセクション:学習者をコースに迎え入れます。

  2. 説明セクション:どのボタンをクリックする必要があるのか​​など、コースのナビゲーション方法を説明します。

  3. 導入セクション:学習者に、なぜそのコースを受講するのか、コースを完了することでどのようなメリットがあるのか​​を伝えます。

  4. 目的セクション:コースの目的を概説します。学習者は今後学ぶ内容についての目的を十分に理解してもらうようにします。

  5. 内容セクション:メインとなるコース内容を作り上げます。コースの長さによっては、導入・内容・アセスメント・まとめを意味のある単位、レッスン(章など)毎にまとめることも考慮しましょう。

  6. アセスメント:学習者に実際に内容を習得したかどうかを確認するためのアセスメントを行います。

  7. まとめ:コースの目的や内容を再度まとめます。

  8. リソース:コースを補完する追加コンテンツまたは参考資料などのリソースを提示します。

  9. おわりに: eラーニングコースを終了する方法を指示します。


ほとんどのeラーニングコースは上記のこの一般的な流れに従います。このフローは、学習者が知っていることに基づいて特定内容に学習者を分けて作る場合でも、シナリオ構築することを妨げません。あなたは内容セクションに集中することができます。このシンプルなコース構成に従うと、最初から傑出したコースを設計することができます。



株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#Articulate360

#インストラクショナルデザイン

#ID