新しい常識へのナビゲート:Degreedクライアントからのアドバイス Unilever社編

原文「Navigating the New Normal: Advice from Degreed Clients | Unilever


Degreedのような一部の企業では、リモートワーキングが企業文化そのものになっています。自室の快適さとオンラインを介して対面できるリモートワーキングを経験したことのない人にとって、リモートワーキングはまったく新しい体験です。私たちは前例のない状況にいます。どうやって集中力を維持できるのでしょうか?優先順位がものすごいスピードで変化している状況で、どのように対応していけるのでしょうか?コロナウイルスによりリモートワーキングしかできないような状況で、どうすれば「通常どおりのビジネス」ができるのでしょうか?

様々な業種の顧客にインタビューを行い、どのようにして新しく始めるリモートワーカーをサポートしたり、バーチャルラーニングプログラムを作成したり、不確実な時代に生産性を維持しているかを聞いてきました。これは間違いなく私たち全員にとって新しい領域ですが、ベストプラクティス、洞察、実際の話を共有することで、私たち全員が一緒に成長し、学び、繁栄し続けることができることを願っています。


「Degreedクライアントからのアドバイス」という“新しい常識”をナビゲートする新ブログシリーズをチェックしてください。

イギリスのロンドンとオランダのロッテルダムに本社を置くグローバル消費財メーカーUnilever社のNicola Braden氏にインタビューすることができました。Unileverの製品は、抗菌石鹸や美容製品から、アイスクリーム、エネジードリンクなど、多岐にわたります。世界中で推定25億人が毎日Unilever製品を使用しています。

Degreed:自己紹介をお願いできますか?

Nicola:Nicola Bradenといいます。私はUnileverでグローバルラーニングイノベーション責任者として働いています。

Degreed:コロナウイルスのパンデミックはUnileverのビジネスにどのように影響したのでしょうか?

Nicola:グローバルでビジネス活動しているので、大きな影響がありました。今から2か月以上前に、私たちはグローバルのすべてのオフィスを閉鎖し、ソーシャルディスタンスを奨励しました。つまり自宅で仕事をするという、従業員にとって大きな変化がありました。

またサプライチェーンが影響を受けています。しかし一部の製品には大きな需要があり、