top of page
  • 執筆者の写真DISCE

アクセシブルなeラーニングとは?

更新日:2023年11月22日


eラーニングを始めたばかりの方でも、何年もオンライントレーニングを開発している方でも、あなたのコースがアクセシブルかどうかを初めて尋ねられたとき、戸惑うかもしれません。何しろ、あなたのコースはインターネット上にあるのですから。だからアクセシブルなのでは?と思うかもしれません。しかし、そうとは限りません。


eラーニングにおけるアクセシブルとは、聴覚、視覚、運動、学習障害を含むすべての学習者のためにコンテンツが設計されていることを意味します。


この意味をよりよく理解するために、典型的なオンライン学習体験を見てみましょう。



典型的なeラーニング体験


学習者のジェーンは、机に向かってパソコンの前に座っています。マウスを使って会社の学習管理システム(LMS)にログオンし、受講するeラーニングコースを選択します。スピーカーの音量を上げ、ナレーターが話すのを聞きながら、スクリーンに画像がフェードイン、フェードアウトしていきます。しばらくすると、コースは画面上の画像について一連の質問を投げかけてきます。ジェーンはマウスを使い、クリックし、ドラッグ&ドロップし、答えを回答します。


今述べたのは、ごく一般的なアクティビティを含む、ごく標準的なeラーニング体験です。しかし、これらのアクティビティは、すべての学習者にとって利用しやすいものでしょうか?もし彼女に障害があれば、ジェーンの体験はどのように異なるかを見てみましょう。



別のタイプのeラーニング体験


例えば、ジェーンが難聴だとしましょう。このeラーニングコースを受講するとき、彼女の体験はどのようなものになるでしょうか?考えてみてください。コースには音声ナレーションがあります。ジェーンはどうやってその情報にアクセスするのでしょうか?クローズドキャプションやスクリプトパネルはありますか?もしなければ、彼女はスクリーン上の画像を見るだけで、関連する音声を聞き逃すことになります。


次に、ジェーンが視覚障害者だとしましょう。コースには、情報、画像、ナビゲーションコントロール、演習問題も画面に表示されます。ジェーンは、標準的なスクリーンリーダーツールを使って、そのコースをナビゲートすることができますか? 画像には代替テキストがあり、スクリーンリーダーがそれを説明することができますか? コースには、ドラッグ&ドロップのアクティビティもありますが、画面上のアイテムが見えないジェーンはこのアクティビティを完了できますか?


これらは、物理的な問題がeラーニングへのアクセスにどのような影響を与えるかのほんの一例にすぎません。真にアクセシブルなeラーニングコースを作成するには、これらすべての質問に答える必要があります。アクセシビリティは広大なテーマであり、フォントサイズ、配色、モバイルデザインなどについても考える必要があります。



アクセシビリティ基準


すべての学習者が平等にオンライン学習教材にアクセスできるようにするため、アクセシビリティ基準が策定されました。米国で最も一般的に使用されている2つのアクセシビリティ基準を簡単に見てみましょう。



WCAGおよび508コンプライアンス基準を調べることは、アクセシビリティについてより深く学ぶための素晴らしい第一歩です。ここでは、あなたの旅のガイドとなる他のリソースをいくつか紹介します。


この記事が、アクセシビリティに配慮したeラーニングを作成するための正しい道のりを歩み始める一助となれば幸いです。

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page