人生を豊かにさせる唯一のスキル

February 21, 2019

人材育成に関わる方にお勧めです。Degreedが掲載するブログをこのサイトでも紹介していきます。

 

 

人生を豊かにさせる唯一のスキル

原文「Workforce Insights: The Only Skill That’ll Last You a Lifetime

 

 需要のあるスキルは時代によって変化しますが、これから説明するスキルは一生変わらないでしょう。

 

 唯一、不変的な事、それは変化です。あなたの経歴は今のところ、通用するでしょう。しかし特定分野におけるあなたの現在のスキルは、長くは通用しないでしょう。現在存在する多くの仕事は10年前に前例のないものでした。

 

 この絶え間なく変化する世界で生き残り、前に進むことができる唯一の方法は、学ぶスキルを磨くことです。

 

 絶えず変化している世界では、将来あなたに確実に役立つテーマを予測することは非常に困難です。今求められる最も重要なスキルは、“学ぶ方法を学ぶ”ことです。 - John Naisbitt

 

 Coursera が提供する“学ぶ方法を学ぶ”クラスが世界で最も人気のあるオンラインコースであることは偶然ではありません。200か国以上の学生が難しいトピックでも克服できるようにメンタルフレームワークを学んでいます。個人的な経験を振り返っても、毎月の学習課題を通して常に新しいスキルを習得し、キャリアを伸ばすことができたのも偶然ではなかったと思います。

 

 生涯学習者であることが不可欠であるならば、このメタスキルを強化するために時間を費やす意味があります。リンカーンはかつて「木を切り倒すために私に6時間を与えなさい、まず最初の4時間を私は斧を研ぐことに費やす。」と言ったように 効果的に勉強する方法を理解すればするほど、概念を適用しやすくできるし、もっと身に着けることができればさらにスキルを身に付けることができます。

 

スマートに学習することができる3つのポイント

 

1. 新しいものと古いものをつなぐ

 

 脳はシナプスを通して互いに情報を伝達する神経細胞でできています。何か新しいことを学ぶ時、脳は文字通り神経細胞間の関係を作ります。

 

 シナプスが多くなればなるほど、知識はより相互に関連づけられ、理解は深まります。したがって、抽象的な概念を既に知っている具体的なものにリンクさせることは役に立ちます。

 

 例えば、心は図書館のようなものであるという具合に類推します。図書館では、歴史や心理学のような既存のカテゴリで本を整理することができます。同様に、新しい情報が入ってくると、現在のラベルに従って分類されます。したがって、a)新しいものを関連できる既存のカテゴリがすでに存在している場合、b)情報を統合するのに役立つカテゴリ内の事例がある場合は、新しいものを理解するのがはるかに簡単になります。

 

 知識は用法と意味によって成り立ちます。これがチャンクとなります。

 

 チャンクとは概念をアクセスしやすいように情報をコンパクトなパッケージにまとめることです。

 

 短期間の記憶は一度に4つほどしか保持できないため、様々な情報を1つの情報(チャンク)にまとめると、使用可能な4つのうち1つを使用するだけで済みます。例えば何か記憶しなければならない場合、語呂合わせで覚える例がイメージしやすいかもしれません。

 

 すでに知っていることと繋がりを持てると、学び覚えやすくなります。

 

 

2. Do it yourself

 

 何かを学ぶための最良の方法は経験を通じた学習です。なぜなら経験を通じた学習は知識とスキルのギャップを埋めるからです。

 

 受動的学習と能動的学習には違いがあります。(学生時代の個人的な苦い経験から)文章をマーカーでハイライトしたり下線を引いたりだけでは、学んだことになりません。

 

 仕事の世界にも当てはまります。ビデオチュートリアルを見たり、ガイドを読んだりする時、その実行方法についての手順を知るだけであり、必ずしも実行する能力が身に着いたというわけではありません。何も考えずにおうむ返しにやることは簡単ですが、それを本当に必要な時に思い出したり、誰かに教えたりすることは簡単ではありません。その場ではすべてがうまくいっていたとしても、重要な時に実際に何も身についていなかったことに気づいてしまうように、 考えずにおうむ返し的な学びは学んだという思い違いを起こしているのです。

 

 何か新しいことを学んでいる時に直面する困難や障害は長期的な記憶に役立ちます。これこそが、企業が実務経験を重視する理由であり、本当に何かを学ぼうとしている時に、サイドプロジェクト(自分が本当に好きな事)が役立つ理由です。

 

 トリックは始めた時。多くの調査を行うために準備した見出しタブはすべて単に先延ばししているに過ぎないことがあります。脳は楽しいものが好きなので、難しいと思われる何かに遭遇した時、脳はNetflixを見るようなもっと簡単なものにあなたの注意を切り替えようとします。しかし実際に仕事を始めてすぐに脳が感じた不快感は消えることを研究者たちは発見しました。それはまるでジムに着いた時に最初に感じる不快感が結局はそれほど悪くないことに気づいていて、トレーニングで汗をかいた後、素晴らしい楽しい気分になるのと同じです。

 

 何かを練習すればするほど、上達し、楽しいものになります。そして習得のために旅立ちます!絶えず進歩することを確実にするために、意図的にパフォーマンスの弱い部分にフォーカスし、そして体系的に改善するために測定とフィードバックを使うという計画的な鍛錬をすることができます  。

 

 改善できることや、何を改善すべきかを学ぶことは経験を通してのみ得ることができます。

 

 

3. 鍛錬のための休息

 

 学習は脳のメンタルトレーニングのようなものです。筋肉のように、運動するほど強くなり、休息と回復時間を与えると、さらに鍛えられます。

 

 あなたが眠るとき、脳は実際にその日生じた有害な毒素を排除するために時間を使い、細胞を再生させ、新しい情報を統合します。ですから、ほんの2、3時間しか眠っていないと、新しいファイルの50%しかストレージシステムにダウンロードできない状態に似ています。さらに何か新しいことを学んだ直後に眠ることが、情報が脳に記憶統合されるのに最善であることを研究は示しました。

 

 休息している時、脳はリラックスし、思考が自由にさまようことができる拡散思考モードに入ります。これは思考を強くできるモード、特に創造的思考を可能にするモードです。モードから抜け出す時、潜在意識のためのスペースと自由を生み出します。これが、シャワー中や散歩中に予期しないひらめきや突破口を作る理由です。

 

 学習中に休憩することが重要なもう1つの理由は、分散効果理論によれば一度の学習よりも分散された学習の方がより効果的になるためです。

 

 基本的に私が言おうとしているのは、詰込み学習は効果がないという科学的証拠があるということです。

 

 試験のために詰め込んで翌日すべてを忘れるという方法はついやりがちでしたが、現実の世界では試験のように単語を回答させるのでなく、適用性とスキルについてテストされます。したがって、情報を毎回見直すのではなく、学んでナレッジツールとして組み入れたいのです。「spaced repetition(間隔反復)」を行ってください  。

 

1時間以内に学習したものを50%忘れるというエビングハウスの学習忘却曲線により、「間隔反復」または数日後に物事を繰り返すことが学習を強化するための最良方法であるということが明らかになりました。言語フラッシュカードアプリAnkiは、記憶を常にリフレッシュするようにアルゴリズムを使用して単語を忘れてしまう可能性が高い日に単語を表示するという素晴らしい仕事をします。体験型プロジェクトでは、学習しようとしているものを直接働きかけ、新しい概念を念頭に入れておきやすくなります。

 このように、脳が学習においてより創造的で効果的になるために学習の合間に休むようにしてください。

 学びは難しいです。しかし、新しい情報を既知の情報に結び付け、実際の経験を積み、休憩時間を最大限に活用し、短期間の概念を長期的なスキルセットに変えることで、より簡単にすることができます。

 

 より効果的に学べることを学んだ時、無数の扉と可能性の世界が開きます。もし何かを知らなかった場合でも調べることができますし、もしそのスキルがなかったとしてもスキルを習得することができます。

 

 「学ぶ能力に自信がある時、遊んでいる子供のように、イメージした人生に突き進むことができます。」

 

上に挙げたもののどれを取り入れ始めますか?そしてDegreedで学び始めてください。

 この記事は、30日以内に意義のあるスキルを習得した専門家にするための指導を行っているOne Month Projectsを設立したDegreedのパワーユーザー、Yunzhe Zhouによって書かれました。Yunzheに感謝します!

 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

Rise 360​​コースに置き換えることができる7つのドキュメント例

September 30, 2019

1/10
Please reload

最新記事

November 13, 2019