• DISCE

ストーリーがL&Dの可能性を最大化する

原文「How Stories Can Maximize L&D Potential


人はストーリーでつながります。ストーリーは私たちが周りの世界を認識する方法であり、私たちが人生を解釈するためのレンズを提供します。一般的なアメリカ人は1日約13時間なにがしかのメディアを見ており、その多くはストーリー形式です。共感する登場人物とプロットラインを特徴とする、よく知られた物語によって私たちの思考、感情、行動は強力に変えることができます。しかしラーニングエクスペリエンスにはこの重要な要素が欠けていることがよくあります。


ストーリーを重視していない場合、従業員の能力開発は、多くの場合、人ではなく内容を中心に行われます。その結果、意思決定者を含む従業員は、学習の価値を理解できなくなります。しかし、状況を織り込んだ物語によって、人々は学んでいることをより容易に吸収し、思い出すことができます。


Duarte社では、私達コンサルティングチームが行うパターンを見つけ、トレーニングコースを構築します。Duarte社は、世界で強力なブランドを持つ企業のいくつかに対して共感に満ちたプレゼンテーションを作成してきました。その結果、プレゼンテーションや対話にストーリーを適用するために誰でも使えるトレーニングとして構築しました。このストーリーファーストのアプローチにより、ワークショップトレーニングの満足度は平均10点中9点です。



ストーリーが重要な3つの理由


人がストーリーにどのように反応するかを深く理解する研究はかなり行われています。ストーリー形式で伝えられる情報を聞いた時に、人の脳がどのように機能するかについての洞察が得られています。


1. ストーリーは人が世界を解釈する方法


人が他者をどのように判断するかをよりよく理解するために、心理学者のFritz Heider氏とMarianne Simmel氏は1944年に短編アニメーションを作成しました。この単純な1分半の白黒のアニメーション作品は、大きな三角形、小さな三角形、小さな円が長方形の内外に移動する様子を特徴としています。


Heider氏とSimmel氏は作品を被験者グループに見せ、その後、被験者が見たものを説明するように依頼しました。被験者が見たのは三角形や円形が動くだけの映画でしたが、ほとんどの被験者が観察したことをストーリーの形で説明しました。説明は個人差がありますが、共通項がありました。「いじめっ子」(大きな三角形)は「いじめられっ子」(円)をいじめていて、小さな三角形はいじめっ子の注意をそらし、いじめっ子を大きな長方形の中に閉じ込めました。そして小さな三角形と小さな円が逃げると、いじめっ子は怒りに満ちて長方形を壊し、粉々に砕きました。


Heider氏とSimmel氏は、人は周りの世界を文字通り「見ていない」と結論付けました。代わりに、私たちは物語のレンズを通して世界を見ます。例えば、動いている単純な形を物語の登場人物として認識します。私たちは無意識のうちに物語に文字通りのことを付け加えます。例えば、会議中に出席者が遅れて到着し、泥などが飛び散った場合、単に肩をすくめて「ああ、何か付いているね」と考えるだけではありません。代わりに、私たちの脳は何が起こったのかを物語ります。私たちは、見ているものを理解するの