top of page
  • 執筆者の写真DISCE

Storyline 360でランダム出題するQuestion Bankにページ番号を付ける方法

以前でも、Storyline 360のQuestion Bank(問題集)機能でランダムに出題されたスライドにページ番号を付けることは可能ではありましたが、かなり手動設定が必要でした。これは、変数を作成し、問題のスライド毎にトリガーを設定する処理を含めなければならなかったからです。しかし、Storyline 360のスライド番号の挿入機能により、このプロセスはより迅速かつ容易になりました。この機能を使えば、ワンクリックでスライド番号を入れることができ、トリガーや変数は必要ありません。この例でどのように動作するかを見てみましょう。



それでは、この機能をいかに素早く簡単に実現できるかを見てみましょう。



ステップ1:質問スライドを作成する


最初のステップは、Question Bankに含めたい質問スライドを作成することです。スライドには、質問番号を参照する領域を必ず考慮してください。


以下の例では、「Question /5」というテキストを挿入しています。


実際のスライド番号は「/5」の前に表示され、Question 1/5、Question 2/5というようになります。これらのスライドはQuestion Bankからランダムに取得されるため、静的なスライド番号の場合は学習者がコースを受講するたびに異なってしまうことを忘れないでください。スライド番号を動的に入力する必要があるため、「Insert Slide Number」機能を使用します。まず、スライド番号を表示するテキストフィールドの中にカーソルを置きます。


次に、Storylineリボンの[Insert]タブに移動し、[Slide Number]ドロップダウン矢印をクリックします。


ドロップダウンメニューから、[More…]オプションを選択すると、[Insert Slide Number]ウィンドウが表示されます。


このウィンドウでは、上記のように、[Insert]ドロップダウンから[Project Order]、[Slide Number in Scene]を選択します。スライド番号を挿入すると、スライドはこのように表示されます。


この質問スライドを複製し、質問のテキストと回答を更新して、Question Bankに含めたいすべての質問スライドを作成することができます。



ステップ2: Question Bankの作成


問題スライドを作成したら、新しいQuestion Bankを作成し、既存の問題スライドをQuestion Bankにコピーすることができます。


また、Question Bankビューで、各質問スライドの試行回数とポイントを調整することもできます。



ステップ3: Slide Drawを挿入する


最後のステップは、プロジェクトにSlide Drawを挿入することです。Slide Drawは、Question Bankから問題を動的に引き出します。



Question Bank内の質問はシーン内のスライド番号を使用するため、Slide Drawはシーン内の最初のスライドであることが重要です。セットアップが完了したら、Question Bankをテストするためにプロジェクトをプレビューし、スライド番号を確認することができます。


これで完了です。このように、Storyline 360の[Insert Slide Number]機能を使えば、ランダムな質問スライドに自動的にスライド番号を付けることが簡単に設定できます。



まだArticulate 360を試したことがない方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page