top of page
  • 執筆者の写真DISCE

スキルを身につける魅力的な経験学習の3つのオプション

更新日:2023年11月27日


教科書や研究書を読むだけで、外科医になれるのでしょうか?いいえ、そうではありません。実際、外科医と呼ばれる人が、実際に切開したり、盲腸を切除したり、傷を縫合したり、医療器具を扱ったことがないと知ったら、愕然とすることでしょう。外科医に必要なスキルは、経験的学習、つまりやってみることで学ぶことから形成されます。


すべての技術が心臓手術のように生死を分けるものではありませんが、「専門知識は実践しなければ得られない」という点は同じです。やり方がわかっていることと、実際にうまくやれることは別物です。


私たちは、学習の70%は業務中の経験で培われるとさえ言っています。これは「70-20-10の学習理論」の中核をなすものです。



ある1つの学習方法が良いということであれば、より多くの学習方法があればもっと良い


例えば、L&Dプログラムに経験学習を1つ追加することを検討するとします。学習したことを実践する方法を1つだけ従業員に提供することは、エンゲージメントを高めるかもしれませんが、意図せず、その学習形態と相性の良い人だけにエンゲージメントを限定してしまうかもしれません。


David Kolb氏のELT(Experiential Learning Theory:経験学習理論)によると、4つの異なる学習スタイルがあり、それぞれが経験学習サイクル(ELC)の異なる部分に焦点を当てます。例えば、ELTの「Diverging:発散型」の学習スタイルを持つ人がいた場合、それは多くの場合、経験学習サイクルに入るためにグループで見たり協力したりすることを好むことを意味します。その結果、他の学習経験タイプ、一人のプロジェクトの課題のようなタイプは、彼らの最初の経験的な学習方法に最適とは限りません。



もし、ある1つの新しい機会がエンゲージメントを高めるとしたら、従業員がどこにいても他の3つの異なる選択肢を見つけられるように提供できたらと想像してみてください。ここでは、学習プログラムに組み込むことができる経験学習の機会をいくつか紹介します。


1. メンタリングとシャドーイング

メンタリングとシャドーイングは、SME(対象分野の専門家)とマッチングさせることから始まります。異なる学習スタイルに対応するため、同時または別々に使用することができます。そこから先の経験はさまざまです。 シャドーイングは、学習スタイルが多様な人に適しています。なぜなら、彼らは内省的な観察、つまり自分が得ようとしているスキルを誰かが行うのを見ることを好むからです。一方、メンタリングは、実践や経験を通して理解することを好む「Accommodating:適応型」の学習スタイルを持つ人にとって、最初の接点として適しているかもしれません。この場合、メンターは実践中にガイドし、会話を通じて学習者の過去の経験に関する洞察を提供し、学習者がそれらの経験を新たに理解できるようにすることができます。


2. ストレッチアサインメント

ストレッチアサインメントは、マネージャーが部下に実践的な経験の場を提供し、そのスキルを証明するのに役立ちます。これは、従業員が何かに挑戦し、たとえ失敗したとしても専門家が助けてくれるので最小限の結果で済む唯一の機会です。学校の実験室での実験と同じで、先生は爆発しないように見張っているのです。 そして、人々はそれを好むのです。Degreedの顧客である、グローバルなハイテクメーカーは、Degreedを使ってストレッチアサインメントを利用できるようにしました。その結果、アクティブユーザー数が一気に121%も増加しました。

3. 社内プロジェクトおよび仕事の機会

プロジェクトは、従業員が新しく学んだスキルや知識を実際の仕事の状況に適用することを可能にします。ストレッチアサインメントとの違いは、より自立が求められ、直接的なメンターシップがないため、より高いリスクを伴うという点です。このような経験は、従業員が理論的な知識を実践に移すことができ、企業も同時にビジネスを成し遂げることができるという2つの利点があります。 プロジェクトや仕事の機会を得ることで、社内の人材の流動性が高まり、離職にかかる高いコストを削減することができます。Gartner社の調査によると、新しい職位を考えている従業員の41%が、まず所属する企業の外部に目を向けています。つまり、多くの従業員が、社内で可能な仕事を見つけて獲得するよりも、履歴書を更新し、社外の求人情報を調査し、何度も面接を受けることを望んでいるのです。社内での仕事の機会を増やし、公平にすることは、学習と能力開発プログラムを強化し、従業員の経験を向上させ、貴重な人材を確保することにつながります。 適材適所のプロジェクトを見つけるにはどうすればよいのでしょうか?適切なテクノロジープラットフォームがあれば、機会を作り、関連するスキルをタグ付けし、成長のための自立型モデルを構築することができます。


経験学習は、大きな差別化要因になります。経験学習は、従業員のモチベーションを高め、成長させ、企業組織の最大の支持者にすることができます。組織の成功は、社員の満足と成長にかかっています。学習で従業員を満足できるアプローチが1つでもあれば成功ですが、さらに3つあれば、従業員全員が次の大きなスキルアップの機会に自由にアクセスできるようになります。

 

By Emily Gerson, September 27, 2022

 

Comments


bottom of page