top of page
  • 執筆者の写真DISCE

民間企業にいる退役軍人:ビジネス上の課題とL&Dの大きな機会


地雷原の上を走っていました。米軍用車ハンヴィーを停めると、私たちは驚くほど無傷で、しかも地雷原のど真ん中にいることがわかりました。


冷静に選択肢を検討し、最も危険の少ない脱出プランを選びました。私は元のタイヤの跡に沿ってハンドルを切りながら、地雷原の上をゆっくりと後退し、あらゆる些細なことに細心の注意を払いました。あの日はラッキーでした。


それから数年後、イラクとクウェートを離れ、軍を退役した私は、インストラクショナルデザインの仕事をしました。私たちのチームは、非常に注目度の高い社内トレーニングのウェビナーを開催していました。シニアリーダーたちが見守り、発表し、参加していました。しかし、イベントが始まって間もなく、技術的な問題ですべてが止まってしまいました。


パニックが広がりました。しかし思い直し、トラブルシューティングに入りました。私は、戦場で磨いた、攻撃を受けても冷静でいる方法を知っていたのです。


私たちはウェビナーをオンラインに戻しました。しかし、民間企業で成功するためのキャリアを積むのは、それほど簡単ではありませんでした。私のような元軍人にとって、民間雇用への道はすべての段階で不確実性をはらんでいることが多いのです。




ビジネスリーダーもL&Dリーダーも同様に、退役軍人を助けるためにもっとできることがある


軍隊での仕事や生活から民間での仕事や生活への移行は、年間20万人の軍人が直面する課題です。これは毎日550人近くに相当します。


退役軍人省(The Department of Veterans Affairs)、国防総省(The Department of Defense)を含む連邦政府機関は、45の政府プログラムを通じて豊富な支援を提供しています。


「退役軍人が、失業、ホームレス、精神衛生上の問題、障害に関連する問題など、市民生活に移行するための課題を克服するのを支援することは不可欠だが、各機関はこれらの支援やサービスの一部をより改善することができる」と、米国政府会計検査院(GAO:the U.S. Government Accounting Office)は言います。




GAOによると、支援活動の不足、協力関係の阻害、モニタリングやデータの不足、曖昧な目標が、連邦政府の支援プログラムの成功を妨げているケースもあるとのことです。


さらに、さまざまな州のプログラムや、退役軍人会(VFW)を含む非営利団体が同様のサービスを提供しています。多くの元軍人にとって、Civilian Ready、Veterans Transition Support、Fourblockのような立派なイニシアチブは、新しい人生の章へのライフラインです。


大学を卒業したばかりの新入社員や、すでに一般職として働いている人や、他社から転職してきた人のように、新しく採用された移行期の退役軍人にはサポートが必要です。彼らは民間の規範だけでなく、不慣れな企業文化や新しい職場特有の期待にも慣れる必要があります。


企業文化のチャンピオンであるビジネスリーダーやL&D担当者は、退役軍人の職場適応を支援する立場にあります。そして、元軍人を雇用することのメリットを認識するようになってきています。


それでも、ビジネスリーダーとL&D担当者はもっとできることがあります。



軍のスキルは転用可能なスキル


何万人もの退役軍人が次の進路の不安に直面していますが、転用可能なスキルを特定し、それがどのように転用可能であるかを説明することが、キャリアの再創造に不可欠であることを理解することが重要です。


もしあなたがL&Dに携わっているのであれば、この言葉には大きなヒントが隠されています。


手始めに、L&Dリーダーは人事の同僚をサポートし、退役軍人の採用におけるスキル優先のアプローチを広めることができます。


マッキンゼー社のアナリストが最近指摘したように、「従来の雇用方法では、多くの軍人が民間の仕事に就くのは難しい」のです。


しかし、「潜在的な人材のプールを拡大することに焦点を当てた雇用戦略は、より広範で多様な労働者のためのより多くの、より良い仕事の機会を創出することにより、地域社会を支援することができます。また、米国経済にとって重要な時期に、退役軍人を含む何百万人もの労働者に上昇志向をもたらすことができます。」



おそらくもっと重要なことは、L&Dは、元軍人が持っている転用可能なスキルを磨き、拡大し、応用するのに役立つ集中的な学習体験を作り出すことができるということです。L&Dが退役軍人と協力すればするほど、企業は元軍人が高度に訓練可能であることに気づくでしょう。なぜでしょうか?軍隊が得意とすること、そして多くのことがあるとすれば、それは訓練です。私たちは常に訓練を受けていました。現代の民間の用語で言えば、私たちは常にアップスキリングとリスキリングを行っていました。


スキルファーストの従業員学習を取り入れることで、企業は「スキルを構築し、既存の労働力を再教育して、新たな役割に備えることができる」とマッキンゼー社は述べています。「労働者が社内で昇進する機会を増やすことで、定着率は向上します。スキルベースの実践は、人材発掘、採用、キャリア開発など、人材に関わるステップ全体にわたって実施されることで、より大きな効果を発揮します。」



私が直面した決断は退役だけではありませんでした


2008年に名誉除隊で米空軍の治安部隊を離れたとき、私はE-6(技術軍曹)の階級を取得していました。これは、リーダーでもある下士官(NCO)と呼ばれる階級の一部です。その過程で、私は世界でも有数のリーダーシップアカデミーに通いました。


軍に在籍中の10年間は、2003年の米軍主導のイラク攻勢時に、米軍側の日常的な作戦やイラクでの戦闘作戦でチームを指揮しました。また、クウェートにも2度派遣されました。3年間で6回、合計7回の海外派兵を経験しました。


空軍治安部隊は、基地の入口、滑走路や駐機場を含む飛行線、航空機、通常弾薬、核弾薬、そして基地内のすべての人々やその他の物理的資源を守る責任があります。また、基地外の緩衝地帯のパトロールや護衛、クウェートシティ国際空港の警備も担当しました。



軍歴の後半には、テキサス州サンアントニオの米空軍治安部隊アカデミーで、基本および上級地上戦闘戦術を教えました。


7年目の節目を迎え、私は自分の将来について考えました。再入隊するのか?再入隊するとしたら、何をすればいいのか?警察や民間の警備員も考えましたが、自分がすでにそうした仕事をしていることに気づきました。


ある人から「何に情熱を注いでいますか?」と聞かれたことがあります。答えるのは簡単でした。私はどんなテクノロジーも大好きでしたから。そして空軍での最後の数年間は、教えることへの情熱も見出していました。そこで教育テクノロジーの分野に出会ったのです。私は、自分の情熱と結びついた教育テクノロジーを将来の大きな部分にしようと決めました。



もっと早くから指導してもらいたかった


私のアウトプロセスには、履歴書の書き方に関するいくつかのクラスが含まれていました。軍と民間の書き方の違い、「ビジネスプロフェッショナル」と「ビジネスカジュアル」の服装、専門用語や悪口など避けるべき一般的な落とし穴などが取り上げられました。


良いヒントもありましたが、これらのクラスには不満が残りました。民間の履歴書作成サービスをいくつか見つけましたが、私の個人的な価格範囲を超えていました。幸いなことに、私の周りには優秀な民間のネットワークがあり、彼らが私の履歴書を軍用語から民間語へと微調整してくれました。


また、正式な教育が必要なことも分かっていました。正規の学歴は、人材が採用される際の基準となるものだからです。私はすでに2つの準学士号を持っていました。1つは刑事司法で、もう1つはテクノロジーおよび軍事科学でした。でも、それだけでは十分ではないと思っていました。実際、学士号では足りないと思ったので、修士号を目指しました。


私は3年以内に、犯罪管理を中心とした職業教育の学士号と、教育テクノロジーの修士号を取得しました。皮肉なことに、ここで私は学位が単なる乗車券であることを学び始めました。



民間の仕事への挑戦は私を動揺させた


私はすぐに、軍と民間企業の雇用の最大の違いは文化であることに気づきました。


軍隊では、私は指導的立場にあったので、誤解や混乱を避けるためにはっきりと直接話すことが求められました。


退役後、私は率直すぎるというフィードバックを受け続けました。私は自分の意見を求められたらすぐに伝えるので、会話が始まる前に会話を打ち切っていました。私の意見は必ずしも受け入れられませんでした。生意気で、権威的で、反論を受け付けないと思われたのです。私はアプローチを柔らかくしなければなりませんでした。


そして、民間企業での就職面接で自分の軍隊経験を説明するという難題がやってきました。長距離射撃や市街地でのビル制圧の能力と、eラーニングの設計やウェビナーの司会とを結びつけるのは、意外にも難しいことでした。



私が転職の際に直面した最大の障害は、軍隊に対する無言の固定観念を克服することであったことに、数年後まで気づきませんでした。多くの民間企業の採用担当者や採用責任者は、将校を教養ある指導者とみなし、下士官を教養が低く、洗練されていない命令代行者として追いやっていました。下士官としての私の経験は、望ましくないことと同じでした。


このような誤解は、リクルーターや採用担当者を非難するものではありません。元軍人と接した経験があまりないことによる副産物です。結局のところ、現役軍人は米国の成人の1%未満で、2022年には米国の成人人口の約6%しか退役軍人がいませんでした。



私は、転用可能なスキルについて語ることを学ばなければなりませんでした


地雷原の上を車で走ったあの日、私たちは午後に基地を出て、開けた砂漠を横切り、近くの油田地帯へ向かっていました。私たちの軍用車ハンヴィーは特別ではありませんでした。装甲もないし、暑さ対策でドアを外していたのです。


砂の中に大きなディナープレートのような形をした黒いものがちらっと見えました。でも、それを見たときにはもう遅かったのです。あれは無差別に投下されたものではないと考えるしかありませんでした。私たちが地雷原にどれだけ深く入り込んでいたかは、誰の目にも明らかでした。


そこで私たちは決断を迫られました。前進?引き返す?地雷原の上をもう一度走る?


良いリーダーになるためには、良いフォロワーにもならなければなりません。砂漠でのあの日のように、他の人たちと協力して困難を乗り越える必要があるのです。


民間としてのキャリアが進むにつれて、人脈を築き、就職の面接を受け、その過程で多くのフィードバックを受けるうちに、自分のスキルがいかに転用可能であるかを強調するような方法で話すことが、大きな違いを生むことに気づきました。


私がこれまでに参加した上級コンバットスクールや専門学校は、高度な戦術について学ぶものではありませんでした。もちろん、新しいことを学んだり、新しい戦術を実践したりはしましたが、それよりもリーダーシップが重要だったのです。公式であれ非公式であれ、過酷でストレスの多い状況下で、睡眠も食事も水もほとんどない状態が何日も続く中で、あなたはリーダーシップを発揮できますか?


チームの一員として指揮を執り、活動するには、規律と揺るぎない労働倫理が必要です。うまくいかないことが起こりうる、そしてたいていうまくいかない環境で生き残るためには、問題解決能力と適応力が求められます。コミュニケーションと意思決定も同様に重要です。


私は、自分の経験から転用可能なスキルを推定することが多くなりました。



退役軍人の皆さん、自分のスキルを語ることを学んでください


あなたの軍のスキルが民間企業にどのように適用できるかを説明してください。


そのストーリーの一部は履歴書に書くことになりますが、Microsoft Wordのテンプレートや生成AIツール、LinkedInのソートリーダーシップ投稿、さらにはプロの履歴書ライターに至るまで、15年前と比べてそれを支援する選択肢が非常に多くなっています。



軍と同じように、訓練してフィードバックをもらいましょう。LinkedInを使って退役軍人のグループや他の退役軍人を探し、恥ずかしがらずに助けを求めましょう。聞いてくれる人なら誰とでもつながり、自分の転用可能なスキルについて大きな声で話す練習をしましょう。あなたの口調や言い回しに注意を払うように頼んでください。あなたのような軍人は、自分では気づかない話し方をしていることがあります。



採用担当者の皆さんは耳を傾けてください


新しいポジションのために誰を評価するか、もっと幅広く考えてください。過去の経験は、将来のパフォーマンスを示す貴重な指標となります。元軍人を評価するとき、あるいは誰であれ、その人の過去の経験が、その人の無限の可能性について何を教えてくれるかを考えてください。


私は、地雷原に車を走ったこと以上のことができます。それは幸運でした。でも、私はプレッシャーのかかる状況でも冷静でいられます。私はクリティカルに考え、自分の足で行動プランを立てることができます。私は選択肢をそのメリットに基づいて検討し、適応し、行動することができます。リードできるのです。



このようなスキルを読み解けば、あなたの求める人材が見つかるはずです。覚えておいてほしいのは、ビジネス慣習や特定の商品知識、パワーポイントは教えることができるということです。しかし、潜在能力や粘り強さ、揺るぎないコミットメントを教えることはできません。


命令に従い、プランを実行できる人の価値を考えてみてください。その人が将校であろうと下士官であろうと、あるいはもっと下の階級であろうと、彼らは想像しうる限り最も過酷な環境で鍛えられた経験と回復力を持っています。それは必ずしも敵対的な戦闘を意味するものではありません。



L&Dの専門家は、試行錯誤の場を作りましょう


人は、コース、記事、書籍、ポッドキャスト、講義などのコンテンツを消費することで知識を得ます。彼らは常に学んでいるのです。


労働者は新しく得た知識を実践することでスキルを身につけます。


このダイナミズムを表す、私のお気に入りの例は次のようなものです。 あなたは誰に手術を任せたいですか?医学部を卒業したばかりの医師と、10年の手術経験を持つ医師。どちらも医者なのですから、何が違うのでしょうか?その違いは、実践を通して身につけ、磨かれた技術です。


人は、上司やメンター、あるいはより知識の豊富なベテランの専門家に導かれながら、実践を通してスキルを身につけていくのです。これをあなたのインストラクションデザインに応用してください。インストラクションと並行して経験を積み、学習者が挑戦し、間違いを犯し、失敗し、そしてまた挑戦する場を作りましょう。そうすることで、知識が伝達され、スキルへと変化し始めるのです。



インストラクショナルデザイナー、インストラクター、ラーニングコンサルタントとして、私は受講生が知識を実践するときに最も大きな変化を目の当たりにしました。非同期学習の機会は多くの情報を発信することができますが、有意義な行動変容やスキル構築を促すのはワークショップやアカデミーです。


退役軍人は、仕事中のアップスキリングやリスキリングに慣れています。新しい任務?まったく新しいキャリア分野?多くの企業とは異なり、軍隊は勤務時間中に人々が自分自身を再構築するための時間を作ります。その結果、あなたの職場の退役軍人は、アップスキリングを受け入れるユニークな立場にあり、あなたの組織で経験学習プログラムを考え、デザインするのを助けてくれるかもしれません。



忘れてはならないのは、私たちは皆、ひとつ以上のものを持っているということ


私が軍にいた期間よりも、軍を離れている機関の方が長くなっていることが信じられないことがあります。15年以上前に退役したことは過去のことですが、その間に私は人間として、父親として、パートナーとして、友人として、そしてプロフェッショナルとして形成されました。


軍隊からマーケティングまで、私のキャリアの旅が教えてくれたことがあるとすれば、それは、私たちは皆、学位以上のもの、スキル以上のもの、失敗以上のもの、成功以上のものだということです。


私たちは粘り強い生き物であり、計り知れない成長と適応力をもっているのです。


 

By Dan Carlson, February 8, 2024

 

Comments


bottom of page