top of page
  • 執筆者の写真DISCE

学習予算を無駄にしている3つの理由

更新日:2023年11月16日


学習予算は無駄にしやすいものです。それはおそらく、何に関するものであろうと、どれほど実用的なものであろうと、ラーニング部門のリーダーが、学習自体は良いものだと考えているからでしょう。学習は良いことということは明白です。しかし、予算が削減され、スキル格差が拡大している今、企業には単に良いこと、有益なことだけをしている余裕はありません。今日、企業は自社が最も必要とする学習を提供しなければなりません。


ここで問題にしているのは「ズレ」です。多くの企業が、学習に対して予算を投入することで、何らかの利益を得ようとしていますが、その利益は企業が最も必要としているものに対応していません。一般的に、企業は学習予算に関して3つのよくあるミスアラインメントを犯しています。



学習目標を知る


学習予算を使う(そして無駄にする)とき、企業は何にアライメントしていないのでしょうか?いい質問です。その答えを得るために、ラーニング部門のリーダーは3つのことを知る必要があります:


  • 年間学習予算

  • 学習がもたらすべきインパクト

  • そのインパクトをもたらすためのスケジュール


これを読んでいるほとんどの人は、貴社の学習予算がいくらか知っているでしょう。忘れたくても忘れられないでしょう。


通常、学習に関するイニシアチブ、取り組みがうまくいかないのは、箇条書きの2番目か3番目です。2番目と3番目は決めつけないでください。推測してはいけません。2週間前に経営層から聞いた話だったとしても当てにしないでください。また、フィーリングや漠然とした目標を受け入れてはいけません。他の事業部のリーダーと連絡を取り合い、会社が明かりを灯し続け、競争力を得るためにどのような学習が必要なのかを正確に把握しましょう。


さらに、データを集め、分析し、現在のスキルギャップ、将来のスキルギャップ、その他対応し続けなければならない重要な学習ニーズについて調査し、経営層に働きかけましょう。リストは具体的であればあるほどよいでしょう。(以下の例を使って、リーダーたちにリストをどれだけ明確にする必要があるかを説明してください。)


学習目標の例

年間25,000ドルの学習予算で、経営層は次のことを望んでいます:

  • 新入社員を5人採用

  • 今後6~8カ月以内に、2人の社員にブロックチェーンのスキルを習得させ、製品の競争力を維持する。

  • 有望なマネジャー5人を対象に、年間リーダーシップ・プログラムを企画すること。


間違いその1:ラーニングリソースの配分ミス

重要な学習ニーズに予算を集中していますか?


従業員が新しいセキュリティポリシーを学ぶのと、新しいスキルを身につけるのは、異なります。それぞれのタイプの学習には、異なるリソースと時間のコミットメントが必要であり、この違いを認識しないことは、予算の浪費につながります。


貴社が必要とする学習の種類を区別することで、より効率的に費用をかけることができます。学習予算のプランニングをシンプルにするために、職場学習に不可欠な3つの経験に支出を分類しましょう:


  • コアトレーニング

  • 日々の学習

  • 目標に合わせたスキル向上


下の図が示すように、これらのカテゴリーは、それぞれ異なる学習環境、時間的コミットメント、リソースを必要とします。トレーニングは大人数で、比較的短い、ちょっとした内容を使用することで達成できますが、Pythonを学ぶのに10時間から15時間では十分ではありません。これらの3つの学習体験はそれぞれ企業にとって重要ですが、どの企業もユニークです。あなたの仕事は予算を調整することであり、従業員に適切な種類の学習を提供する適切なリソースを提供できるようにすることです。


スキル能力開発が最優先事項の場合は、従来のリソースを精査してください。スキルギャップの拡大に伴い、スキル能力開発の重要性は日々高まっており、そのギャップを埋めることは重要な学習ニーズです。しかし、従来の学習プログラムやリソースは、そのニーズに合致しているものは多くありません。間違いなく、今後数年間で学習予算の使い方を誤る最も一般的な方法は、レガシーな学習プログラムに投資しながら、スキル能力開発が以前と同じように継続されることを期待することです。このような企業にならないようにしましょう!


もし、あなたが今スキルを求めているのであれば、無料日本語版eブックをダウンロードして、予算の大小にかかわらず、どのようにスキル開発を行うことができるかを学んでください。


よくある落とし穴: 高価なコンテンツライセンスを使ってスキルを磨こうとすること

LinkedIn Learningのようなリソースに全社的にアクセスできるようにすることは、企業が従業員の能力開発を行う最も一般的な方法の1つです。このようなリソースには時間、場所、目的がありますが、スキル開発はその1つだけではありません。高価なコンテンツライセンスに予算のかなりの部分を費やすと、トレーニングの一部が手薄になってしまいます。例えば、エンジニアであれば、1回10時間程度のコースを6~10コース受講するかもしれません。しかし、そのエンジニアが新しい言語でコードを書けるようになるにはそれだけでは不十分かもしれません。

より良い解決策

スキルを習得することが目的であれば、コンテンツライセンスから、即戦力となるスキルに焦点を当てた専門的なコンテンツやスキルベースのプログラムを提供することに予算を振り向けるべきです。ブートキャンプ、認定プログラム、アカデミーなど、必要なスキルに特化したコンテンツを提供できる、期間限定の集中的な体験に投資しましょう。



間違いその2:時間の使い方が悪い

時間がかかりすぎる学習プログラムに予算を浪費していませんか?


仕事の世界のスピードが速まるにつれ、企業は学習プログラムの長さをますます気にするようになっています。単刀直入に言えば、学習プログラムの中には、単に時間がかかりすぎて、貴社と従業員に適切なROIをもたらさないものがあります。特に、大学の学位取得のように、完了までに何年もかかる、人気のある、払い戻し制度のある学習プログラムの場合はそうです。


なぜペースが変わったのでしょうか?前例のないテクノロジー進歩のスピードにより、スキルの有効期限が短くなっているからです。IBMのレポートによると、『専門的スキルの半減期はかつて10年から15年と推定されていましたが、現在では約5年で、技術的スキルではさらに短くなっています。』

スキルの半減期が10年近くあった時代には、企業は従業員が数年かけて習得する学習プログラムに投資する余裕がありました。今では、数年で陳腐化するスキルの開発に何年も費やすことは、経済的にほとんど意味がありません。


企業には時間がありませんが、従業員にも同じことが言えます。ハイテク業界の人の履歴書を見れば、2年ごとに会社を変えていることに気づくでしょう。また、技術系社員だけが椅子取りゲームをしているわけではありません。アメリカの社員の平均勤続年数は下がり続けています。2012年から2022年の間に、「在職期間の中央値は4.6年から4.1年へと11%近く短縮」しています。従業員の勤続年数が数年しかない場合、結果を出すのに何年もかかる学習プログラムに参加させても、あなたと従業員に必要なスキルは身につきません。


よくある落とし穴: 手っ取り早いスキル開発のために、時間のかかる高等教育プログラムに投資すること

MBAのような高学歴者向けの払い戻し制度プログラムは、企業で最も人気のある学習プログラムの1つです。しかし、このようなプログラムは、迅速なスキル開発を求める多くの企業のスケジュールには合致しません。早急にスキルギャップを埋める必要があるのであれば、年間5,250ドルを複数年のプログラムにつぎ込む必要はありません。また、学位は即戦力となるスキルを保証するものではありません。

より良い解決策

高等教育機関の払い戻し予算を、即戦力となるスキルに特化した短期プログラムに回しましょう。ブートキャンプ、認定プログラム、アカデミーのような代替プログラムは、仕事の流れの中で修了することが多いため、短期間で実施でき、従業員の労力を最適化することができます。



間違いその3:スケールを見過ごす

一般化された高価な一律の学習リソースを過剰に提供していませんか?


学習予算を浪費するもう一つの簡単な方法は、間違った学習リソースへの全社的なアクセスにお金をかけることです。今日、多くのSaaS企業は、全社一括ライセンスを選択した顧客に割引を提供しています。このような割引を利用すれば、企業はコストを削減することができますが、逆に大金を無駄にする可能性があります。


全社ライセンスは決して安いものではないので、コスト削減を享受するには高い利用率が必要です。Zoom のように、すべての従業員が日常的に使用するツールであれば、全社ライセンスでコストを削減できます。しかし、学習リソースやプログラムによっては、従業員の効果的な参加やスキル開発に必要な利用率が得られない場合があります。


よくある落とし穴:単一プロバイダーのコンテンツライセンスにロックすること

多くの企業が高価な全社一括コンテンツライセンスに投資していますが、その利用率は費用を正当化するものではありません。もちろん、学習ターゲットや対象リソースにもよります。しかし、一般的に言って、すべての人のために購入するリソースがパーソナライズや専門的なコンテンツを可能にしない場合、利用率、学習、エンゲージメントが低下します。

より良いソリューション

企業は、費用対効果を上げるために大量の利用を必要とする高価な全社的ソリューションを購入する代わりに、専門的なコンテンツや実践的な体験に的を絞って支出し、新しいスキルを身につけることで、生産性、リーダーシップ、イノベーションに最も影響を与えることができる従業員を参加させることができます。革新的なHR企業であるCheckr社は、全社的なコンテンツライセンスを廃止し、社員がコンテンツマーケットプレイスから個々のライセンスをアラカルトでリクエストすることで、5万ドルを節約しました。



学習予算を調整して、より賢く使いましょう。


学習予算を今一度見直してみましょう。現在の予算で、よくある3つの間違いをしていないか確認し、軌道修正しましょう。今後、これらの落とし穴を避けることで、貴社組織は競争優位に立つことができます。なぜでしょうか?学習予算は縮小の一途をたどっていますが、学習はこれまで以上にビジネスに不可欠なものです。


ビジネスの成功は、無駄のない、重要な学習予算を賢く使う人が得られるものです。


スキル能力開発があなたの焦点なら幸運です!無料日本語版eブック「予算内で的を射る」をダウンロードしてください。


学習プログラムを最新化する方法については、「学習費補助プログラムを今の時代にマッチさせる5つの方法」をお読みください。

 

By Hillary Gamblin, October 4, 2023

 

Σχόλια


bottom of page