top of page
  • 執筆者の写真DISCE

学習者により良く提供するための4つの新しいアクセシビリティ機能

更新日:2023年11月22日


コース作成者として、私たちが最も重視しているのは、受講者が効果的に学習できるようにサポートすることです。そのためには、学習目的に沿ったコンテンツを作成し、理解しやすい方法で提示する必要があります。しかし、効果的なトレーニングを設計したいのであれば、それだけでは十分ではありません。私たちArticulateは、誰もがアクセスできるトレーニングを簡単に作成できるようにしたいと考えています。だからこそ、これら4つの新しいStoryline 360とRise 360の機能をご紹介できることに興奮しています。さっそくチェックしてみましょう!



Storyline 360


アクセシブルフィードバックレイヤー


クイズは学習体験の重要な一部です。アクセシブルフィードバックレイヤーの登場で、すべての学習者にとってポジティブな体験にすることができます。アクセシブルフィードバックマスターは、デフォルトで色、コントラスト、フォーカスのガイドラインを満たしています。つまり、Correct、Incorrect、Try Again、Thank youフィードバックレイヤーが、すべての学習者に自動的に機能するようになります。


新規プロジェクトの場合、コース作成開始時にAccessible Masterを追加するだけです。挿入するには、リボンの[View]タブで[Feedback Master]をクリックし、[Insert Accessible Master]を選択します。


とても簡単です!追加されたクイズ問題は、アクセシブルフィードバックレイヤーを使用します。


また、プロジェクトにすでにクイズがある場合も、同様に簡単です。アクセシブルフィードバックマスターをクイズスライドに適用するには、ストーリーまたはスライドビューでShiftキーまたはControlキーを押しながら、更新したい問題のスライドを選択します。次に、リボンの[Question Tools]の[Design]タブに移動し、[Feedback Master]ドロップダウンから[Accessible]フィードバックマスターを選択します。


これにより、対応するすべてのフィードバックレイヤーが同時に更新されます。


Storyline 360のアクセシブルフィードバックレイヤーについてもっと知りたいですか?まずはこちらをご覧ください。


ビデオトランスクリプト


すべての学習者がトレーニングで最高の体験をできるようにするもう1つの方法は、カスタマイズオプションを増やすことです。そのため、プロジェクトにクローズドキャプションを追加するだけでなく、スクリーンリーダーを使用している学習者、点字ディスプレイを使用している学習者、自分のペースで音声のテキスト内容を読みたい学習者のために、ビデオのトランスクリプトを簡単に含めることができるようになりました。


さらに、作業を増やすことなく、学習者に両方のオプションを提供できるようになりました。ビデオにクローズドキャプションを追加し、アクセシブルなビデオコントロールをオンにするだけです。


学習者がコースを受講する際、[Transcripts]ボタンを選択すると、ビデオのトランスクリプトを表示できます。


ビデオトランスクリプトとその仕組みについて詳しくは、こちらのページ中ほどの「ビデオトランスクリプト」をご覧ください。



Rise 360


テーマコントラストコントロール


コントラストは学習体験において重要な役割を果たします。テキストが背景から十分に目立たなければ、学習者は内容を把握するのに苦労するでしょう。それはあなたの望むことではありません。


しかし、Rise 360のテーマコントラストコントロールのおかげで、テキストやアイコンをテーマカラーの上に表示する際、自動的にコントラストガイドラインを満たすようにすることができます。これには以下が含まれます:

  • コースタイトル

  • ナビゲーションボタン

  • 進捗インジケーター

  • ディバイダー

  • リストブロック内のチェックボックス、数字、箇条書き

  • その他


この新機能を使用するには、[Themes]タブで[Colors]を選択し、次のオプションのいずれかを選択するだけです:

  • Auto:アクセシビリティの最低コントラスト要件(4.5:1)を満たすために、テーマの色に応じてテキストとグラフィックを自動的に暗くまたは明るくします。誰もがあなたのコースを快適に利用できるように、可能な限りこのオプションを使用することをお勧めします。

  • Dark : テキストおよびグラフィックを暗くします。

  • Light: 明るい: テキストおよびグラフィックを明るくします。


一度選択すると、コース全体のテーマカラーの上に表示されるテキストとアイコンに一度に自動的に適用されるため、時間を大幅に節約し、誰もが簡単にコンテンツを読むことができます。


テーマのコントラストコントロールの詳細については、こちらをご覧ください。


ブロックコントラストコントロール (近日公開!)


テーマのコントラストオプションは解決しましたが、残りのコンテンツについて気になることがあるかもしれません。そこでこの機能の登場です!すべてのRise 360ブロックに、フォーマットと背景のオプションを追加します。コースを作成する際に、テキストやグラフィックをどのように表示させるか(明るいか暗いか)を決めることができます。


背景色をカスタマイズしたり、Rise 360が自動でコントラストを計算したり、すべての学習者が利用しやすいようにします。


どのように機能するのか、詳細をお楽しみに!



まとめ


これらすべての強力な新機能と今後の機能により、誰にとってもアクセシブルで楽しいトレーニングを簡単に作成することができます。私たちArticulateはアクセシビリティに全力を注いでおり、今後も、すべての学習者が恩恵を受けられるよう、より多くの機能と機能強化をお届けできるよう努力していきます。



これらの機能を試してみたい方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comentários


bottom of page