• DISCE

Articulate 360​​トライアルでお勧めの4つのポイント

原文「4 Things You Can Do with Your Articulate 360 Trial

https://community.articulate.com/articles/4-things-you-can-do-with-articulate-360-trial


将来のeラーニングトレーニングの開発プロジェクトのために新しいオーサリングツールを検討している場合は、ぜひArticulate 360​​の60日間無料トライアルを試してください。Articulate 360​​は、すべてのデバイスで動作する素晴らしいeラーニングを作成するために必要なすべてを提供する年間サブスクリプションモデルのオーサリング環境です。オーサリングツールからレビューアプリまで、eラーニングコース開発の最初から最後までシンプルに進めていくことができます。


トライアル版をダウンロードし、次に何をすべきか疑問に思っている場合は、まずはArticulate 360​​トライアル版でできる次の4つのことを試してみましょう。



メンバーを招待


Articulate 360​​トライアル版にサインアップし、確認出来たら、最大10人のメンバーをチームに招待できます。メールアドレスを入力して、[Send Invite]をクリックするだけです。


後でメンバーを招待したい場合は、[Your Profile]ページに移動し、[Manage Team]オプションをクリックすると、いつでもチームにメンバーユーザーを追加できます。



プロジェクトでのコラボレーション


メンバーをチームに招待すると、Rise 360​​とStoryline 360​​が利用可能になり、共同作業することができます。360.articulate.comに移動し、Rise 360ボタンをクリックしてRise 360​​ダッシュボードにアクセスします。そこから、共同編集者と共有するコースをクリックします。


コース内で[Settings]に移動し、[Collaborators]タブをクリックします。メールアドレスを入力して、チームメンバーをコースの共同編集者として招待できます。


共同編集者の権限には、管理者権限、または作成者権限があります。作成者権限はレッスンを作成や編集ができますが、管理者権限は設定を変更したり、レビューのために公開したり、コースをエクスポートできます。コースをより速く、より効果的に構築するために、他メンバーと協力することが非常に簡単になっています。



テンプレートを作成・共有する


Rise 360​​で利用できるもう1つの時間節約のコラボレーション機能は、ブロックテンプレートを作成・共有する機能です。Rise 360​​でレッスンレイアウトを構築したら、それをテンプレートとして登録すると、他のレッスンやコースで再利用することができ、時間を節約できます。


ブロックテンプレートの登録、共有、再利用の詳細(英語)をご覧ください。


Storyline 360​​を使用している場合は、スライド、シーン、プロジェクト全体をチームの他メンバーと簡単に共有することもできます。コラボレーションのためにチームスライドを使用する方法の詳細(英語)をご覧ください。



レビュー用にコンテンツをパブリッシュ


Rise 360​​またはStoryline 360​​でコースを作成したら、Review 360にパブリッシュしてメンバーやプロジェクト関係者からフィードバックを得ることができます。重要なのは、メンバーがレビューアーとして行動するために別途アカウントは必要ないということです。ソフトウェアをインストールしたり、レビューアーになるためにアカウント登録する必要はありません。メールアドレスを入力するだけで、コメントやフィードバックを残すことができます。Review 360の使用するための詳細情報(英語)はこちらです。


Articulate 360​​の無料トライアル版をお試しいただく場合は、上記の4つの手順を参考にしてください。Articulate 360​​の無料トライアルに関する追加情報(英語)はこちらです。




株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Review360

#eラーニング

#作成

#トライアル

#使い方

#共同作業