top of page
  • 執筆者の写真DISCE

Review 360が関係者に支持される7つの理由

常にコース作成者は、作成するeラーニングを効果的なコースにしたいと考えています。そのため、主題専門家(SME)や利害関係者からフィードバックを得ることは、コース開発プロセスの重要な部分となっています。しかし、適切なツールがなければ、レビュアーにとってフィードバックの提供は時間がかかり、複雑なものになりかねません。


多くの場合、レビュアーはコース内容をPDFやWord文書などのファイルとして受け取り、ファイルにコメントを追加して、コース作成者に電子メールで送り返します。レビューが終了する頃には、複数のバージョンのファイルが存在することになり、何度もやり取りをすることになります。コンテンツにアクセスしたい場合は、アプリをインストールするか、学習管理システム(LMS)にサインインする必要があったり、まだアカウントを持っていない場合はさらに複雑なプロセスを追加しなければなりません。また、コースの新しいバージョンをレビューするたびに、更新されたファイルを探し出す必要があります。このような潜在的な障害があるため、レビュアーからタイムリーなフィードバックを得るのが非常に困難なのは当然です。


幸いなことに、Articulate 360のアプリは、これらすべての障壁を取り除き、関係者全員にとってプロジェクトのレビュープロセスをより簡単かつ迅速にすることができます。Review 360は、eラーニングのフィードバックを収集するために特別に設計されており、非常に便利です。ここでは、レビュアーがこのアプリを愛用している理由をいくつかご紹介します。



1. コースに簡単にアクセスできる。


最近では、あらゆるものにアプリがあります。それは素晴らしいことですが、ダウンロード、インストール、管理など、別の作業が必要になることがよくあります。Review 360はWebベースなので、レビュアーはWebブラウザで直接コースにアクセスし、フィードバックを提供することができます。別なアプリをダウンロードしたりインストールしたり、IT部門に問い合わせたりする必要はなく、レビュー担当者が必要なのは、コンテンツにアクセスするためのコースへのURLリンクだけです。また、フィードバックを行うためにアカウントを持っている必要もありません。Review 360にコメントを残すには、レビュアーはeメールアドレスを入力するだけでよいのです。



2. 学習者と同じ体験ができる


レビューでは、学習者と同じようにコースを体験することができます。例えば、コースのWord文書版のように、実際のコース体験に触れることなくレビューすると、混乱や誤解を招く可能性があります。もしレビュアーがコースをクリック、タップ、スワイプできなければ、どのようにコースの流れを感じ取ることができるのでしょうか。また、音声や動画などのマルチメディア要素が含まれている場合、レビュアーはそれらをプレビューすることができないのではないでしょうか。Review 360は、レビュアーが学習者と同じようにコースを閲覧できるようにすることで、これらの問題を解決します。



クイズ、シナリオ、ビデオなども、実際に体験することで、学習体験のイメージをより鮮明にすることができます。



3. コンテキストを追加することで、フィードバックを明確にすることができる


LMSでコースをレビューし、文書や電子メールでフィードバックをやり取りする代わりに、Review 360では関係者が1つの場所ですべてを行うことができます。さらに、すべてのコメントにスクリーンショットが添付されるので、コース作成者はレビュアーが指している部分を正確に把握することができます。


このため、レビュアーは、画面を切り替えながら説明したり、コースのどの部分に関連したフィードバックなのかを説明するのに時間を費やすことなく、コースの内容に集中することができるのです。



4. コース作成者に追加資料を提供することが容易になる


レビュアーは、コメントした内容に添付ファイルも追加することができます。

これにより、コース作成者に他のリソースやファイル(代替画像など)を簡単に提供することができ、時間の節約と混乱の軽減につながります。



5. レビュープロセスから余分なステップを削除する


Review360の通知機能により、レビュアーがコメントを残すと、コース作成者はアラートを受け取ることができます。これにより、レビュアーがわざわざフィードバックを確認するよう知らせることを気にする必要がなくなります。

また、レビュアーも誰かが返信したときに通知を受け取るので、他の人がコメントに反応したり、更新情報を提供したりするタイミングを簡単に知ることができます。



6. 他のチームメンバーとの連携が容易


レビュアーが確認する際、2人目、あるいは3人目の視点が必要になることがあります。Review 360では、@でタグ付けすることで、他のレビュアーを簡単に会話に参加させることができます。


他のレビュアーやコース作成者をコメントでタグ付けすることで、誰もが1つの場所でコラボレーションやブレーンストーミングを行うことができ、Review 360はそのアイデアを記録し、将来も参照できるようにします。



7. コースの全バージョンを一箇所で閲覧することが可能


フィードバックをコースに反映させる際、コースの新しいバージョンを同じレビューリンクとして公開することができます。これにより、レビュー担当者は、新しいバージョンがあるたびに新しいURLを探し出す必要がなくなります。その代わり、Review 360のリンクをブックマークしておけば、コースが更新されたときにいつでも参照することができます。


しかも、古いバージョンやコメントは削除されず、Review 360が過去のバージョンに関する履歴を記録しています。

この機能により、レビュアーはコースの前のバージョンと現在のバージョンを比較し、コンテンツがどのように進化したかを確認することができます。



まとめ


今度、レビューが必要なプロジェクトがあったら、Review 360を試してみましょう。アプリをダウンロードしたり、LMSにログインしたりすることなく、レビュアーは完全なコース体験を得ることができ、リンクを探したり、何度もメールを送ったりするよりも、フィードバックを提供することに時間とエネルギーを集中させることができるのです。また、コース作成者としては、迅速で文脈に応じたフィードバックにより、ToDoリストの他のすべての事柄に集中できるようになります。



まだArticulate 360を試したことがない方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page