top of page
  • 執筆者の写真DISCE

L&Dを従業員体験のヒーローに


求人募集1件当たりの候補者数は15年以上前から減少しており、現在では募集数が候補者数を上回っています。今日の労働市場はすでに逼迫しており、タレント部やHR部担当の経営層は、企業が必要とする熟練した人材を確保するための明確な方法を常に持っているわけではありません。


最近のHarvard Business Reviewの記事では、解決策を提示しています。数十年にわたりコスト削減に重点を置いてきたHR部門を、従業員体験を最優先するHR部門に再編成することです。


  • 従業員の定着

  • 従業員エンゲージメント

  • 最小限のリストラ

  • 機敏さ

  • 安定性


HBRの言う通りです。さらに話を進めるために、学習がどれほど役立つかを強調したいと思います。私たちは「L&Dは救世主である」と言いたいのです!


人材開発は従業員エンゲージメント戦略の重要な部分ですが、HR部門リーダーの90%が、現在所有しているテクノロジーでは今後3年間に従業員が必要とするスキルを効果的に予測できないと回答しています。


L&Dチームのスーパーパワー(従業員のスキル開発支援)と武器(ラーニングテクノロジー)は、従業員のエンゲージメントを高め、ビジネス目標を達成するために、タレント部門リーダーやHR部門リーダーがまさに必要としているものです。




リテンション:離職コストの回避


労働者の半数近く(48%)がスキルの向上を求め転職を検討すると回答していますが、60%以上がアップスキリングの機会が提供されれば今の職場にとどまると回答しています。HBRによると、経営層は従業員の離職にかかるコストを大幅に過小評価しており、その多くは従業員1人当たり4,000ドルのコストであると言っています。しかし、HR部門やL&D部門の専門家は、後任者を採用し、同レベルまでのトレーニングを行うには、それ以上のコストがかかることを知っています。


L&D部門は、従業員とそのスキルを維持するための戦略を支持することで、HR部門が真の離職コストを明らかにする手助けをすることができます。

『もしリーダーたちが、離職の真のコストが従業員の年収の数倍に及ぶことに気づいたならば、直ちに変革を求めるだろう。』


その戦略とはどういうものでしょうか?それはパーソナライズされた学習です。従業員は、自分のスキルをどのように生かすかについて主体性と選択肢を与えてくれる会社に留まる可能性が高くなります。しかし、残念なことに、26%の従業員しか、会社からユニークな貢献ができる個人として扱われていないと考えています。


HR部門は、L&D部門と協力し、従業員一人ひとりにパーソナライズされたラーニングジャーニーを構築することで、従業員の迷走を防ぐことができます。個人を適切なラーニングパスとマッチングさせ、その成長を支援し、スケーリングすることは至難の業に思えるかもしれません。しかし、AIによってますます推進されているラーニングテクノロジーは、このタスクに数分で取り組むことができます。


Degreedはどのように役立つのか?

Degreed LXP+は、重要な職位・役割における定着率を向上させ、離職率が従業員グループのいくつかで10%から2%に減少しました。



エンゲージメント:データによる全体像の把握


HBRによると、経営層は従業員の経験の現実をほとんど理解していないと言います。例えば、経営層は従業員が実際よりも経済的に裕福だと考えていることが多いのです。L&D部は、従業員体験の真実のストーリーを伝えるバラバラのデータをまとめることで、HR部を支援することができます。このデータには以下が含まれます: 


  • 欠勤率(HR)

  • 病気や障害の発生状況(HR)

  • 従業員支援プログラムの利用(HR)

  • エンゲージメント調査(L&D)


L&Dは、学習プログラムのエンゲージメントにも注意を払う必要があります。従業員が利用可能なラーニングパスを利用していなければ、企業にとってメリットはありません。現在のラーニングテクノロジーソリューションが十分でなければ、より強固なラーニングテクノロジーソリューションに投資する必要があるかもしれません。


『離職、未充足のポジション、やる気のない従業員などのコストは、アメリカや他の多くの国々の企業の財務会計システムには項目として含まれていない。』


もしあなたがHR部門リーダーで、従業員の体験不足の証拠を目の当たりにしたら、L&D部門と協力して解決策を見つけましょう。労働者の71%が、職業訓練や人材開発によって仕事の満足度が高まると回答しています。言い換えれば、学習の機会は従業員のエンゲージメントを高めます。労働者はより自信を持ち、より速く仕事をこなし、より達成感を感じるようになります。


Degreedはどのように役立つのか?

Degreedを使って、Ericsson社は学習費全体を50%削減し、学習完了率を62%、学習時間を24%増加させました。



リストラ:硬直性よりも機敏性の選択


HBRが示すように、経営層はビジネス環境の変化にリストラクチャリング(再構築)で対応することがよくあります。変化のペースが増すにつれて、リストラも増加し、従業員は常にショックから立ち直ることができなくなっています。こうした混乱の中で、生産性が低下することもあります。


もしあなたの会社がリストラを行うのであれば、L&DはHRがアジリティを高める手助けをすることができます。経営層の実に85%が、企業が市場の変化に迅速に対応できるよう、仕事を組織化する際にもっと機敏になるべきだという意見に同意しており、77%が、仕事のニーズがある場所にスキルを柔軟に移行させることが重要だと回答しています。


「柔軟な企業構造アプローチが混乱を和らげる方法」

人材のリテンション(維持)

迅速なアップスキリングが企業にとって従業員を維持し、スキルギャップを埋めるのに役立ちます。

迅速な転換

プロジェクトベースのチームは、必要に応じて適切なスキルを一時的に集め、後に他の場所に分散することができます。

関連スキル

クロスファンクショナルチームが基本的な組織構造を維持しながら、発生するビジネス問題に取り組むことができます。

途切れない生産性

解雇や再編が少ないため、労働者は仕事を心配する時間が減り、仕事に集中する時間が増えます。



職種の垣根を越えて仕事をすることがますます増えており、職種よりもスキルを重視することの重要性が高まっています。労働者の4分の3近く(71%)が自分の職務の範囲外の仕事をしている一方で、同じ肩書きや同じレベルの同僚と同じ仕事をしているのは4分の1にすぎません。


ラーニングテクノロジーによって生成されたスキルデータによって、L&Dは、俊敏なスキル配備に必要な情報を他部門のリーダーに提供することができます。適切なラーニングテクノロジーを使えば、L&Dは個々の従業員、チーム、部門のスキルを把握することができます。このデータを活用することで、経営層は、特定のプロジェクトを担当する部門横断的なチームを編成したり、貴重な必要スキルを追加するトレーニングを推奨したりすることができます。


ラーニングテクノロジーと社内人材マーケットプレイスを連携統合することで、プロセスをさらに合理化することもできます。労働者の半数以上が、キャリアの途中でフルタイムの正社員からフリーランス、ギグワークに移行したり、社内の人材マーケットプレイスを通じてプロジェクトを見つけたりしています。


Degreedはどのように役立つのか?

  • 個々の従業員のスキルプロファイルにより、必要なスキルを持つ従業員を確認することができます。プロファイルは従業員をフォローするので、プロジェクトに個人を迅速に活用することができます。

  • Degreed Academiesは、従業員のアップスキリングやリスキリングを迅速かつ容易にします。



機敏さ:ボトムアップからのピボット


スキルギャップは拡大しており、遅れれば遅れるほど、企業は変化に対応できなくなります。HBRは、よりスキルを重視した企業体制は、頻繁な配置転換のストレスを最小限に抑え、企業の機敏性を保つことができると指摘しています。


企業のピボット能力は、従業員がいかに早く新しいスキルを習得できるかにかかっています。労働者の3分の2(65%)は、仕事をうまくこなすために必要なスキルが過去2年間で変化したと回答しており、絶えず変化する要件についていくのに苦労しています。同様に、全社的なスキル要件を維持することは、タレント部門やHR部門担当の経営層にとって途方もないタスクに思えるかもしれません。


そこで、L&Dがヒーローとして舞い降りて、再び窮地を救うことができるのです。


業界最高クラスのラーニングプラットフォームは、従業員エンゲージメント戦略とビジネス上の意思決定を導く貴重なスキルデータを生み出します。経営層は、会社の総合的なスキルを明確に把握することで、混乱に直面したときにどのようにピボットするかについて、より賢明な意思決定を行うことができます。


ビジネス上の意思決定に最適なインサイト(洞察)を提供するには、スキルデータだけでは不十分です。トレーニングをビジネス成果やフィードバックの指標に結びつけることです。ファンクショナルスキルやテクニカルスキルについては、売上の伸びやソフトウェアバグの減少などのパフォーマンス指標と関連付けます。ソフトスキルについては、ピアレビューや顧客調査を実施します。


Degreedはどのように役立つのか?

Degreed LXP+は、35%効率的なアップスキリングを提供します。



安定性:従業員の背中を押す


HBRによると、ストレスは従業員の経験を苦しめている大きな問題ですが、多くの経営層はストレス予防よりもストレス緩和策に重点を置いています。ストレスは仕事やビジネスにつきものなので、すべてのストレス要因を避けることは解決策にはなりません。その代わりに、L&Dは、従業員がテクノロジーによるディスラプション(破壊的混乱)の中で不確実性に対処する能力を高める手助けをすることができます。


今日の急速な技術進歩のペースは、従業員、特に自分の技術スキルに自信がないと感じている従業員にストレスを与える可能性があります。ロボットやコンピュータに仕事を奪われるのではないかと心配しているのです。逆に、経営層の61%は、AIと自動化によって、組織はスキルベースの職場モデルに移行すると答えています。L&Dは、従業員にとって有益なテクノロジーを取り入れることで、これらの異なる視点を調和させることができます。


『従業員がストレスに対処するのを支援するためのウェルネスプログラムを実施することは、交通事故に対処するために(事故後の)精神的外傷センターを建設するようなものです。』



従業員がAIや自動化を業務に活用し、より生産的で市場価値の高い仕事ができるよう、アップスキリングを図りましょう。テクノロジーは従業員に取って代わるものではなく、従業員に力を与えるものであることを伝えることです。ラーニングテクノロジーを活用し、自社のワークフローにAIや自動化された例を示しましょう。


学習機会を提供することで、あなたの会社が従業員を大切にしていることが伝わります。その結果、従業員は全力を尽くして会社に貢献したいと思うようになります。しかし、従業員に与えられた機会を活用する力を与えることが重要です。労働者の65%が、企業が研修費用を負担し、勤務時間中に学ばせることを望んでいることを、経営層に理解してもらいましょう。そうすることで、自分のキャリアに投資することができるくらい余裕のある収入と時間を持つ従業員だけでなく、すべての従業員のためのフィールドが平準化され、DEIBの取り組みも促進されることを強調してください。


Degreedはどのように役立つのか?

Degreed製品は、AIとオートメーションを使用して、スキルギャップの発見、学習のパーソナライズ、プログラムの成功の測定を支援します。



タレント部門とHR部門担当の経営層のヒーローになる


L&D部門は、タレント部門とHR部門がコスト削減から従業員体験の向上へとシフトするのを支援するユニークな立場にあります。L&D部門とHR部門が協力することで、従業員エンゲージメント、従業員の定着率、ビジネスにおける敏捷さを向上させ、ビジネス環境が変化する中で安定性を強化し、リストラを最小限に抑えることができます。


HR部門とタレント部門の経営層が従業員エクスペリエンスの向上に重点を移すこの機会に、L&Dが経営層の真のパートナーになれることを示しましょう。タレント部門リーダーやHR部門リーダーは、新しいラーニングテクノロジーの導入のような重要な取り組みに対する支援が必要なのと同様に、従業員エンゲージメント戦略を成功させるためにL&Dがどのような大きな役割を果たすことができるかを理解するための支援を必要としています。


L&Dの専門家は、Degreedが従業員のオンボーディングを早め、6ヶ月で元を取り、312%のROIを実現することを共有することから始めることができます。


より詳細


学習を勝ち取り、経営層に影響を与える方法をご覧ください。


 

By Kathryn Casna, June 13, 2024

 


Comments


bottom of page