• DISCE

Degreedブランドのリデザイン

原文「Four Eyes Forever! Introducing the New Degreed Brand


Degreedは創立8周年を迎え、今日のインターネット時代には企業としては事実上古い世代なのかもしれません。この8年の間に、iPhoneは11がリリースされ、Game of Thronesは完結し、そしてEveryone’s MomがFacebookで終わるのを目の当たりにしました。

Degreedの従業員も、3人から450人に増えました。また当初はFortune50企業のうちクライアントは1社でしたが、今ではFortune50の30%以上の企業に利用いただいています。そして、Degreedは生涯の学習記録をキャプチャするシンプルな製品から、学習とスキルがチャンスに結び付くようにデザインされたエレガントでダイナミックなエコシステムへと進化しました。

その間ずっと、Degreedブランドは変わらぬままでした。Degreedのロゴは眼鏡で、青とオレンジに塗ったものです。そして私達はこう尋ねてきた人たちに笑いながら訂正したものです。「『Degree』?消臭剤ですか?」

過去8年間で何が変わったのでしょうか?PCやスマホの画面解像度とピクセル密度。ブラウジングする習慣とモバイル端末の利用状況。デザインとユーザビリティの傾向。そして、Degreedのオリジナルロゴとブランド要素を扱うようにデザインされていなかった多くのものです。

そのため、本日、Degreedのブランディングを刷新しました。シンプルで洗練されたブランディングですが、Degreedを差別化する大胆な精神を表現しています。私たちDegreedは会社としても製品としても進化してきました。私たちのアイデンティティも進化しており、より簡単に拡張でき、世界中で活用できます。

注釈

筆者はオリジナルのDegreedロゴとカラーパレットをデザインしていません。オリジナルロゴは偉大なEd Nacional氏の発案によるものです。しかし、今回成長したブランドとしてリデザインしました。リデザインできて光栄です。



私たちの財産に寄り添う


私たちは、このブランディング変更が過去のすべてを焼き払うアプローチではないことを知っています。Degreedブランドを作り上げ、クライアントとコミュニティの中で独自性を切り開くために努力してきました。

またブランド属性を再定義する必要性も感じませんでした。私たちDegreedは常に大胆で、人間的で、ブランド哲学とデザインソリューションにおいて力を与えてきました。これらの特徴は、あらゆる段階で私たちの決定に大きく関与し続けています。



新しいロゴ


眼鏡は長い間、オタク、マッドサイエンティスト、変装したスーパーヒーローの象徴でした。Degreedにとって、メガネはDegreedのミッションの中核部分を表しており、ジョンFケネディが1961年5月25日に行った、有名な、そして刺激的な「Moon Shot:アポロ計画」スピーチに着用していたサングラスをモチーフにしています。

今回、右上の小さなプラス記号を取り除くことで、ロゴを簡略化しました。曲線を巧みに調整し、フレームの長さを調整しました。その結果、中性的で、少しエレガントで、よりバランスの取れた新しいロゴが生まれました。


sans-serifに統一


次に取り組んだのはDegreedのワードマークに使うフォントでした。フォントもまた、認識の中核をなす要素です。シンプルで使いやすい、小文字のsans-serifフォントを選びました。古典的なフォントから検討し始め、太さを変えたり、角度を変えたり、角を丸めたり、より親しみやすいようにしました。最後に、文字間隔についてもオタク級のこだわりを持ちました。1/4インチサイズのものからステージ上いっぱいに広がる、あらゆるサイズに対応する新しいユニークなデザインを保証します。


True Blue


青い色もまた、設立当初からDegreedブランドの特徴でした。実際、私たちは色々な箇所で、古いDegreedブルーを様々な色合いで使用しています。したがって、青はこれからも使い続けますが、アプリ上でより機能するように明るくし、True Blueという名前を付けました。

新しいブルーを引き立たせるために、旧来使っていたベース色に着想を得たパレットを紹介しますが、よりDegreedらしさを出すためにアレンジを加えています。



同じ主張、新しい言い回し


ブランドの視覚的なデザインの見直しと合わせて、メッセージも見直しました。Degreedの主張と口調は今までと同じくらい大胆で人間的ですが、以前よりも幅広い聴衆に語りかける明確な言葉で表現されます。私たちDegreedは大きな問題に取り組んでおり、私たちDegreedが言わなければならないことを皆さんに聞いてもらいたいのです。将来のためのスキルを持つことは誰もが気にかけるべきものだからです。


他に何が変わっているのか?


ロゴ、ワードマーク、色に加えて、写真、イラスト、パターンなどのブランドイメージを変更します。今後数週間~数か月以内に、更新されたWebサイト、ソーシャルチャネル、ビデオなどを展開する予定です。

新しいブランドアイデンティティを展開していくと、プラットフォームとアプリでは外観が少し異なることに気付く場合があります。プラットフォームの色とフォントは、新しいアイデンティティを反映するように更新され、今後さらに更新が行われます。しかし、恐れることはありません。これらの変更は、あなたが知っており、愛しているユーザーエクスペリエンスを強化するだけです。

変わらないもの


Degreedプラットフォームの一部は、今回のブランドの更新により、少しだけ変更されますが、Degreedプラットフォーム内のすべては、使い慣れた直感的なユーザーエクスペリエンスは、同じままです。

Degreedチームは24時間年中無休でサポート、インサイト、リソース、ベストプラクティスを提供することは変わりありませんので、あなたはぐっすりと眠っていただけます。私たちDegreedの目標は、貴社が目標に到達するのを支援することです。

最後に、私たちDegreedの名前は当然変わりません。私たちはまだDegreedです。つまり、「消臭剤ですか?」という質問を正す準備ができています(笑)。見た目は違うかもしれませんが、匂いは同じです(笑)。



By David Johnson, VP Brand April 13, 2020


#ニュース