eラーニングニーズ分析方法

原文「How to Do an E-Learning Needs Analysis


ATDによると、アメリカの企業は2010年に従業員の学習および能力開発プログラムに、1,000億ドル以上を費やしています。この多くはトレーニングです!そして、多くのリソースも費やされました。投資に見合うトレーニングを行うには、トレーニングプログラムが実際に学習者のニーズを満たしていることを確認する必要があります。そのため、効果的なオンライントレーニングプログラムの最初のステップは、eラーニングニーズ分析です。


eラーニングニーズ分析は、この重要な質問に答えることができます。トレーニングは、手近な問題に対する適切なソリューションなのでしょうか?そのことは、eラーニングプロジェクト完了時ではなく、プロジェクト開始前に知っておく必要があります。ここで時間をかけてニーズ分析を行ってプロジェクトを計画すると有用なプロジェクトになります。それでは、ニーズ分析する方法を詳しく見ていきましょう。



トレーニングするか、しないか


eラーニングニーズ分析、トレーニングニーズ分析、トレーニングニーズ評価と呼ばれることがありますが目的は同じです。トレーニングニーズが存在するかどうか、ニーズが何であるかを明確にすることです。ビジネス上の問題を調べ、解決するソリューション、トレーニングなどを特定します。その際にトレーニングソリューションと非トレーニングソリューションの両方を検討します。なぜならトレーニングコースよりも非トレーニングソリューションの方が効果的であることが時々あるからです。また、問題を抱えた状態のコストは、トレーニングを開始するコストよりもはるかに少ないこともあります。


トレーニングと非トレーニングのシナリオを見てみましょう。

XYZ社のセールスマネージャーであるBobは、インバウンドセールスチームの電話処理時間を改善したいと考えています。現在、従業員は通話ごとに平均7分かかっています。Bobは5分でできると考えているので、Bobはチームの平均通話時間を改善するeラーニングを設計するようにリクエストしています。


ニーズの評価プロセスに入り、営業チームの行動を観察します。理想的な時間枠内で通話を完了し、従業員は適切なプロセスを行っていることがわかりました。ただし、プロセスの最後では、システムの処理速度が非常に遅いため、営業チームは7分近くタスクを完了できないことがわかりました。


ここで質問です。この状況の場合、トレーニングが役立ちますか?

いいえ、この例は、システムの問題であり、「トレーニング可能な人間」の問題ではありません。このようなことがあるため、オンライントレーニングプログラムを設計・提供する前に、eラーニングニーズの評価を行い、問題と解決策を正確に把握することが重要です。