• DISCE

Degreed導入事例:Polaris社

最終更新: 7月27日

原文「Drilling Down & Scaling Up: How Polaris Powers Personalized Learning


1954年にスノーモービルを発明して以来、Polaris社は着実に成長してきました。現在、同社は、企業と政府の両方のために、雪上、水陸、オンロード、オフロード用の幅広い車両を製造しています。


これらの業界で競争するには、製造チームが専門スキルを維持する必要があります。 Polaris社は5,000人の製造従業員の部門を率いる1,500人の従業員をサポート、能力開発する必要がありました。


知識共有の古い方法は、グローバル戦略をサポートするものではなく、Polaris社の成長を支援していませんでした。従来の統合ソフトウェアは機能しておらず、LMSは硬直しすぎていました。フォーマルトレーニングと散発的なファイル共有では、業務が完了せず、ジャストインタイムトレーニングモデルも支援できていませんでした。


Polaris社は学習戦略を再構築することを決め、アップスキル戦略をより高いレベルに設定しました。

「製造業である私たちは常に無駄のない業務を行っています。適切なタイミングで適切なスキルを持つ適切な人材を確保したいのです。」とPolaris社のグローバルトレーニングマネージャーは言っています。


そこでPolaris社はDegreedと出会い、導入を決定しました。Polaris社がどのようにパーソナライズラーニングを導入したか、さらに興味がある方は最新のケーススタディをダウンロードしてください。


※ 日本語版のケーススタディはこちらからご参照ください。