採用の非効率性を減らす

原文「Reducing Inefficiencies in the Labor Market

筆者が子供の頃、母は多才なピアノ教師でした。あの当時、9歳の私より数年賢かった生徒、Wy-Quonさんを鮮明に覚えています。彼はレッスン時間前にやってきて、自転車用の新しい推進システムを披露し、より効率的な方法としてアピールしました。そのシステムは圧縮空気円筒管が自転車のフレームに取り付けられ、ミニチュアロケットエンジンのように背後に空気を放出し、空気放出量を制御するハンドルバーを備えていました。


彼は、そのシステムが通学時間を3〜4分削減できることを強く主張しました。私はノズルの後ろに手を置いて、放出される空気がそれほどでもないのを感じたので、その仕組みが役に立たないことがわかりました。Wy-Quonさんの努力は立派でしたが、彼は本質的に効率性の向上をほとんど示さない多くの努力をしており、それはまるでハムサンドのために自転車を長くこぎ続けるようなものでした。



非効率的な採用市場


採用市場は一見よさそうですが、最終的には満足できない終わりのない旅のように感じます。現在、HRテクノロジーに数十億ドルが投資されていますが、世界のどのカテゴリーでも最も効率の悪い1つとなっています。またベトナム戦争以来見られた酷い失業率となっています。従業員を雇用し続けることはできますが、人事担当役員にとって職場の維持は依然として最大の関心事であり、人材を保持するコストは上昇しています。


まず企業組織の従業員一人あたりの採用平均コストを見てみましょう。ほとんどの情報リソースは、約4,000ドル程度で推移していると示しています。次に採用率を考えてみましょう。最新の採用率は3.8%です。この雇用率データによると2019年10月単体では米国の580万人が新しい仕事に就いていることになります。そしてその雇用はたった1か月です。年間ベースで算出すると、私が採用市場の非効率性と呼ぶ、2770億ドルものコストがかかっていることがわかります。この総コストは毎年米国で空席となっているポジションを埋めるためのコストです。


これは企業組織レベルでも見ることができます。控えめに見積もってみましょう。2017年のデータによると、ほとんどの企業において、本人意思ではない退職を考慮すると、毎年18%の従業員が退職しています。新たに採用する平均費用が約4,000ドルで、従業員数が50,000人の場合、人材プールを維持するためには3600万ドル(4000ドル × 50000 × 0.18)ものコストが毎年必要になる可能性があります。この数字は、例え半分に見積もったとしても信じられない額に達します。