top of page
  • 執筆者の写真DISCE

eラーニング教材翻訳の隠れたプロジェクト

更新日:2023年11月22日


筆者が長年プロジェクトに携わる中で学んだことのひとつに、コンテンツの翻訳は通常、過小評価されがちだということです。実際、私たちは翻訳をそれ自体がプロジェクトであると考えています。翻訳には、予算、期間、レビュアー、承認者などの要素があります。プロジェクトの期限と予算を守るには、これらすべてを考慮し、プランニングし、実行し、モニターする必要があります。



予算について


一般的に、プロジェクトの翻訳コストは、単語数に基づいて決定されます。言語によって単語あたりの単価は異なりますが、通常は1単語あたり10~19セントの範囲内です。ナレーションは通常1,000/5,000/10,000ワード単位で計算され、言語やナレーターによって差があります。価格の詳細については、翻訳業者などの最新の価格シートをご確認ください。


筆者の所属する会社では、すべてのeラーニングプロジェクトにおいて、「翻訳メモリ」と呼ばれるものを構築しています。これは、翻訳会社が作成するデータベースで、これまでに翻訳されたすべてのテキストを保存し、弊社がこれから翻訳を依頼する新しいコンテンツと照合します。このため、同じ単語を翻訳するために2度お金を払うことはありません。また、過去のプロジェクトで翻訳された単語は、翻訳メモリによってピックアップされ、翻訳を担当するプロフェッショナルに提案されます。このように、翻訳会社を一本化することは、大きなメリットとコストダウンにつながります。



レビューとフィードバックの提供=プランニング


コースコンテンツの翻訳には時間がかかりますし、納品された翻訳をレビューするのにも時間がかかります。翻訳会社に依頼した場合でも、100%正確な翻訳に仕上げるには、数回のレビューが必要になることがあります。これは通常、翻訳者が翻訳するコンテンツの文脈を完全に把握していなかったり、SME(分野専門家)でなかったり、希望とは異なる用語や表現を使っていたりすることが原因です。


翻訳から戻ってきたコンテンツはすべて必ず確認し、変更や要望があればフィードバックしてください。通常、翻訳メモリを設定して「優先翻訳」を許可すれば、安全教育で「事件」ではなく「事故」という言葉を使うなど、あなたの好みを理解し、翻訳プロセスで翻訳者に適切な提案をすることができます。


レビュープロセスは、それ自体がまさにプロジェクトであることを忘れないでください。あなたがプロジェクトオーナー/リーダーである場合、社内のレビュアーを自分で探し、協力してもらう必要があります。これはあなたにとって最大のチャレンジとなるでしょう。あなたの人脈で同僚に助けを求める場合は、彼らの主要な責任ではないことに留意してください。そして、いつまでにレビューを完了させる必要があるか、必ず想定しておくことです。経験上、正式な合意なしに翻訳レビュアーにまかせると締め切りが大幅に遅れることがよくあります。これはプロジェクトに大きな影響を与える可能性があり、私は何度も何度もこのような事態を目にしてきました。


ですから、喜んで協力してくれる人を見つけたら、その人をプロジェクトの正式な一員にすることです。社内レビュアーの上司と必要な時間や期限を話し合い、同僚である社内レビュアーがレビュー、修正検討、そしてあなたや翻訳会社へのフィードバックのための時間を正式に割り当てることができるようにします。



レビュープロセス


翻訳会社は通常、レビューと修正に対応するシステムを備えていますので、それを利用しましょう。通常、翻訳会社は翻訳する内容をすべて自社の翻訳メモリに接続されたシステムにアップロードし、ほとんどのレビュー担当者が基本的な説明を少し受けるだけでソフトウェアツール上でレビューと編集を行えるようになります。もし、レビュー担当者の中にWord文書でのレビューや編集を好む人がいるようであれば、そのようなことはしないよう、強くお勧めします。長い目で見れば、翻訳、レビュー、修正を一つのシステムで行うことは、多くの時間を節約し、バージョン管理の問題の可能性を減らすことになります。ですから、翻訳会社のシステム外でレビューや編集をすることは、誘惑に駆られるかもしれませんが、避けてください。専門家だからこそ翻訳会社に依頼したのですから、その専門知識を活かして、翻訳と検証のプロセスを可能な限りスムーズに進めてください。



プランニング


トレーニングコンテンツの翻訳に何が必要かはお分かりいただけたと思いますが、すべての関係者の足並みをそろえ、期待値と納期を設定するためには、綿密なプランニングが必要であることがお分かりいただけたと思います。複数の言語にコンテンツを翻訳する場合は、それぞれの言語についてこの手順を繰り返す必要があることにご注意ください。ですから、前もってプランを立てておきましょう。多言語によるトレーニングの提供は、簡単ではありません。コンテンツの翻訳は、プロジェクトの最終段階というだけでなく、それ自体がプロジェクトなのです。


次の機会にコンテンツを他の言語に翻訳する必要があるときは、次のことを忘れないでください。

  • テキスト、ナレーション、ビデオナレーション、字幕、場合によっては画像やビデオ映像のローカライズにかかる言語ごとの予算を確認し、必要であれば調整します。

  • 翻訳をレビューするための社内リソースをプロジェクトに組み込んで、正式なものにします。

  • 翻訳会社の経験を生かし、推奨されるレビュープロセス、検証サイクル、翻訳システムを可能な限り使用します。

  • 翻訳プロジェクトの予算、スケジュール、リソースを、独立したプロジェクトと同じようにプランニングします。


まだArticulate 360を試したことがない方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page