• DISCE

SMEとの協力体制をいかにして作るか

原文「Working with SMEs to Build Better Online Courses


オンラインコース作成に関しては、あなたがエキスパートです。消極的な学習者をも引き付けるインタラクションを構築し、プロのようなクイズを作ることができます。また、情報をまとめ、整理する方法にも長けているでしょう。しかし、コースに含む内容に関しては、分野専門家(SME)に頼らざるをえません。


SMEは、オンラインコースを構築するために魅力的で有益な関連する必要な情報とフィードバックを提供してくれます。順調に進んでいる場合、プロジェクトはスムーズに進行し、コースを設計するためにSMEから必要な情報が得られ、締め切りに間に合います。しかし、物事がうまくいかない時は、大量の無意味な内容ばかりとなり、チーム内で不満が蔓延し、締め切りに間に合わなくなる場合もあります。


コースの成功に対して、SMEは最も重要な役割を果たします。では、どうやって重要なSMEとのチャンスをつかむのでしょうか?以下に、SMEとの良好な関係を構築、維持するための簡単なガイドラインを示します。



SMEを知る


プロジェクトを成功させるには、SMEと良好な協力関係を確立することが重要です。SMEは、必要な情報を確実に入手する上で重要な役割を果たし、設計するコース教材に関する重要なフィードバックを提供してくれます。


SMEと話をする前に、自己紹介をし、SMEについて理解を深めましょう。そうすれば、次にSMEからの情報が必要になった時に、すぐに情報を求めるのではなく、世間話から始めて、会話をしやすくすることができます。



SMEに達成したいことを見せる


SMEはあなたが作成しようとするものをイメージするのに苦労するかもしれないことを覚えておいてください。


SMEに関連するeラーニングのサンプルを見せてください。作成しようとしているインタラクティブ(双方向)性とコンテンツの種類を示すサンプルを見せ、あなたが何をしたいのかをSMEに理解してもらいます。例えば、いくつかのシナリオタイプのコンテンツを作成する場合は、eラーニングシナリオコンテンツのサンプルを示して、どのように機能し、どのような内容を含めるべきかを理解してもらいます。


サンプルを見せることに時間をかけると、あなたが作成しようとしているものをSMEが理解しやすくなり、SME自身がアイデアを提供するように奮い立たせることさえできます。



適切な質問をする


SMEと協力する際の最大の課題の1つは、学習者が知るべき重要な関連情報を共有することです。


必要な情報を入手する最善の方法は、事前に質問リストを準備することです。これは、あなたが要点を正しく理解するのを助け、またSMEの忙しいスケジュールを尊重することにもつながります。


SMEとの会話を正しい方向に導くための5つの質問を次に示します。

  1. 学習者にとって最も混乱を招くトピックや状況は何でしょうか?

  2. このコースを受講した後、学習者に理解してほしい3つのことは何でしょうか?

  3. 学習者がこの知識やスキルを仕事に適用する状況を説明してくださいますか?

  4. 学習者がコースを完了しやすくするために、概説する必要があるプロセスはどれですか?

  5. 学習者に役立つ、トレーニング内容に関連するストーリーや参考資料はありますか?

コースによっては、他の質問が必要になる場合がありますが、これらの5つは、次のミーティングに進む前にSMEから最善の情報を収集するのに役立ちます。



SMEに称賛を送る


すばらしい内容を提供してもらったり、プロジェクトに余分な時間を割いてもらったり等、SMEがあなたのために協力した時は、感謝を必ず示しましょう。あなたができる最善のことは、SMEの努力を称賛するメールをSMEのマネージャーに送ることです。


このことは、すぐにあなたに役立つだけでなく、より多くの時間を費やさなければならない状況に陥ったり、別のプロジェクトで支援を必要とするような状況に陥った場合に、将来的に報われます。


SMEに協力してもらい、適切な情報を収集し、フィードバックや意見をもらったとしても、最高のコースを開発することが困難な場合があります。しかし、どんな課題に直面しても、あなたができる最も重要なことは、あなたがSMEを評価し、SMEに提供してもらいたいことを明確に示すことです。SMEとの良好な関係があればあるほど、eラーニングプロジェクトはより成功します。



株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#コースプランニングブログシリーズ

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成

#協力体制

#SME

#分野専門家