top of page
  • 執筆者の写真DISCE

支援テクノロジーについて


音声認識のような支援テクノロジーは誰にとっても有益ですが、一部の人にとっては必須のテクノロジーで、Webにアクセスするために利用しています。つまり、eラーニングコースを受講するためにも、同じテクノロジーを利用する必要があります。世の中には様々なテクノロジーがありますが、すべての学習者に対応したコースを設計するためには、それらのテクノロジーがどのようなもので、どのように機能するのかという基本的な知識を持つことが重要です。


最も一般的な支援テクノロジーについてよく理解していただくために、この記事で支援テクノロジーの概要、使用者、アクセス方法を説明します。



スクリーンリーダー


スクリーンリーダーは、ユーザーがナビゲートする際に、視覚的情報およびテキストを音声で知らせるアプリケーションです。


スクリーンリーダーは、もともと視覚障害のあるユーザーのために設計されましたが、視覚的な注意散漫を減らすのに役立つため、失読症やADHDなどの学習障害のある人にとっても有益です。


ほとんどのオペレーティングシステムには、スクリーンリーダーが組み込まれています。たとえば、iOSデバイスにはVoiceOverが、WindowsデバイスにはNarratorが搭載されています。しかし、最も一般的なスクリーンリーダーであるNVDAJAWSは、オンラインでダウンロードできるサードパーティのスクリーンリーダーです。



動的な点字ディスプレイ



リフレッシュ式の動的な点字ディスプレイは、6~8本のピンを上下させて、画面上の内容を点字に変換する電子機器です。ほとんどの場合、点字ディスプレイは、スクリーンリーダーが内容を提供することに依存しています。しかし、新しいモデルの中には、自律的に動作するものもあります。


リフレッシュ式点字ディスプレイは、目の見えない人、弱視の人、または盲ろう者で点字の読み方を知っている人によく使われています。



画面拡大アプリ


画面拡大アプリは、画面上のコンテンツを拡大し、小さなものを見やすくするアプリケーションです。マウスまたはキーボードを使って、画面のどの部分を拡大したいかを指示します。


弱視の人が画面拡大アプリの主な利用者になる傾向がありますが、物を拡大したい人には便利です。


ほとんどの場合、画面拡大アプリはスクリーンリーダーと一緒に使用されますが、通常は別々にダウンロードする必要があります。ZoomTextSuperNovaは、最も一般的なサードパーティの画面拡大ツールです。



アダプティブキーボード


片手キーボード


アダプティブキーボードとは、特定のニーズに対応するキーボードのことです。アダプティブキーボードには多くの種類があります。例えば

  • 人間工学キーボードは、筋肉の緊張を和らげます。

  • 点字キーボードは点字ドットを使用しています。

  • コードキーボードには、いくつかのキーがあり、さまざまな組み合わせで押すと、単語やコマンドになります。

  • オンスクリーンキーボードはソフトウェアベースで、オペレーティングシステムに組み込まれています。多くの場合、予測文字とともに使用されます。

  • 片手キーボードは、ユーザーが片手だけで簡単にデータを入力できるようにします。

  • 拡張キーボードには、キーとキーの間に盛り上がった部分があります。


アダプティブキーボードは、運動障害、聴覚障害、視覚障害のあるユーザーにとって有益です。



その他


上記の支援テクノロジーだけではありませんが、最も一般的なものです。その他の支援テクノロジーには次のようなものがあります。

  • マウススティックやヘッドワンドは、手の動きが不自由な場合に、キーボードのキーを選択する代替手段として使用されます。

  • シップ&パフスイッチは、息を吸い込んだり吐いたりすることで機器を操作するために使用されます。例えば、シップ&パフスイッチは、コンピューターや代替コミュニケーションシステムの操作に使用することができます。

  • アイトラッキングは、視線の動きをトラッキングし、ユーザーの視線の動きに基づいてカーソルを動かして、コンピューター制御を支援します。

  • 音声認識ソフトウェアは、話し言葉をコンピューターが理解できる言語に翻訳します。人々は音声認識ソフトウェアを使用して、タイピング、フォームへのデータ入力、Webページのナビゲーションを行います。WindowsにはWindows音声認識、macOSとiOSには音声コントロールが搭載されていますが、他にも音声認識ソフトとしてDragon NaturallySpeakingがあります。

  • EnChroma Color Blind Glassesは、色覚異常の人が通常よく見えない色やまったく見えない色を見るのに役立ちます。

  • Color EnhancerVisionのようなブラウザのプラグインは、部分的な色覚異常の人の色知覚を改善するために、カラーフィルターを適用してWebページの外観を調整します。

  • 代替コミュニケーションシステムは、言葉によるコミュニケーションができない人に、メッセージを伝えるための代替手段を提供します。多くの場合、モバイル機器やコンピューター上のアプリです。



まとめ


障害のある人が作業するのを可能にしたり、容易にしたりするさまざまなツールがあります。コース制作者として、学習者がコースにアクセスするためにどのような支援テクノロジーを使用しているかを認識し、すべてが期待どおりに動作するようにすることが重要です。そのためのヒントについては、別のブログをご覧ください!



この記事が、アクセシビリティに配慮したeラーニングを作成するための正しい道のりを歩み始める一助となれば幸いです。

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comentarios


bottom of page