Storylineでのドラッグ&ドロップの作成方法

原文「Here’s How You Can Create and Customize Freeform Drag-and-Drop Interactions


eラーニングコースにインタラクティブな機能を追加する場合、ドラッグ&ドロップデザインを検討してください。ドラッグ&ドロップは、学習者がコンテンツの進行をいったん止めて思考させ、注目させる良い方法です。例えば、プロセスのステップ順序を確認させたり、用語の確認をさせたり、関連するアイテムを確認させたりするでしょう。


Storyline初心者は、フリーフォーム ドラッグ&ドロップをどのように作るのか疑問に思うかもしれません。手順を説明します。



ステップ1:スライドをデザインする


カナダの地理に関するインタラクティブを作ることを例に説明します。学習者にカナダの様々な都市を地図上の適切な場所に配置するドラッグ&ドロップを作ってみましょう。


最初に行うことは、スライドの外観をデザインすることです。ドラッグアイテムとして使用するオブジェクトやドロップターゲット(両方ともドラッグ&ドロップを作成するためキーポイントになります。)を含め、すべてのアイテムをスライドに追加しておく必要があります。ドラッグアイテムは、スライド上でドラッグするオブジェクトです。一方、ドロップターゲットは、ドラッグアイテムをドロップする領域です。


次の例では、スライドの上部にタイトル付きの黒い長方形、背景にカナダの地図画像、ドラッグアイテム(各都市の名前)を作成し、ドロップターゲットとして使用される白い長方形があります。(地図上の都市の位置)。また、マップ上の都市の正確な配置を示すために星マークを使用しています。スライドは次のようになります。


現在はまだ静的なスライドです。デフォルト設定の[次へ(Next)]ボタンと[前へ(Previous)]ボタンがあり、プレビューしてもスライド上では何も起こりません。つまり都市名をドラッグして、マップ上の都市の場所にそれらを移動させることはまだできません。



ステップ2:フリーフォームに変換する