top of page
  • 執筆者の写真DISCE

ホットか否か?2024年L&Dで何が注目され、何が注目されないか?


詩人Ralph Waldo Emersonは、すべての革命はひとつの思想から始まると言いました。同じ思考が繰り返され、複数の思想家の想像力をとらえたとき、『それがその時代へのカギになる』と。


ステークホルダーの賛同を得たり、エンドユーザーへの定着を後押ししたり、将来の革命的なスキルファーストのビジネスモデルを実現したりと、L&Dプログラムの成功は、ラーニングリーダーが今日のシフト、トレンド、進歩を理解し、受け入れることができるかどうかに大きく左右されます。


『組織のミッションやビジネス目標に関連性が高いと思われるトレンドから始めましょう。そして、過剰なことをする誘惑に駆られないように今日のシフト、トレンド、進歩に対して知識を得ましょう。』と、DegreedのChief Transformation OfficerであるJanice Burnsはアドバイスします。


2024年に向けて、L&Dで何が注目され、何が注目されていないのか、潮流を見ながら探ってみましょう。決して網羅的なリストではありませんが、今後のL&D戦略の決定を左右に振り分ける際に、身近で大切なアイデアの入門書として役立つことは間違いありません。




注目:人工知能


2022年後半にChatGPTが時流に乗り始めて以来、もう誰も驚かないでしょうが、生成AIは一貫してテクノロジーおよびビジネスの大きな話題となっています。AIはコンピュータプログラミングやビジュアルアート、あるいは電子メールを書く作業に影響を与えるものだと思いがちかもしれません。しかし、L&Dは非常に大きな変化を経験することになるでしょう。


The Josh Bersin Companyの創設者兼CEOであるアナリストのJosh Bersin氏によると、『AIによって影響を受けるすべての領域の中で、おそらく最大の変革が企業学習で起こっています。AIがこの領域に革命をもたらすことは明らかです』と言います。


どのようにでしょうか?コンテンツの生成(およびそれに伴う時間と複雑さの劇的な削減)、学習者の体験のパーソナライズ(コンテンツの詳細を理解し、個人のニーズに合わせてラーニングパスを調整し、その提供を改善)、スキルの特定と能力開発(個人の能力を推測し、適切なトレーニングを提供)、トレーニングをナレッジツールに置き換える(情報を提供し、問題を解決するインテリジェントなエージェントやチャットボットを作成し、展開する)ことにより、変革が起きるとBersin氏は述べています。




注目ではない:AIを不用意に取り入れること


最近の調査では、L&Dに影響を与えるホットトレンドのリストをAIが独占し、21.5%という前例のない割合でした。この調査は、2024 Learning and Development Global Sentiment Surveyと呼ばれ、97カ国の3,200人以上のL&Dプロフェッショナルを対象に行われました。


AIはGlobal Sentimentのホットトレンドリストのトップになった一方で、2024年におけるL&Dの課題リストでもトップになりました。


『AIは、回答者の最もホットなトレンドであると同時に、来年の最大の懸念事項でもあります。』と、主席調査官のDonald H. Taylor氏は言います。


もちろん、企業によって態度は異なります。懸念している企業の経営層は、規制の欠如、AIのコスト、テクノロジーに関連する倫理的な問題、AIを効果的に使用するために必要なスキルを構築する課題に対して特に警戒しています。同時に、ラーニングリーダーは、倫理的、安全、かつコスト効率よくAIをL&Dプラットフォームに組み込む方法を理解することがますます重要になるでしょう。



注目:コラボレーション体験による、とにもかくにもスキルの構築


最近、コーホートラーニングエクスペリエンスやラーニングアカデミーという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。もしかしたら、すでにその構築に取り組んでいるかもしれません。Bersin氏によると、ラーニングアカデミーは『企業内学習の次の大きなステップ』と言います。なぜでしょうか?それは、これまで何十億ドルを費やしても解決できなかった問題、つまり、拡大し続けるグローバル規模のスキルギャップを管理し、解消するための解決策を約束するものだからです。


ラーニングアカデミーは、従業員がビジネスのニーズに沿った深いスキルを、多くの場合グループやコホートで能力開発する共同作業の場です。ラーニングアカデミーの支持者は、深いアップスキリングがトレーニングや日常的な学習とは異なる重要な学習ニーズであることを理解しています。深いアップスキリングは、より豊かで、より長く、より集中的な学習体験を必要とします。


また、ラーニングアカデミーを活用することで、同僚や専門家から学ぶという社会的なダイナミズムを従業員に提供することで、文脈を理解し、ディスカッションを活発にし、コーチングやフィードバックを提供し、企業はコストを削減し、従業員の定着率とエンゲージメントを高め、従業員が絶えずアップスキリングとリスキリングを繰り返す将来に対応できる器用さを身につけることができます。



注目ではない:トップダウンの学習


人々は、成功のための適切で自分に即した学習体験を受け入れます。このようなことが起こる可能性は、中央集権的で強制的なトレーニングが上から降りてくるのに対して、自分で自由に管理・学習できる学習の選択肢やコンテンツに人々が関与している場合に高まります。


従来の高等教育に代わる分散型教育への関心を高めている勢力は、企業にも大きな影響を与えています。その前提とは何でしょうか?従業員が特定の職務だけでなく、差し迫った個人のニーズや長期的な個人目標にとって重要な学習に取り組むことで、人材開発はより効果的でインパクトのあるものになります。


DegreedMaxwell Wessel社長が最近述べたように、『必要な学習が手元にあるようにすれば、人はより早くキャリアアップすることができます。スキルベース組織では、その職務の平均的な人が必要とするすべてのことを学ぶように求めるよりも、適切な内容で個人をターゲットにし、そのスピードを維持する方がはるかに簡単』です。




注目:現場で働く人々に焦点を当てた民主化された学習


経営コンサルティング会社MarketsandMarkets社の最新レポートによると、現場で働く従業員のトレーニングの世界市場は、2028年までに2倍の460億ドル以上に拡大する見込みです。


同レポートによると、デスクレスワーカーをより雇用しやすくするには、事故や怪我の減少、顧客満足度の向上、離職率の低下、俊敏な業務運用、士気の向上などがあります。


McKinsey & Company社の業界アナリストによると、米国の労働人口の70%を占める小売業、接客業、医療従事者などの現場で働くデスクレスワーカーは、直近の報酬よりもキャリアアップを重視することが多いといいます。


デスクレスワーカーは高度なスキルを持ち、手を動かすことが多く、一般的に厳格なコンプライアンス規制を遵守する必要があります。また、一日中コンピューターに向かっているわけではないため、従来の方法でトレーニングを受けることが難しい場合もあります。


そのため学習へのアクセスがカギです。たとえデスクワークの同僚と日常的に接することがなくても、現場の従業員がチームの一員であると感じることが重要です。現場の従業員の学習を民主化し、そのメリットを享受するためには、従業員があらゆるキャリアステージで学習リソースに簡単にアクセスできるようにしましょう。




注目ではない:デスクレスワーカー、オフィスワーカーのどちらかのみに焦点を当てた学習プログラム


ラーニングの民主化が現場で活躍する人材にリーチするためのカギであるならば、当然、オフィスワーカーに焦点を当てたL&D戦略やプログラムが蔓延している状態を脱することを意味します。でも、どうやってでしょうか?詳しく見てみましょう。


ビデオコース、ポッドキャスト、その他あらゆるタイプのバイト(一口)サイズのコンテンツは、現場や移動中の労働者の学習を容易にすることです。


コロンビアの国営石油・ガス会社Ecopetrol社は、新しい学習体験を導入したところ、すべてのレベルの従業員に新しい学習マインドが浸透しました。半年間で、従業員は44万もの学習項目をこなしました。ラーニングリーダーたちは、最も早くからラーニングを導入したのが、オフィスワーカーではなく、オペレーションやメンテナンスの職務に就いているデスクレスワーカーであったことに驚きました。このエンゲージメントはL&Dが予想していた以上のものでした。


従業員が自ら学ぶことを奨励することは、利用可能なツールやリソースへのアクセスを民主化することと同じくらい重要です。従業員が自分に合った方法で学び、自分で目標を設定できるようになれば、従業員は自分自身の成長ストーリーの主人公になるのです。



もっと学ぶ準備はできましたか?


貴社の2024年のL&Dプログラムは、刺激的で充実していますか?我々Degreedのレポート「How the Workforce Learns」をご覧いただき、ビジネスインパクトを促進するために学習をどのように活用できるかをご覧ください。



 

By Tom Schultz, March 7, 2024

 

Comentarios


bottom of page