• DISCE

ケーススタディ:Citiが未来のL&Dチームをどのように構築したのか

原文「Case Study: How Citi Built the L&D Team of the Future


CitiがオンプレミスのLMSからSaaSのラーニングプラットフォームに移行した時、運用方法の変更を余儀なくされました。これは新しいプロセスと役割を意味します。具体的には、Citiは、新しいモデルを支援するために、運用、テクノロジー、L&Dの各機能を横断して移行する必要がありました。


彼らは、Degreedを使用して、組織内の多数の役割に必要なスキルを再定義しようと試みました。「従業員のスキルをどのように評価し、どのような変更を加える必要があるかを検討しましたが、部門を再評価するために社内の部門も見直す必要がありました。」と、Citiのデジタルラーニング&タレントテクノロジーのグローバル責任者であるPeter Fox氏は述べました。


移行の一環として、Citiは3つの新しい役割に投資しました。



1. ガバナンス


Citiは、常に評価されるように、システムがグローバル戦略とマッチしていることを確認するためのガバナンスチームを編成しました。



2. データと分析


CitiのL&Dチームは、データと分析のスペシャリストを新たに雇い、従業員からフィードバックされるデータを調査しました。目標は、データを活用して従業員が必要なものを確実に入手できるようにすることと、より大きな戦略決定を知らせることです。


3.イノベーションとエマージェンシーテクノロジー


イノベーションは、業界で起こっていることを常に把握し、Citiが革新的であり続けることを確実にする機能横断的な役割です。この担当者はまた、社内チームと協力してビジネス上の問題やギャップを理解し、業界で行われているベストプラクティスに基づいてソリューションを見つけ、対応しています。


日本語版の詳細なケーススタディをご希望の方は弊社ディーシェにお問い合わせください。


By Sarah Danzl, July 2, 2019


#導入事例

#人材開発の未来

#スキルマネジメント

#スキルギャップ