top of page
  • 執筆者の写真DISCE

ラーニングでバーチャルオンボーディングプロセスを強化する方法

更新日:2023年11月27日


従業員と会社の関係において、第一印象は重要です。オンボーディングは、新入社員の生産性を左右するものであり、その従業員がいつまで会社にとどまるかを左右する可能性もあります。


リモートワークやハイブリッドワークを採用する企業が増える中、そのような環境下においても企業は人材を素早く獲得し、活躍してもらわなければならないという新たな課題に直面しています。バーチャルオンボーディングを利用すれば、新入社員がどこにいても、業務に関する情報を提供でき、充実した会社紹介をすることができます。


しかし、Zoom会議をスケジュールするほど簡単ではありません。ここでは、バーチャルオンボーディングがなぜ有効なのか、どのように始めればいいのか、そしてバーチャルオンボーディングの取り組みを「良い」ものから「素晴らしい」ものにするためにリモートラーニングと人材開発をどのように利用すればいいのかを見ていきましょう。



オンボーディングは本当に重要


中途採用者や新入社員の職場への導入がうまくいかないと、従業員の定着率が悪くなります。一方、強力なオンボーディングプロセスは、従業員の定着率を82%も高めるという調査結果もあります。また、生産性も70%向上します。


リモートオンボーディングも、いくつかのハードルをクリアすれば、同じような効果が期待できます。



バーチャルオンボーディングはチャレンジ


リモートワークソリューションにより、遠隔地にいながらにして、より簡単に業務をこなすことができるようになりましたが、それでもまだオンボーディングプロセスには次のようなハードルがあります。

  • リモートワーカーは会社やチームから孤立しているように感じることがある。

  • 必要な機材の調達やセットアップが、長距離の場合には困難。

  • また、全体を見渡せないため、どこに相談すればよいのかがわからない。


しかし、適切なアプローチをとれば、効果的かつパーソナルなバーチャルオンボーディングが可能になります。



エンゲージメント戦略からすべてが始まる


歓迎され、生産的な第一印象を与えるには、人々が何を必要としているかを予測することです。

  • まず、明確なロードマップを作成します。入社時チェックリストを作成し、期待されることを示すことで、混乱をなくします。従業員ハンドブックや契約書などの書類、ミーティングのスケジュール、必要なトレーニングのアジェンダなどを盛り込みましょう。

  • 従業員がすぐに仕事を始められるように準備します。パソコン、電話、その他の機器は、入社前に届くように発送します。ソフトウェアを事前にインストールし、アカウントを設定します。そして、すべての設定方法と使用方法を周知徹底しましょう。

  • 新入社員が歓迎されていると感じられるようにします。新しいチームメイトと交流する機会を設けましょう。チームリーダーを個人的な会話に参加させたり、ライブセッションに参加できないチームメンバーに歓迎のビデオを録画させたりすることも可能です。



学習効果を高める


バーチャルオンボーディングに、学習と能力開発を取り入れると、目的を達成しやすくなります。新入社員に企業文化を紹介し、歓迎されていると感じさせ、生産性を高めるための準備をさせる素晴らしい方法です。


新入社員にどのようにアプローチし、彼らを溶け込ませるか、よく考えてみてください。


1. 役に立つラーニングテクノロジーを検討する


今日の学習者のニーズを満たすことができるツールを使って、トレーニングを展開しましょう。インタラクションとラーニングを魅力的にし、ナビゲーションを容易にするプラットフォームを探しましょう。また、さまざまなソースからトレーニングコンテンツを取り込むことができるソリューションも探してください。私たちは、Degreedを使用することで、新入社員の生産性向上時間が20%増加したことを確認しています。


2. パーソナライズされたラーニングパスを提供する


学習内容を従業員の目標に関連付けることで、従業員の成功に投資していることを最初から示すことができます。初回ログイン時に各人の職務役割を認識できるような、カスタマイズされたラーニングパスを作成しましょう。新入社員には、歓迎のメッセージに続いて、オリエンテーショントレーニングモジュールと、必要なテクニカルスキルのコースへのリンクが表示されるようにします。


3. 参加型トレーニングのベストプラクティスを活用する


オンライントレーニングというと、遠隔地にいる従業員が一人で、スクリーン上の静止したスライドをじっと見ているようなイメージがあるかもしれません。しかし、バーチャルな環境は、実はエンゲージメントを高めるチャンスでもあるのです。


ビデオやアニメーション、インフォグラフィックなど、さまざまなメディアを活用して、楽しく、適切なトレーニングを行いましょう。また、インタラクティブにすることも重要です。多肢選択式のクイズなど、画面との連動が必要なアクティビティも盛り込みましょう。


4. 参加者を紹介し、話をさせる


参加者がお互いを知ることで、チームワークが生まれます。ブレイクアウト機能を使って、少人数でのディスカッションを行うなど、参加者同士がつながる機会を設けましょう。また、リアルタイムで投票を行い、他の参加者が内容をどう感じているのかを確認することもできます。また、グループ演習やロールプレイのシナリオを設定し、リアルタイムで協力し合えるようにします。


健全な競争を重視する企業文化であれば、ゲーミフィケーションを取り入れるのもよいでしょう。トレーニングで最も多くのポイントを獲得した人を示すリーダーボードがあれば、社員のモチベーションが上がり、同僚との接点も増えます。



復習と繰り返し


バーチャルオンボーディングの一環として学習を行うことで、従業員が力強くスタートできるよう支援することができます。しかし、このようなポジティブなインパクトは一度きりで終わるものではありません。


貴社の職場は進化し続けています。同時にコンテンツやプロセスも進化させる必要があります。貴重なフィードバックを継続的に収集することで、遅れをとらないようにしましょう。そのトレーニングは人々の関心を引きつけるものだったのか?新しい職務役割を果たすための準備となったのか?何が「良かった」のか、何が「もっと良かった」のかについて、参加者にアンケートを取りましょう。フィードバックに基づき、改善しましょう。このように、毎回修正と改善を繰り返すことで、すべての従業員に良いオンボーディング体験を提供することができるのです。

 

By Degreed, September 27, 2022

 

Comments


bottom of page