• DISCE

eラーニングに含めることができる6種類のビデオ

原文「6 Types of Video You Can Include in E-Learning

これまで、ビデオのキャプチャ、編集、およびパブリッシュには、高価なソフトウェア、多くの時間、プロによるサポートが必要でした。しかし、今日のリソースとアプリを使用すると、誰もがビデオを作成して共有することがこれまでになく簡単になりました。YouTubeのチュートリアルからTikTokのトレンドまで、ビデオはいたるところで利用されています。


eラーニングのビデオも継続的に進化しています。ビデオは、スタンドアロンコンテンツとして、またはインタラクティブなeラーニングコースの一部として機能できます。また、eラーニングにビデオをクリエイティブに含める様々な選択肢があります。最も人気のある6つのタイプと、適用シーンを見てみましょう。



1. ソフトウェアチュートリアル


新入社員向けトレーニングを作成する場合でも、新しいアプリの使い方の場合でも、既存のツールをさらに活用する方法を学習者に示す場合でも、ソフトウェアやWebアプリの詳細を教える必要があるかもしれません。スクリーンキャストを使って最も一般的に作成できるビデオの一種であるソフトウェアチュートリアルをお勧めします。スクリーンキャストは、文字で手順を示すのではなく、画面で手順を示すことができるため、学習者に教えるのに役立ちます。


スクリーンキャストを作成するには、プロセスの各ステップを学習者に説明するために、画面とマイクをレコーディングできるアプリが必要です。Articulate 360に含まれるPeek 360は、これをすばやく簡単に行う優れたアプリです。また、パソコンのWebカメラであなた自身の顔を同時にレコーディングしながら画面のスクリーンキャストをレコーディングしたい場合はReplay360をお勧めします。


Peek 360で記録されたスクリーンキャストのサンプルをご覧ください。



2. HowToとデモンストレーション


日曜大工のHowToビデオを見るためにYouTubeにアクセスしたことはないですか?家具の塗装方法を紹介するこのビデオは、500万人以上がアクセスしています!手順を口頭で説明されるよりも、実演するのを見る方が学ぶのに簡単だからです。そして、この種の学習は、日曜大工だけにとどまらず、職場でのトレーニングにも最適です。


HowToビデオはシンプルですが効果的です。新しいタスクやプロセスを教える時は、各ステップを記述するよりも、ビデオで提示する方がはるかに簡単で手早いからです。HowToビデオを使用すると、学習者はあるポイントにジャンプして重要な手順を再度確認することもできます。また、プロセスのステップを示すことで、視覚的な手がかりとコンテキストが与えられ、誤解を避けるのにも役立ちます。



3. レクチャー


レクチャービデオは、SME(分野専門家)などのプレゼンターが、学習者が参加できない可能性のあるライブトレーニングを提供する時に作成されることがよくあります。レクチャービデオは、Ted Talksのように、ストーリーテリングや長いコンテンツをより魅力的に提示するための優れた手法でもあります。


レクチャービデオでは、コンテンツを1回レコーディングするだけで、すべての学習者が自分の都合の良い時間に視聴できるようにすることができます。プレゼンターをレコーディングしてビデオをコースに追加するか、LMS(学習管理システム)にアップロードするだけです。


このRise360で作られたサンプルは、レクチャービデオをインタラクティブな要素と組み合わせて、主旨を強調しています。

サンプル



4. インタラクティブビデオ


インタラクティビティと言えば、インタラクティブビデオについて話しましょう。ビデオコンテンツを共有したいだけでなく、学習者が集中していることを確認したいですか?それとも、学習者がビデオを見ながら理解度を確認できるようにしたいですか?Storyline 360などのアプリを使用すると、撮影したビデオの上に、クイズや追加情報を追加することでインタラクティブにすることができます。これにより、学習者はコンテンツに関心を持ち続け、注意を払うようになります。


どのように作成できるかは、次の記事をチェックしてください。

サンプル



5. アニメーションビデオ


アニメーションビデオやモーショングラフィックスは、コンテンツを配信するための遊び心のある楽しい手法です。eラーニング用の漫画のようなものです。また、特殊な状況設定、または実際に生きている人と一緒にレコーディングできない場合にも使用できます。アニメーションビデオで説明できる、より多くのオプションがあります。


例えば、このコースはCOVID-19パンデミック時に作成されました。ほとんどの人が自宅で隔離されていたため、ライブビデオの撮影は簡単な選択肢ではありませんでした。リモートワークで成功する方法に関するこのコースに最適なモーショングラフィックビデオが作成されました。

サンプル



6. ホワイトボードビデオ


解説ビデオの一種であるホワイトボードビデオを使用すると、プレゼンターは、ビジュアルを「手描き」しながら、ストーリーを語ったり、トピックについて話したりできます。このスタイルのトレーニングは、講師がホワイトボードや黒板に図を描いている時に概念を説明する、学生時代によく見たスタイルです。


このスタイルのビデオのもう1つの用途は、ストーリーテリングです。ストーリーを共有しながら描くことで、コンテンツをより個人的で感情的なものにすることができ、学習者の注意を引くのに役立ちます。このスタイルのビデオは、「Draw My Life」に参加したクリエイターによって作成され、数年前にYouTubeで人気が高まりました。


次のホワイトボードビデオ例を実際にご覧ください。



その他のリソース


eラーニングでビデオを使用する様々な方法を見てきましたが、将来のプロジェクトにビデオを組み込むためのインスピレーションを得られることを願っています。それまでの間、これらの役立つリソースを確認して、ビデオ作成スキルを実践してください。


ご紹介したビデオタイプの中からいくつか試してみたい方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!


 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#eラーニング

#ビデオ

#作成