• DISCE

HRテクノロジーがビジネスアジリティとコラボレーションを促進する方法

原文「How HR Technology Drives Business Agility and Collaboration

この不確実な時代に多くの企業がビジネスアジリティを保てコラボレーションを促進し、従業員をアップスキルし、新しい産業界の発展に敏感に反応できるテクノロジーソリューションを探しています。実際、HRリーダーの3人に2人は、従業員と組織を変革する新しいタレント人材開発テクノロジーソリューションを探しています。特にリモートワークと分散業務形態への劇的なシフトが見られる現在、顕著です。


しかし市場は非常に雑多になり騒々しくなっています。現在、タレント人材開発のためのシステムとツールは様々で、1,000以上もあります。

誰しもが、どのテクノロジーを使用すべきか、そしてどのように導入できるか混乱しています。多くの製品の外観と主張は似ていますが、連携して機能したり、データを共有できたり、既存システムインフラに適切に適合するものはほとんどありません。そのことが最近の調査で判明した、HRテクノロジー導入の意思決定者の60%近くが自らの下した判断を後悔していると言っている理由です。

このテクノロジーに関する根本的な問題は、L&Dシステムとリソースが分断されていることによるものです。データを共有するために共同で機能したり、相互作用したりすることはほとんどありません。つまり会社全体のスキル(またはスキルギャップ)の全体像を把握できないという会社をよく見ます。言い換えると現在において、スキルと人材開発に関するデータはまだ不完全であり、これらの正確な洞察がなければ、HR部と経営層は、学習戦略、ビジネス戦略、社内モビリティ戦略、採用戦略を効果的に決定することができません。

今回公開するこのガイドは、今日の市場で選択できる様々なタレント人材開発ソリューションの違い、類似点、目標を理解し、それらがどのように連携して1つのエコシステムを構築できるかを理解するのに役立ちます。これは営業的な売り込みではなく、Degreedオリジナルの分析であり、世界で最もイノベーティブな組織の、最も進歩的なリーダーとの共同作業からの洞察が特徴です。

いくつかのテクノロジー企業、プロフェッショナルサービス企業、銀行でL&Dの上級職として歴任した読者の一人は、次のように述べています。

人材開発に投資を考えている場合はこれが非常に参考になります

日本語版のガイドは弊社ディーシェにお問い合わせください

By Isabella Lazzareschi, Content And Managing Editor March 24, 2020

#リソース

#人材開発の未来 #従業員の学習体験

#ラーニングエコシステム