• DISCE

キャリアモビリティを始める時です

原文「It’s Time to Get Started with Career Mobility


ビジネスの世界は進化しており、スマートな企業が手に入れています。最も機知に富んだビジネスリーダーは、キャリアモビリティを受け入れています。従業員への投資、タレント人材の育成、そして従業員のキャリアマネジメントの支援です。

7月、McKinsey社の調査員は、ディスラプションに直面しても持続、適応、伸長を目指す企業に、「アップスキルと再トレーニングのアプローチを刷新し、戦略的な労働力計画にアジャイルアプローチを採用すべき」ということを推奨しました。

最も革新的な企業では、従業員の学習が戦略的にオポチュニティと結びつくことで真のビジネス価値が生み出されることを経営陣は理解しているため、この取り組みはすでに進行しています。戦術レベルでは、企業が従業員のスキルとスキル開発を、伸長機会、ギグプロジェクト、メンターシップなどを探求するための継続的でリアルタイムな社内機会につなげる社内人材マーケットプレイスを形成する時に生じます。


貴社の基盤を築く


キャリアモビリティの価値を理解し、キャリアモビリティをサポートするために企業組織を適応させることは、非常に異なる2つの側面があります。

Degreedでは、強力なキャリアモビリティプログラムが4本の柱に基づいていると信じています。

  • 文化

  • スキル戦略

  • テクノロジー

  • 導入戦略

それぞれを詳しく見ていきましょう。


文化:マネージャーが差別化を生む


従業員育成をサポートするマネージャーと協力して企業文化を変革することが重要です。

業務遂行能力という視点でマネージャーを純粋に評価する場合、チーム内のタレント人材、特にスターパフォーマーの場合は特に確保しようとします。しかし、マネージャーがリーダーシップスキルで評価され場合、他チームとタレント人材を共有することに柔軟になり、他のチームリーダーからそのチームの人々を指導できるようになる可能性が高くなります。

『マネージャーが従業員の進歩と成功を支援することで実際に報われる文化がなければなりません。この種の文化は、トップダウン、そしてボトムアップでサポートされる必要があります。』とDegreed CLOのKelly Palmer氏は述べています。


スキル戦略:従業員のために


スキル戦略は、従業員とエクスペリエンスを最優先する必要があります。

『給与というのは、認識と報酬の一形態です。しかし、従業員の価値を表現する一部にすぎません。2番目の部分は、キャリアモビリティに関連しています。従業員が時間、エネルギー、専門知識、健康、努力で企業に貢献し続けるためには、スキルの育成とキャリアを守ることに企業が専念していることを従業員が知ることが重要です。』とDegreedチーフキャリアエクスペリエンスオフィサーのJanice Burns氏は述べています。

効果的なスキル戦略を通じて、従業員は会社のスキルデータを蓄積し始めます。これは、関連する成長機会を備えたキャリアモビリティシステムが機能するための重要なエンジンです。


テクノロジー


キャリアモビリティテクノロジーに関しては、従業員を中心に据えたソリューションを見つけることが重要です。

多くの場合、オポチュニティは、従業員が福利厚生を登録したり、パフォーマンスレビューを記録したり、休暇申請したりするのと同じシステムに埋もれています。これらは従業員がめったに使用しないシステムです。これらシステムは、従業員向けではなく、管理者がプロセスを標準化・自動化するためにデザインされています。

『第一の原則であり、最も重要なのは、エクスペリエンスとエンゲージメントです。』と、Degreedソリューションコンサルティング責任者のDanny Abdo氏は述べています。


『キャリアモビリティは、従業員が自発的にエンゲージすることに依存していることを忘れないでください。コンプライアンストレーニングのように、従業員に強制することはできません。私にとって、エクスペリエンスは、従業員にエンゲージしてもらいたいエクスペリエンスの背後にある価値を確立することから始まります。それが、ユーザーのエンゲージメントになります。そして、従業員が初めてエンゲージすると、エクスペリエンスが可能な限り快適で摩擦のないものにシフトします。そうすることで、従業員は引き続きエンゲージし、価値を授受するというサイクルを形成します。』


導入:フォーカスして迅速に


キャリアモビリティの導入では、海を沸騰させる必要はありません。

『企業内のすべての問題を解決するために、この1つの大きな戦略が必要だと考えています。しかし、最も成功している企業が行っていることは、解決しようとしている1~2つの問題に特に具体的にフォーカスして、できるだけ頻繁に、かつ迅速にソリューションを推進することです。』とDegreed Global Business Solutions ArchitectのSarah Mullens氏は述べています。

フィードバックとデータを収集するために小規模から始めて、その情報に基づいて反復および再設計することがすべてです。分析麻痺に陥らないでください。スタートしてこそ、そのフィードバックがあなたを導きます。


詳細を知りたいですか?


Degreedの新しいeメールコースである5 Days of Career Mobilityに登録して、さらに深く掘り下げましょう。

登録すると、Palmer氏、Burns氏、Mullens氏などのラーニング、タレント、テクノロジー、HRの専門家からアドバイスと洞察を得ることができます。

毎日、一口サイズのビデオ、記事、チェックリストにアクセスできます。フォーマルなコースを受講する時間がないことは承知しています(私たちもそうです)。そのため、これらのレッスンは1日15〜20分で完了するように設計されています。

始める準備はできましたか?今すぐ登録してください。

By Tom Schultz, Content Writer

October 28, 2020

#News

#ニュース

#キャリアモビリティ