top of page

ラーニングテクノロジーのご紹介(Chat GPT)

人事部門、人材開発部門のみなさまは「Chat GPT」というものをご存じでしょうか。これは、アメリカのAI研究団体「OpenAI」が開発したチャットボットです。米マイクロソフトが今後も大型投資をすることを発表しているので、目にした方も多いかと思います。


人事・人材育成の分野でもチャットボットは活用のシーンが増えてきていますが、まだまだと評価されている方も多いかもしれません。しかし、テクノロジーの進化は想像を超えることが多いです。数年後には自分の仕事や生活に影響してきます。テクノロジーが苦手な方も注目されているものを少し確認してみることは重要です。


「Chat GPT」の細かい説明は省きますが、今回、この「Chat GPT」を使ってブログを作成してみました。日本でのデジタルラーニングの浸透についてです。自分で作成した部分を含みつつまとめてみます。「Chat GPT」を使った部分は「」でくくり、色を分けておきます。どのようなものができるのか、ぜひ目を通してみてください。

 

日本でのデジタルラーニングの浸透について

コロナの影響により、企業における人材開発の環境は大きく変わりました。従来の集合研修中心から、Web会議ツールを使った研修やeラーニングを導入する企業が増えてきました。とはいえ、デジタルラーニングはなかなか中心になっていません。


従来からeラーニングはありましたが、なぜ日本ではそこまで活用されていないのでしょうか。


「eラーニングは、インターネットを使って学習を行う方法です。日本において、eラーニングが広まらない理由として次のようなことが考えられます。


1. 教育文化の違い: 日本の教育システムは、教師中心の学習方法が主流であり、自己学習やオンライン学習には慣れていないことが考えられます。

2. 技術的な問題: 日本においてはインターネット接続環境が整っていない地域があり、eラーニングを受けるためには高速なインターネット接続が必要であるが、これが困難なことがあります。

3. 質の問題: 日本においてはeラーニングの質が保証されていない、または質が低いという問題があることが考えられます。

4. 習慣の問題: 日本人は習慣的に教室で学習することに慣れており、オンライン学習には慣れていないことが考えられます。

5. 法的な問題: 日本においては、学習に関する法律が複雑であり、教育機関がeラーニングを導入するためには法律に沿った運用が必要であるが、これが困難なことがあります。


以上のように様々な要因がありeラーニングが広まらないことが考えられます。」


一方、いくつかの調査資料では、日本企業の従業員は、学習しないという結果が出ていますが、どうしてでしょう。


「日本のビジネスマンが学習をしない理由には、次のようなものが考えられます。


仕事とプライベートのバランス:日本のビジネスマンは、長時間働くことが求められるため、プライベートタイムが少なく、学習に費やす時間がないと感じることがあります。


成果が見えにくい:ビジネスマンは、学習したことがすぐにその結果を見ることができないと感じる場合があります。


時間やコストの関係:学習には時間やコストがかかるため、ビジネスマンは自分が持っている時間や費用を最大限に活用するために仕事に専念することを選ぶことがあります。


組織文化:日本の組織文化は、経験や能力を重視しており、学歴や学習による成果はあまり重視されないことがあります。


言語の問題:日本語以外の言語に自信がない場合、海外のe-learningプログラムを受講することができないと感じることがあります。


これらの問題を克服し、時間やコストをかけずに学習することができる方法を提供し、かつ結果が見えやすくなることができれば、ビジネスマンにとって学習はより魅力的になると考えられます。」


また、昨今はZ世代と呼ばれるデジタルが当たり前の世代がビジネスの場での主力になりつつありますが、Z世代はどのように学習しているのでしょうか。


「Z世代(Z generation、iGen, post-Millennials)は、1995年から2012年に生まれた世代のことを指します。彼らは、以下のように学習をする傾向があります。


オンライン学習:Z世代は、インターネットを使って学習することが好きで、オンライン学習プラットフォームやMOOCsなどを利用して学習することが多いです。


自己学習:Z世代は、自分のペースで学習することができる自己学習の方法を好みます。


ゲームベース学習:Z世代はゲームを通じた学習を好み、ゲームベースの学習アプリやプログラムを使って学習することが多いです。


ソーシャルメディア:Z世代は、学習に関連する情報を、ソーシャルメディアを通じて共有し、学習することが多いです。


スマートフォン:Z世代は、スマートフォンを使って学習することが多く、アプリを使って学習したり、動画やオンライン教材を見ることができるようになっています。


マルチタスク:Z世代は複数のことを同時にやることができる能力があり、学習中に他のことをすることも多いです。


Z世代は、オンデマンド、自己学習、ゲームベース学習、デジタル化など、新しい学習方法を求める傾向があります。企業や教育機関は、Z世代が求める学習方法に対応するために、新しい学習方法を提供する必要があります。」


このような背景の中、Learning Experience Platformを採用する企業が増えてきています。

このLearning Experience Platform(LXP)とは、どういったものなのでしょうか。


「Learning Experience Platform (LXP)は、学習者のニーズを中心に、学習体験を最適化するためのプラットフォームです。LXPは、学習者が自分のペースで学習をすることができ、学習コンテンツを探しやすく、学習記録を管理することができるようになっています。


LXPは、学習者が学習に取り組むために必要な機能を提供し、学習者が自己学習をすることができるようになっています。LXPは、学習者が学習をするために必要なコンテンツやツールを提供し、学習者が学習を継続するために必要なサポートを提供します。


LXPは、学習者が自分のニーズに合わせて学習をすることができ、学習者が学習をするために必要な情報やサポートを提供することで、学習者のモチベーションを高めることができます。また、企業や教育機関にとっては、学習者のニーズに合わせた学習プログラムを提供することができるため、学習効果を向上することができます。」


では、このLXPはなぜ注目されているのでしょうか。


「LXP(ラーニング・エクスペリエンス・プラットフォーム)は、従業員の学習とキャリアアップのために、パーソナライズされた魅力的な方法を提供することで、多くの注目を集めています。LXPを利用することで、社員は自分のニーズや興味に合わせたさまざまな学習コンテンツにアクセスすることができます。これにより、社員は自分のペースで、自分のスケジュールに合わせて学習することができます。さらに、LXPは、コンテンツ管理、学習記録管理、コミュニケーションツール、ゲーミフィケーション要素などの機能を提供し、従業員が学習プロセスを通じてモチベーションを維持し、積極的に取り組めるよう支援します。さらに、LXPはモバイルデバイスからアクセスできるため、社員は外出先でも学習することができます。これにより、従業員は勤務時間外でも簡単に学習を継続することができます。このように、LXPは従業員の能力開発に投資し、従業員のスキルを向上させたいと考えている企業にとって、魅力的な選択肢となっています。」


リスキリングや人的資本経営といったことが着目をされ始めている中、デジタルラーニングへの取り組みもまったなしになってきています。

 

いかがでしょうか。サンプルとして作成したので、Chat GPTの回答をそのまま使用しました。(一部は機械翻訳した文です)チャットに質問を投げかけるだけで、このような文章が作成できるのです。内容の信頼性については、「OpenAI」側も未完成の部分があるとしていますので、確認は必要ですが、それを踏まえても十分な回答が出ています。


さらに、日本語での質問も可能で、日本語で回答してくれることに驚きます。さすがに英語の方が、結果がでるまでの時間は早いですが、それにしても十分早いです。


直接の質問だけでなく、「次の内容をわかりやすく説明したい」という要望にも対応しています。これにより出力される文章が大きく変わります。


将来的には、これで学習を行うことができるようになるかもしれません。少なくとも学習のきっかけやちょっとした調査、資料作成支援には活用できそうです。IT企業の開発部門では、開発に活用しているエンジニアの方のいらっしゃるかと思います。


人材開発に関わる皆様も、このようなテクノロジーを少しチェックしてみてはいかがでしょうか。


#ラーニングテクノロジー

#LXP


bottom of page