• DISCE

ビジネス戦略を後押しするLXP

原文「LXPs Are Here to Stay — and They’re Driving Business Strategy


業界アナリストが公開した最新レポート「The Forrester Wave™: Learning Management Systems and Experience Platforms, Q4 2021」で最も重要な10のラーニングソリューションを評価した際に、1つのことが明確になったとDegreedは考えています。


それはラーニングエクスペリエンスプラットフォーム(LXP)は、eラーニングテクノロジー市場で大きな影響力を持っているということです。


その理由は、人がスキルを身につける際に経験することが、戦略的で成功したラーニングソリューションの核心であるからです。


この信念は、LXPのパイオニアであるDegreedの歴史を超越したものです。従業員と企業に同時に利益をもたらすようにデザインされたイノベーションを追求する今日の私たちの指針となっています。


Degreed共同創業者のDavid Blakeの言葉を引用します。『大学や教授に教えてもらうよりも、社会人になって人事部やL&D部の手によって管理される生涯学習の方が、より多くのことを学べるでしょう。どこでどのようにスキルを身につけたかにかかわらず、自分のチャンスを決めるのは自分が持つスキルであるべきです。私たちはその解決策の一端を担いたいと思いました。』


最近、Degreedは、The Forrester Wave™: Learning Management Systems and Experience Platforms, Q4 2021にForrester社が招待した企業として加わりました。この評価レポートでは、Degreedはリーダー企業として挙げられ、そのスコアは、タレントエコシステム連携統合、製品ビジョン、ロードマップ、コマーシャルモデルの基準でトップスコアを得ています。


The Forrester Waveは、ベンダー紹介の中でDegreedを次のように述べています。 『Degreedは、学習管理システム(LMS)に投資するだけでなく、学習者の体験を作り、企業側に有益な従業員データを提供するために、エコシステムのすべてから「やってみることで学ぶ」機会と学習に関する「シグナル」をもたらすというコミットメントを倍増させている。』



LXPがラーニングテクノロジー市場に与えた5つの影響


LXPがもたらした功績は否定できません。ここでは、LXPが学習の新しい基準に与えた重要な貢献について、またDegreedがどのように貢献しているかについて見ていきましょう。


1. 学習の科学を構造面、機能面、ユーザー体験面に適用


Degreedは、人のあらゆる学習方法に関与し、ガイドします。また、多様な学習体験やコンテンツ(ユーザー生成コンテンツ、ソーシャルラーニング、記事、ビデオ、クラスなど)を促進します。これにはコンテンツを作成、組み合わせ、展開する機能が含まれます。私たちの調査によると、人々は業務の内外を問わず、構造化されたもの、されていないものなど、様々な方法で学習しているにもかかわらず、それが必ずしもトラッキングされ、表面化していないことが示されています。


また、Degreedは学習者の進捗状況をフィードバックする方法を提供しており、学習者にはガイダンスを、企業には可視性を提供しています。また、明確なキャリアパスと適切な能力開発の機会を提供することで、従業員のモチベーションを高めます(これについては下記のNo.2を参照)。


もう一つ重要なことがあります。行動科学を活用して、ユーザーに関連するリソース、専門家、経験の場を推薦し、結びつけることができることです。


2. 仕事の流れの中で、パーソナライズされた適切な学習を提供する


今日の仕事の世界では、集合研修型、ヴァーチャル研修型、ビデオ、自習型、体験型、ソーシャルラーニングなど、様々な学習方法が取り入れられています。新しいスキルや役割のために学ぶためには、これらの選択肢のいずれもが重要となります。


現在、学習を提供する方法は数多くありますが、個々の従業員のニーズに合った学習やキャリア開発の機会を選ぶのは、依然として複雑です。Degreedはこのような状況を打破するために、スキルの推論(Forrester Waveでいうところの「シグナル」)を用いて、パーソナライズされた学習体験を提供します。これにより、学習者のニーズや目標に基づいて関連するコンテンツを推奨し、適切な仕事の機会を提供することができます(詳細はNo.4を参照)。


最新のレポート「How the Workforce Learns」によると、学習文化を肯定的に評価している労働者は、70|20|10モデルの3種類の学習体験(経験、薫陶、研修)をすべて実践する傾向があることがわかりました。また、組織の内外を問わず、多様な視点からの意見を取り入れる傾向があり、学習は時間のある時もない時も可能であることを証明しています。


当社Degreedのプラットフォームは、クラウド上で稼働しており、Degreedのモバイルアプリでいつでもどこでも利用できます。Google ChromeブラウザのDegreed拡張機能を使えば、学習者はWeb上で見つけたトピックをより深く掘り下げ、関連する学習コンテンツにすぐにアクセスすることができます。また、Microsoft Teamsとの連携も可能です。


3. L&Dを支援するツールの統合


これからのL&Dは、パーソナライズされた学習を遠隔地からより少ないコストで提供することが求められています。それと同時に、かつては人事部の管轄であった期待が、現在のCEOの課題として取り上げられています。


従来、L&D部門は、従業員のパフォーマンス、コンプライアンス、ビジネスニーズを満たすための一般的な従業員教育の準備に責任を負っていました。これらの古い期待はまだ残っていますが、それに加えて新しいイニシアチブがあります。ラーニング部門のリーダーは現在、人材不足の中、従業員をより機敏に、革新的に、健康的に、包括的に、そしてそれ以上のものにする責任をますます負っています。


Degreedは、ラーニング部門のリーダーが、ビジネスパフォーマンスとレジリエンスに大きな影響を与える戦略的なビジネスパートナーとなることを支援します。Degreedによる戦略的な連携統合により、プラットフォームの管理が合理化され、リーダーがプログラムについてより良い判断を下し、成功指標を設定・把握し、最も必要なリソースを特定し、将来を予測するためのデータが提供されます。


4. 新しいスキルを実践するための体験学習の機会を提供する


キャリアの流動性や経験的な学習は、すでに従業員にとってのメリットと考えられています。しかし、もしラーニング部門リーダーが、組織全体に測定可能な影響を与える新しいスキルの構築と実践を支援することに焦点を当てたらどうでしょうか。


人を雇うことは、その人の成功に長期的な投資をするということです。その投資とは、ある役割を果たすために最適な人材を見つけることだけではありません。長期的に人材の成長を促し、サポートすることであり、相互の信頼関係を築き、社内の経験の場を利用して人材を成長させることです。


ラーニング部門や人事部門は、従業員の離職に伴うコストの高さを常に理解していますが、Gallup社の最近の調査では、離職がいかに大きな問題であるかが明らかにされています。離職した従業員の生産性への影響は、年間給与の18%に相当します。Gallup社の計算によると、平均給与が5万ドルの従業員が1万人いる会社では、離職によって年間6,030万ドルのコストが発生することになります。


Degreedの経験学習ソリューションは、ダイナミックな場を創出し、貴社の従業員を、貴社のビジネスにとって今最も重要なプロジェクト、ギグ、ストレッチアサインメント、メンターシップに結びつけます。


5. 直感的なデータを利用したツールで、目標とするスキルを身につける


今日の複雑な仕事の世界では、レジリエンス(回復力)を積極的に重視する必要があります。その結果、すべての企業は、より良い計画を立て、実践するために、従業員のスキルと能力を見る洗練された方法を必要としています。


Degreed Intelligenceは、従業員、マネージャー、ラーニングリーダーが組織全体で必要なスキルを理解し、構築できるように設計された一連のツールを提供します。コストパフォーマンスに優れたこのツールは、学習やスキル向上のための活動を、スキルの需要と供給を把握し、より賢明な意思決定を行うためのインサイトに変えることができます。


例えば、Skill Coachは、チーム内のスキルを発見、構築、評価するための直感的なツールキットで、能力開発目標を設定し、最も重要な場所で学習を行うことができます。Skill Reviewは、機械学習とスキルインサイトを使用して、ビジネスに必要なスキルや、そのスキルを持つ人、これから必要とする人、スキルを持つ人を欲する人に関するスキルインテリジェンスをリアルタイムに提供します。


そのデータから分析結果を生成し、アプリ内のダッシュボードのレポート、ビジュアライゼーション、インサイトとして構成します。


当社の新しいアルゴリズムは、Degreedからスキルデータを引き出し、シンプルでインテリジェントなダッシュボードにパッケージします。この専用ソフトウェアは、Degreedプラットフォームを強化し、データサイエンスの複雑さを解消します。


高度なスキル分析によって全体像を把握することができれば、計画を立て、対応し、より良い戦略的ビジネスパートナーになることができます。



学習の未来はこれまで以上に明るい


私たちは、市場の動向に期待しています。そして、より幅広いコンテンツリソースとの連携、パーソナライゼーション、機械学習の機能を強化するDegreedの継続的な開発にも期待してください。


これらのイノベーションやその他のテクノロジーは、学習体験を深め、キュレーションやトラッキングの負担を軽減することを約束します。そのため、ラーニング部門のリーダーはより価値のある役割を担い、貴社ビジネスの救世主になることができます。つまり、個人的な目標だけでなく、主要なビジネス目標を達成するために継続的な学習を行う熟練した従業員をサポートすることができるのです。



さらに詳しく知りたい方は


レポート「The Forrester Wave™: Learning Management Systems And Experience Platforms, Q4 2021」をご覧いただき、Degreedがリーダー企業に選ばれた理由や、今年LMSやLXPへの投資を検討している企業へのForrester社のアドバイスをご覧ください。


 

By Jennifer Jones, Director, Product Marketing

February 22, 2022

 

#News

#ニュース

#LXP

#人材開発の未来

#従業員の学習体験

#ラーニングエコシステム