スキルライフサイクルPart2:ベンチマークはベースボールだけのものではない

原文「The Skills Lifecycle Part 2: Benchmarking isn’t Just for Baseball


私にとってベースボールシーズンの始まりは、祖父の膝の上にたたずむ子供時代を思い出させます。大人になってからは、シーズンの始まりはオハイオ川沿いへの試合当日のピクニックと、私の正面玄関から聞こえるシンシナティレッズのホームランによる花火の騒ぎを聞くことです。


人はベースボールに参加するための独自の儀式を持っています。DegreedのCEOであるChris McCarthyは息子が所属しているチームのコーチをしています。一方、当社の企業開発責任者であるJonathan Munkは、それほど魅力的ではないチームスコアキーパーの役割をボランティアでやっています。


ベースボールのスコアキーピングと統計分析は、21世紀に新たな注目を浴びました。2002年に、オークランド・アスレチックスのフロントは、ゲーム内のパフォーマンスに関する堅牢な分析を重視して、スカウティング部隊からのフィードバックと伝統的な評価基準を廃止しました。sabermetricsとして知られているこの分析は、低い給与にもかかわらず資金的に優位なチームに対して競争力を維持することを可能にした非伝統的な人員配置決定をアスレチックスにもたらしました。彼らの方法論は、Michael Lewisの2003年の著書 『マネーボール:不当なゲームに勝つための芸術』のテーマとなり、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネジャーBilly Beane役としてBrad Pitt主演で2011年に映画化されました。


デジタル時代の成功基盤として、企業もデータドリブン型になりつつあります。スキルライフサイクルの第2段階であるベンチマークでは、従業員のスキルセットを測定します。このデータを作成することで、意思決定を改善し、人事業務のスピードを上げることができる堅牢な分析が可能になります。



スキル測定が解放するのは何か?


神経断裂と肘の手術の後、オークランド・アスレチックスのキャッチャー、Scott Hattebergのベースボールキャリアは終わったように見えた。しかし、Billy Beaneは見方が違っていました。オークランドの契約更新シーズンに、Beaneは、Hattebergの高い出塁率に着目し、ファーストへのコンバートするためにHattebergをコーチするという契約でHattebergにアスレチックスとの1年契約を提示しました。


Beaneは、Hattebergがキャッチャーからファーストへコンバートできることを知っていました。なぜならHattebergのスキルに関するデータを持っていたからです。実際、Beaneは全プレイヤーのスキルデータを持っており、それらのスキルを適切な場所・タイミングで配置するためにデータを使用していました。これは、アスレチックスの重要なシーズンに報われ、彼らは、アメリカンリーグ西地区に勝った後、記録的な20ゲームの連勝を達成し、2002年と2003年にプレーオフに登場しました。Theo Epsteinは、ボストン・レッドスキンズと、その後にシカゴ・カブスにその方法を伝授し、それぞれ長い呪縛を破り、いくつかのワールドシリーズを勝利することで地位を獲得しました。


<