• DISCE

Degreed導入事例:Mastercardが導入3年後にもたらした業績

最終更新: 6月24日


原文「Success Story: How Mastercard Returned to its Technology Roots


クレジットカードがコンピューティングの歴史における主要なマイルストーンであった頃、あなたは物心がついていない子供で覚えていないかもしれません、もしくはまだ生まれてなかったのかもしれません。クレジットカードの処理システムは、初期のコンピュータネットワークを代表する一つでした。そしてクレジットカードの細い磁気ストライプは、データの扱い方という面で画期的でした。

Mastercardは、1966年に始まったクレジット業界の初期のイノベーターでした。しかし数十年の間、キャッシュレス決済のコアテクノロジーは変わっていませんでした。イノベーションは氷河期時代のペースまで減速していました。

しかしクレジット業界は、この10年間で劇的に変化しました。スマートフォンは無数の新しい支払方法を可能にし、ベンチャー企業は積極的にこの市場に参入しました。競争力を維持するために、Mastercardはテクノロジー企業としての出発点に立ち戻る必要がありました。

つまり学習することによる、必要とされるスキルを再構築することがこれまで以上に重要になったのです。Mastercardでは、既存の従業員は新しいテクノロジーに対応できるようリスキルが求められ、テクノロジーに精通した外部からの新規採用者もクレジット業界の専門知識を身につける必要がありました。

Mastercardがパーソナライズされたラーニングプラットフォームを導入するためにDegreedを採択したのは、まさにそのためです。導入して3年後、Mastercardのビジョンが実現したことが明確になりました。Mastercardがどのようにしてビジョンを実現したか、最新の事例をダウンロードしてご覧ください。


Mastercardの最新事例の日本語版は弊社ディーシェにお問い合わせください。
こちらのページ下部に記載されているMastercardの事例は導入直後のものです。

By Nick Welna, Writer

May 27, 2020

#導入事例