• DISCE

新入社員オリエンテーション研修に含めるべき事項

原文「What to Include in New Employee Orientation Training


あなたが就職して、オンボーディングトレーニングを受けた時を思い出してください。大量のコンテンツを学ばなければならなかったですか?まったく新しい従業員の場合は、それ自体がプレッシャーです。それに加えて、巨大な、整理されていないオンボーディングトレーニング教材は恐怖を感じることもあります。


大量のコンテンツで新入社員にプレッシャーをかけるのではなく、合理化して、余計なものは削除し、特定のタスクに集中し、従業員が数日から数週間で成功するために必要な重要情報に焦点を合わせます。しっかりとしたオリエンテーションプログラムを実施することは重要な利点があります。それは、新しいスタッフがより迅速かつ生産的に早く立ち上がることを確実にし、会社の時間とお金を節約できることです。


これは、新入社員オリエンテーション研修のコンテンツを作るのに役立つトピックのアイデアのリストです。



会社概要


文化と価値

会社の文化の説明を含めます。進歩的でリラックスした会社ですか?それとも真面目で保守的な職場ですか?会社のコアバリュー、ミッションステートメント、倫理綱領、企業行動規範がある場合はそれを共有することもできます。


会社の歴史

会社の歴史を短く、簡潔で、関連性のあるものを説明するようにしてください。会社がどのように、なぜ、いつ設立されたかについての説明と、会社の歴史における重要な出来事の短いタイムラインがあれば十分です。


チーム構造

新入社員に会社の構造を教えてください。組織図や、様々なチームとその中心的な機能の説明することを検討してください。各チームの主要人物の名前と連絡先情報を含めることも一案です。


リーダーシップ

新入社員オリエンテーション研修に、組織の経営層の短い経歴を含めることも一案です。


就業規則


勤務時間

勤務時間を明確に説明します。コアタイムを伴う事務職なのか、それともシフトやスケジュール設定を伴う小売業なのかによって異なります。必要に応じて、時間外勤務の方針や出退勤の詳細についても説明します。


休暇日

休暇日に関する詳細があれば、それらを説明してください。また有給休暇取得のプロセスを説明します。


その他

早退、欠勤、休憩、昼休み、出勤や休暇に関連するその他の方針や規則についても検討します。


補償


給与

従業員に給与の支払方法と時期を知らせます。給与期間と給与計算の控除や、場合によっては従業員が自分の銀行および金融機関に直接振込を設定する方法についての方法を提供します。


経費の提出

出張経費に関する会社の方針の概要を説明します。規則や日割、経費や領収書を提出する方法と時期に関する方法を説明します。


ボーナス、コミッション、昇給

会社がボーナスまたはコミッションを提供する場合、それらを取り巻く方針と従業員がそれらを受け取る方法とタイミングの説明を望むかもしれません。昇給や昇進に関する方針を含めることも一案です。


社会保障制度


保険

会社の健康、生命、障害保険プランに関する情報と詳細を提供します。契約またはカード発行のために必要なことがある場合は、その方法をトレーニングに含めてください。


貯蓄

貴社が提供する401k、退職、貯蓄プランについて従業員に知らせます。契約する必要がある場合は、どのフォームに記入する必要があるのか​​、またどのように登録するのかを知らせます。


その他

会社が、キャリア開発の機会、有償トレーニングや教育、従業員割引、製品の優遇率など、他の特典を提供している場合は、従業員に活用する方法を知らせてください。


システムとアプリケーション


コミュニケーションツール

Eメールや電話を含む、会社のすべてのコミュニケーションツールの使い方を新入社員に教える必要があります。SkypeやSlackなどの他のコミュニケーションツールを使用している場合は、学習者にどのようにアクセスしてそれらのツールを使用できるかを知らせます。


ソフトウェアとハ​​ードウェア

全社的に使用されているツール、Webサイト、システムの使用方法についての説明は、新入社員研修で説明します。このトレーニングでは、プリンター、コピー機、コーヒーメーカー、その他の機器の使用方法を含めることも一案です。


会社の方針


安全性とセキュリティ

従業員が安全性とセキュリティに関して知っておくべきことをすべてカバーします。駐車する場所、建物へのアクセス方法、従業員カードや入館証については、ここで説明します。


コンプライアンストレーニング

ハラスメント、ダイバーシティ、セキュリティトレーニングなど、すべての従業員が完了しなければならないコンプライアンストレーニングがある場合は、そのトレーニングへのアクセス方法を指示してください。


追加情報


よくある質問

FAQリストを追加してください。人事チームにここに含めるべきだと思う質問について尋ねてください。彼らはいくつかのアイディアを持っているかもしれません。


連絡先情報

新入社員が知っておく必要がある主要人物の連絡先情報をトレーニングに含めます。さらに質問がある場合には、誰が連絡をとるべきかについての詳細も提供する必要があります。



コース後の評価


簡単なアンケートで新入社員オリエンテーション研修をフォローアップしてください。どのような情報が欠けていると感じたのか、あるいはどの情報が不要であるのかについて、フィードバックを提供するよう従業員を促してください。これらの提案を参考にして、コースを改善してください。


サンプルコース


コンテンツをどのように構成し整理するかについてもっと多くのアイディアを得るためにこれらの例の新入社員オリエンテーションコースをチェックしてください。



この記事が役に立ち、新入社員オリエンテーション研修に何を含めるべきかのアイデアをあなたに与えることを願っています。



株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成

#事例