top of page
  • 執筆者の写真DISCE

学習者に注意を促すために知っておくべきこと

更新日:2023年11月27日

あなたは、ある関係者とミーティングを行い、つまらないトピックの新しいeラーニングコースについて議論しています。もちろん、あなたは彼らに質問をしたり、共有したいアイデアがあるのですが、彼らがあなたに求めているのは、SME(分野専門家)が作成した200枚のスライドをLMSに載せることだとすぐに気づきました。内容を絞り込むことも、トレーニングの目標に沿うようにすることもないのです。また、教材に興味を持たせたり、興味を持たせるような工夫をすることもないのです。


このようなやり方は、退屈で意味がないとわかっているからこそ、反対したくなるのでしょう。学習者は、4時間も自動で進むコンテンツに注意を払うことはないでしょうし、ましてやそこから学ぼうとはしないでしょう。そこで、よりコントロールしやすく、創造的な自由を得るために、人間の注意力が急速に低下しており、2000年には12秒間だったものが、現在では8秒間しかない、というかなりショッキングな主張を紹介する良い機会かもしれません。つまり、私たちの注意力は、金魚よりも短くなっているのです。


これでみんなの注目を集めましたね。


筆者は脳科学や注意力についての専門家ではありませんが、失礼ながら、この主張にはいつも少し・・・うさんくささを感じていました。そして案の定、インターネットを数分調べてみると、人間の注意力だけでなく、金魚の注意力も十分に理解されていないことが確認されたのです!つまり、金魚の注意力は、人間の注意力とは違うということです。よく言われる「人間の注意力は8秒しかない」というのは、実は根拠がないらしいのです。これは神話であり、ラーニングの専門家たちは、退屈なeラーニングとの戦いに勝つために、長年この神話に頼ってきたのです。


残念ながら、この誇張された主張を永続させることは、確証バイアスを垂れ流し、かなり複雑なテーマを過度に単純化することで、あなたやあなたのトレーニングチームの信頼性を追い込む可能性もあります。例えば、その1、今日、彼らは1時間の渋滞の中を車で通勤しているのだから、8秒以上の注意力があるはずだ、その2、単に何かを短くしても、人々がそれに注意を払い、そこから何かを学ぶということにはならない、と企業組織が気づくようにです。


そこで、2つの大きな疑問が残ります。ステークホルダーに何を伝えることができるのか?そして、学習者の注意を喚起するために使える、信頼性が高く、根拠に基づいたテクニックとは何でしょうか?


そこで、この分野の専門家にこれらの質問を投げかけることにし、Usable Learningの創設者であり、『Design for How People Learn』の著者であるJulie Dirksen氏と対談を行いました。このブログ記事の残りの部分は、明らかにマニアックな会話のハイライトです。



注意力の時間について


ブログ筆者:明らかに、私たちは注意を払っていない情報を処理したり、思い出したりすることはできないので、注意は学習にとって重要であるはずです。この点についてもう少し詳しく教えてください。


Julie:注意は多くの学習にとって重要な要素ですが、すべてではありません。例えば、ギターの弾き方を学ぶ場合です。体で覚える、筋肉を記憶させるためのコード練習など、継続的な練習をしている間は、頭がぼんやりすることがあります。人は、特定の作業を繰り返し行うことで、行動や動作を自動化し、無意識のうちに身につけることができます。しかし、最初は細心の注意を払う必要があります。しばらくすると、うまくできるようになります。


ブログ筆者:では、学習に種類があるということは、注意の度合いにも種類があるということでしょうか?


Julie:Patti Shankは注意についてとても役に立つ記事を書いていて、5種類の注意力があり、それぞれ異なるレベルの努力を必要とすると指摘しています。集中することは、大きな音や触られたことに反応するように、不随意的なものです。しかし、意志の力が大きくなればなるほど、努力のレベルも上がります。学習者に2つのことに同時に注意を向けるよう求めると(分割注意)、努力のレベルはより難しくなります。



即時性について


ブログ筆者:人の注意を引く方法はたくさんあると思いますが、どれが一番効果的なのでしょうか?


Julie:人々の注意を引く最も強力な方法の1つは、即時性の感覚を作り出すことです。プリンター修理に関する5分間のビデオを今すぐ見ることにどの程度興味があるかと尋ねたら、おそらく興味はゼロでしょう。しかし、同じ質問を、金曜日の17時にプリンターが故障し、必要な印刷物を退社前に提出しなければならない場合は、そのプリンター修理のビデオを見ることにより関心を持つでしょう。それは、それがあなたの現在の状況に関連していて、切迫感があるからです。人々は、派手だからビデオに注目するのではなく、すぐに役立つから注目するのです。


ブログ筆者:では、一般的なeラーニングコースで、同じような緊迫感を出すにはどうしたらいいのでしょうか?


Julie:ひとつは、提供する情報を使って解決しなければならないシナリオを、受講者に与えることです。そうすることで、その情報をすぐに必要としてもらえるようになります。



興味と関与について


ブログ筆者:なるほど。何かを解決する必要があると、その情報に注意を払うことがより緊急に感じられるというのは理解できます。でも、プリンターの修理というトピックは、私にとってもうひとつの重要な要素である「興味」を呼び起こすものです。


Julie:こんなことを言うとバカバカしいかもしれませんが、面白いことに注意を向けるのはとても簡単なことです。そして、何かに興味があれば、それに注意を向ける能力はほぼ無限大になります。


ブログ筆者:しかし、シェアしている内容が本当につまらない場合はどうでしょうか?


Julie:人は、面白くないものにも無理やり注意を向けることはできます。しかし、私たちが注意を金銭的な言葉で表現するのは偶然ではないと思います。基本的に、つまらないものに意志の力を使うよう求める場合、それには代償が伴います。私たちが話す限界のほとんどは、人がどれくらいの時間注意を払うことができるかということではなく、それはおそらくほとんど無制限でしょう。むしろ限界は、人が面白くないと思うことにどれだけ無理に注意を向けられるか、ということにあります。20分を超えることはないでしょうし、1分、あるいは数秒かもしれません。


もし、トレーニングが情報を提供すること、つまり、やるべきこととやってはいけないことを並べ立てたり、ポリシーや手順を指示することであって、実際に手を動かし、決断し、スキルを実践する機会を与えることではないなら、何も面白いことはないでしょう。これでは、参加者を惹きつける機会を失ってしまいます。教材に興味をもってもらうことで、人々の関心を引くことができるのです。



重要性について


ブログ筆者:受講者の関与を引くことができないトレーニングといえば、コンプライアンストレーニングのような「もしも」のシナリオに対処するためのトレーニングも思い浮かびます。このようなコースはさまざまな理由から重要なのですが、即時性や関心があまり感じられないようです。


Julie:多くの人が、与えられたすべてが重要だと言われるような組織で仕事をしています。「このコースはミッションクリティカルです。」「このコースの情報を理解することが重要です。」こういうものが続いてくると、疲労が蓄積され、やがてどれにも目を向けられなくなります。


重要性を伝える方法を考えてみましょう。ソーシャルプルーフ(社会的証明)とは、提供した情報を使って組織の人々がどのようなことをしているか、どのように彼らの仕事を向上させたか、といったようなもので、これは間違いなく人々の注意を引き、共有しようとしている情報が重要であることを示すものです。しかし、文字が多くてビジュアルデザインのない画面や、インストラクショナルデザインの形ばかりにとらわれた、専門用語ばかりの小難しい学習目標などは、共有する情報が重要でなく、有用でないことを示している例です。本当に重要で有用な情報であれば、もっと簡単に、もっとプロフェッショナルに、もっと適切でパーソナルに伝える努力をするはずだと、人は本能的に思うものです。


本当に役に立つもの、面白いものであれば、人はおそらく苦労して注目する必要はないでしょう。



まとめ


Julieの本を読んだり、業界のイベントでの彼女のセッションに参加したことがある人は、彼女のお気に入りのキャッチフレーズの一つである「インストラクショナルデザインの主な責任の一つは、認知負荷を冷酷に管理すること」を知っているかもしれません。


学習者に注意を促すには、かなり冷酷な管理が必要だと筆者は考えています。共有するコンテンツとその共有方法は、学習者の時間と注意に対する要求を尊重する必要があるだけでなく、そのコンテンツは、その重要性を示す方法で有用かつ魅力的である必要があるのです。


このトピックを楽しんでいただけたなら、Julie以外にも多くの業界のプロフェッショナルが、注意持続時間や記憶などの科学的裏付けについて話してくれています。Clark QuinnPatti Shankのような人たちをチェックしてみてください。金魚と注意力の神話の背景については、Julieのビデオや彼女のサイトDesignbetterlearning.comで詳しく知ることができます。

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comentários


bottom of page