• DISCE

2019年「Workforce the Learns」レポート

原文「The Workforce Is Strong With This One | 2019 Report


Degreedは、ハーバードビジネスパブリッシングコーポレートラーニングと共同で、最近、世界中の数百人の従業員、マネージャー、エグゼクティブを調査しました。


Degreedは、人々がどのように学習しているのか、どこに課題があるのか​​、そしてL&Dについてどのように感じているのかを知りたいと考えていました。L&D戦略に関するより賢明な意思決定を支援するために、最新のレポート、2019年版「Workforce the Learns」で結果をまとめました。


この調査により、ワークフォース(労働力)の混乱は現実のものであることが分かりました。現在のL&D戦略は、平均NPSが、-25(-100〜+100のスケール)という、とても低い評価を受けています。つまり、調査対象のほぼ半数が、企業組織のL&Dが提供するものに不満を感じています。5人に1人しか企業側から提供する教育プログラムを同僚に推薦しないということです。


しかし心配しないでください。企業提供の教育機会が不足しているにもかかわらず、このレポートで示しているのは、従業員がまだ学習を欲しているということです。


毎日、従業員の半数は、オンラインでの読書と検索・調査を通じて独自に学んでいます。毎週、大半の人が本、ビデオ、ポッドキャストを使用して、独自の学習を行っています。毎月、ほとんどの従業員はウェビナーを視聴したり、オンラインコミュニティに参加して、さらに深掘りしています。


これらの調査結果は、今日の学習者の実態を把握するのに役立つように抜粋したデータです。こちらからダウンロードし、すべてのデータをご覧ください。



By Nick Welna, October 8, 2019


#リソース

#レポート

#ハーバードビジネスパブリッシング