• DISCE

Rise360コースにロゴを組み込むクリエイティブな3つの方法

原文「3 Creative Ways to Incorporate Your Logo into a Rise 360 Course


ほとんどの企業組織は、自社のオンラインコースにブランドアイデンティティを反映させたいと考えています。通常、会社のブランドカラーを使い、コースデザインにロゴを組み込むことでブランドアイデンティティを反映させます。幸いなことに、これはRise360でとても簡単にできます。方法がわからない場合はこちらのブログ「Rise360コースをブランディングする方法」をご覧ください。


しかし、コース全体でブランドイメージを確実に表現したい場合はどうでしょうか。Rise360コースにロゴを組み込むエレガントな方法をいくつか紹介します。



1. イメージブロックを使用する


イメージブロックを使ってロゴを組み込むには、様々な方法があります。この方法は筆者が特にうまくいくと思う組み合わせです。



イメージ画像+テキストブロック

ロゴの視認性を高める1つの方法は、次のサンプルのように、テキストブロックの上の画像ブロックにロゴを追加することです。


テキスト+イメージ画像ブロック

少し異なる効果を得るために、逆のことを行うこともできます。


テキストとイメージ画像ブロック

別のオプションは、テキストとイメージ画像ブロックを使用して、テキストの横にロゴを配置することです。


イメージ画像ブロックの上のテキスト

またはイメージ画像ブロック上のテキストの場合は次のようになります。



2. 引用ブロックを使用する


Quote(引用)ブロックを使用して、通常は引用対象人物の写真用の場所にロゴを配置することもできます。ここにインスパイアされるいくつかの異なるサンプルがあります。


引用ブロックA


引用ブロックB


引用ブロックC



引用ブロックD



イメージ画像ブロックの上の引用



3. インタラクティブブロックを使用する


インタラクティブブロックは、ロゴを組み込むのにも適しています。組み込むためのいくつかの方法を見てみましょう。


プロセスブロック

簡単なオプションの1つは、このプロセスブロックの紹介スライドにロゴを追加することです。



イメージ画像+ナレッジチェックブロック

同じ色の背景を持つナレッジチェックの上に同色無地の背景のイメージ画像を追加して、ナレッジチェックブロックをブランディングすることもできます。これにより、シームレスにブレンドされます。




まとめ


これらは、コース全体でロゴにふさわしい可視性を与えるためのいくつかのアイデアですが、アイデアは無限です!創造性をわきたてる、他の方法も見てください。


上記のすべてのサンプル例が実際に動作しているのを見たい場合は、このRise360コースサンプルをご覧ください。


また、ブランディングされたeラーニングコースを制作するためのその他のヒントについては、次の記事をご覧ください。



ブランディングされたRise360コースを作成してみたいが、まだArticulate 360をまだご契約していない場合は、30日間の無料トライアルを開始して、製品をお試しいただけます。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

#Articulate360

#Rise360

#eラーニング