Rise360で画像トリミング機能を使用する

原文「3 Ways to Use the New Image Cropping Feature in Rise 360

Rise 360​​でゴージャスなコースをさらに速く簡単に作成できる新機能、アプリ内で画像の切り抜き機能が追加されています。Content Library 360の画像を使っている場合でも、独自の画像を使っている場合でも、Rise 360​​で画像を直接トリミングできるようになりました。この時間節約できる機能のおかげで、Rise360での画像の外観をより細かく制御できます。この機能が役立ついくつかのシーンを見てみましょう。



アスペクト(縦横)比を変更する


気に入ったContent Library 360の写真を見つけたけれど、縦向きではなく横向きにしたいと思ったことはありませんか?このトリミング機能を使用すると、Rise 360​​で画像のアスペクト比を直接簡単に変更できます。以下のGIFをチェックして、それがどのように機能するかをご確認ください。



画像の一部を切り抜く


下の写真の例のように、画像に強調したくない無関係なアイテムが含まれている場合にも画像トリミングツールは最適です。


元に戻したい場合に備えて、トリミングされていないバージョンの画像をRise360に保存することもできます。



画像のフォーカスポイントを変更する


Content Library 360からでもパソコン内からでも、画像をアップロードすると、Rise360が自動的にフォーカスします。ほとんどの場合うまくいきます。しかし、自分で調整した方がいよい場合もあります。たとえば、下のGIFのように人物の写真を挿入する場合、その人物の顔をフレームの中央に配置することができます。


新しい画像トリミング機能では、画像のフォーカスを変更するのに数秒しかかかりません。画像比率を維持するオプションもあり、非常に簡単です。


これらは、画像のトリミングによって時間を節約し、Rise360コースのビジュアルデザインをより細かく制御できるシーンのほんの一例です。


試してみたいけれど、まだArticulate 360をまだご契約していない場合は、60日間の無料トライアルを開始して、製品をお試しいただけます。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Rise360

#eラーニング