top of page
  • 執筆者の写真DISCE

効果的なインストラクショナルデザイナーになるための5つの習慣

更新日:2023年11月27日


習慣とは、「何気なく行っていること、定期的に行っていること」と定義されています。専門スキルの開発に関して言えば、新しい習慣、特に良い習慣を築くには、新しい行動や新しい考え方を意識的に繰り返すことが必要です。この「新しい」ことをすべて身につけるのは、少し大変なことかもしれません。そこで、プロフェッショナルとしての仕事を全面的に見直すのではなく、自分の仕事を向上させるためにできることを少しずつリストアップしていくのがよいでしょう。


何から始めればいいのかわからない?ここでは、筆者が知っている最も効果的なインストラクショナルデザイナーの行動から観察した5つの習慣を紹介します。これらの習慣のうち、あなたのアンテナに引っかかるものはありますか?



習慣その1:コンサルタントのように行動する


とても重要なSME(分野専門家)から、100枚のスライドからなるPowerPointをeラーニング・コースに作り変えてほしいと頼まれました。あなたはどうしますか?


このような依頼を受けると、自分やチームが非協力的に見られるかもしれないので断れないし、理由を聞く余裕もないと思うかもしれません。しかし、このような要求をやんわりと拒否してしまうと、熟練した情報通のビジネスパートナーとしてではなく、ブループレートスペシャル(安い定食)のようになってしまう可能性があるのです。


では、取引上の役割から、より協力的な役割に移行したい場合は、どうすればよいのでしょうか。それは、コンサルタントのように振舞うことです。もちろん、「コンサルタントは何をする人なのか」という疑問があるかもしれません。


まず、コンサルタントは次のことを行います。

  • クライアントのニーズや優先順位を理解するために、質問を投げかけ、より多くの情報を得ることで、プロジェクトに取り組む。

  • 過去の経験や直感だけでなく、根拠に基づいて提案する。

  • トレードオフ(落としどころ)の会話をリードする。クライアントが、早く、安く、人生を変えるような解決策を求めている場合に、コンサルタントは、クライアントの優先順位の決定を支援することが仕事であることを知っています。

  • コンサルタントが悪者になることも覚悟の上で、組織が受け入れがたいようなアイデアや解決策を提示することも必要です。



習慣その2:好奇心を持ち続ける


好奇心の衰えほど、創造性の衰退を早く告げるものはありません。効果的なインストラクショナルデザイナーは、より広いビジネス世界、クライアントや学習者が住む世界、クライアントの製品がどのように機能し、誰のためにデザインされているのかについて好奇心を持っています。世界に対する好奇心を育むことで、あなたは自分の目的とつながり、仕事からインスピレーションを得ることができます。


この習慣を身につけるには、次のような方法があります。

  • 自分の業界について読む。記事、ブログ、書籍は、オフィスの外で自分の仕事の世界を探求するための素晴らしい方法です。本を読む時間がない?通勤時などのオーディオブックやポッドキャストも良い選択肢です。

  • 同僚、学習者、顧客とつながる機会を探す。ランチタイムの会話に割り込むことを恐れず、新しい仲間に自分を紹介しましょう。人は自分のことを話すのが好きですから、彼らが何をしているのか興味があることを伝えましょう。

  • 一日中、紙とペン(またはデバイスのメモアプリ)を手元に置いておくこと。疑問を書き留め、その答えを見つけることを自分の使命としましょう。



習慣その3:SMEとのパートナーシップを築く


100枚のスライドを使ったPowerPointファイルを持つ、とても重要な役割のSME(分野専門家)を覚えていますか?信頼関係を築き、協力し合うことで、不当な要求の芽を摘むことができるのです。


どうすればいいのでしょうか?いくつかのポイントをご紹介しましょう。

  • あなたが自分の仕事を大切にするプロであることを示すこと。ミーティングの前に予習をし、質問を用意しておく。メモを取り、重要なポイントを明確にし、そのメモをもとに提案する。

  • 人間関係を構築する。たとえミーティングの片手間にでも、SMEの課題、環境、考え方について知る時間を設けましょう。他の人がどのように働いているかを知ることは、とても興味深いことです。

  • あなたとSMEは同じ目標を持っていることを忘れないでください。特に、困難な状況に陥ったときには、この共通の目標を拠り所としてください。

  • 特に、支配欲の強いSMEがいる場合は、もっと自己主張するようにしましょう。SMEは通常、多忙で、常に即座に厳しい決断を迫られます。あなたの積極的な姿勢が、彼らを納得させ、あなたを信頼して仕事を任せるきっかけになるかもしれません。



習慣その4:関連する業界の動向を研究する


自分の業界に対する好奇心を維持することは素晴らしいことですが、他の業界からも学び、応用することはどうでしょうか?ユーザーエクスペリエンスデザイン、グラフィックデザイン、ウェブデザインに関連する業界のトレンドを研究することで、新鮮なデザインのアイデアやベストプラクティスを継続的に得ることができます。


PinterestやDribbbleなどのサイトは、ユーザーインターフェースデザイン、ユーザーエクスペリエンスデザイン、ウェブデザインやグラフィックデザインのトレンドを把握するのに最適なサイトです。TwitterやLinkedInは、関連業界のオピニオンリーダーをフォローし、彼らが仕事に役立つと感じた記事やリンクを共有してもらうのに最適な場所です。また、E-Learning Heroesは活気に満ちたリソース豊富なコミュニティで、同じeラーニングのプロとつながり、彼らの課題や解決策から学ぶことができます。



習慣その5:基準を明確にする


多くの場合、クライアントは私たちの仕事を、静的なスライドに単に「インタラクティブ性」を追加するものと解釈しています。あなたのチームは、無意識にクリックすることが学習者の注意を引くことにならないことを知っていますが、クライアントはそう思っていないかもしれません。クライアントから「もっとクリックできる箇所を増やしてほしい」と言われることがあるかもしれませんが、それは「他にどうすればいいかわからないから」です。そのため、あなたの仕事はコースを「より魅力的にすること」だと感じてもらうことです。


クリック数を増やす代わりに、インストラクショナルデザインの力を借りて、コンテンツの別の扱い方を示すモックアップやプロトタイプを素早く作りましょう。単純なリライトで済む場合もあれば、もっと大幅な見直しが必要な場合もあります。しかし、目標は、クライアントにとってより意味のある、より具体的な方法で、クライアントの基準を定義するのを助けることです。


もちろん、効果的なインストラクショナルデザイナーになるための習慣は、この5つだけではありません。ここでは、その中でも特に重要な5つを取り上げました。あなたは、インストラクショナルデザインを向上させるために、他にどのような習慣を培っていますか?

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page