• DISCE

Rise 360コースで画像を使用するクリエイティブな7つの方法

原文「7 Creative Ways to Use Images in Rise 360 Courses


コース作成が終了した後、自分自身で「うわー、テキストだらけ。。。」と考えたことがありませんか?もしそうなら、あなただけではありません。文章中心のコンテンツは多くの人にとって最も身近なコミュニケーション方法であるため、コースがテキスト中心になってしまうのはしごく自然なことです。しかしテキストを多用されたコースでは、学習者が拒絶反応を起こすこともあります。それは誰もが望んでいることではありません。


それでは、コースをより軽く、親しみやすいものにする場合にはどうすればよいでしょうか?その場合は、関連する画像をいくつか追加して、テキストコンテンツを分割します。今、私はあなたが何を考えているかを知っています。「私のコンテンツに適切な画像がない場合はどうすればいいのだろう?」もちろん、心配ありません!Rise 360​​はContent Library 360と統合されているので、450万以上の素材集をクリックするだけです。そして、あなたのコースでそれらを使用できる多くの場面があります。Rise 360​​コースに画像を追加する創造的なアイデアをいくつかの見てみましょう。


1. 箇条書きをフラッシュカードに置き換える

箇条書きブロックを使う代わりに、前面に画像があるフラッシュカードブロックを使用してみませんか?コースのテキストが重く感じられないようにするだけでなく、学習者がコンテンツに積極的に関与するよう促すことができます。


2. 背景画像付の引用文

引用文は、重要なメッセージを記憶に残し、学習者に刺激を与える素晴らしい方法です。背景画像を引用文に加えることで、引用文に注目を集め、多くのテキストを含むコースで単調さを解消できます。


3. 確認テストやクイズの質問を表現する

クイズはテキストだけにする必要はありません!画像やイラストを追加して、確認テストやクイズの質問に視覚的なイメージを追加します。


4. 背景画像を加えて重要ポイントを際立たせる


学習者が重要ポイントを見落とさないようにする場合は、段落文章からメッセージを引き出し、背景画像を追加することで強調することができます。学習者の注意を引くことができる方法です。



5.箇条書をラベル付グラフィックに置き換える

よりクリエイティブな方法で箇条書を表示する方法を模索している場合は、上記の例のように、Content Library 360でコンテンツに適した画像を検索してみてください。その後、画像上の任意の場所にマーカーを追加して、学習者がクリックして詳細を表示できるようにします。


6. 幅いっぱいの画像でコンテンツを分割する

一連のテキストブロックを連続して使う場合は、幅いっぱいの画像で分割してみましょう。これらの画像は、仕切りとしてだけでなく、コースの見栄えを良くし、学習者が複雑に感じることを避けることができます。


7. インタラクティブブロックに画像を追加する


例えば、プロセス、タイムライン、アコーディオン、タブなどのインタラクティブブロックを使用している場合、各セクションに画像を追加することを検討してください。


これらのアイデアは氷山の一角にすぎません!Rise 360​​コースにビジュアル要素を組み込む方法は他にもたくさんあります。Content Library 360で必要な画像を見つける場合には、この記事をご覧ください。


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#Articulate360

#Rise360

#eラーニング

#作成

#使い方

#デザイン