• DISCE

Content Library 360で必要な画像を見つける方法

原文「How to Find the Images You Want in Content Library 360


これまで素材画像を見つけることは、eラーニングのコース開発で最も時間のかかる作業の1つでした。必要なものを見つけるために複数のWebサイトにアクセスして、各サイトの使用条件、帰属要件、ダウンロード仕様を理解するまでにイライラする時間を費やしていました。


しかしArticulate 360​​によってすべてが変わりました!それはArticulate 360​​にContent Library 360が含まれているためです。Content Library 360は、450万を超える画像、ビデオ、アイコン、イラストの素材集です。Content Library 360は、これらすべての素材をArticulate Storyline 360、Rise 360、Studio360から簡単にインポートし、配置できます。ですのでContent Library 360を使用すれば、Storyline 360やRise 360​​を離れる必要がありません。Webブラウザを起動することなく、何百万もの素材集から検索できます。また、画質や使用権などの詳細を気にする必要もありません。Content Library 360の素材は、すべて安心して使っていただけます。


Content Library 360をオーサリングワークフローに直接組み込むことは、素材集を見つける上でも確かに便利ですが、450万以上の素材を使用して、本当に欲しいものにどのよう見つけることができるのでしょうか?この記事では、Content Library 360の役立つ便利な検索のヒントを紹介します。


キーワードとフレーズを絞り込む


Content Library 360の素材画像へ簡単にアクセスできますが、高品質の画像を見つける場合はスマート検索を利用します。そしてキーワードが重要となります。意味が広すぎるキーワードや曖昧なキーワードを使用すると、意図しない画像が多くなりすぎて見つける時間を無駄にすることになります。



単語の関連付けを行う


ひとつの単語が異なる多くの意味を持っているので、私は少し連想するようにしています。まずメモにキーワードとフレーズを書き留めて、検索する時に隣に置いておきます。特定のキーワードまたはフレーズが良い検索結果をもたらした場合はそれらを丸で囲んで検索を絞り込んでいき、最終的な選択を行う際にその情報に戻ることにしています。


たとえば、健康とウェルネスに関するコースで、健康そうな人の写真が必要だとしましょう。「content」という単語を検索すると、文章や書類のイメージがたくさん出てきます。


しかし「relaxed(リラックスした)」や「peaceful(平和な)」などの関連する単語を連想してから、それらや他の関連用語を検索すると、自分のトピックにより適したより多くの選択肢が見つかります。

ヒント:検索キーワードが複数になるほど、検索結果が絞り込まれることを覚えておいてください。そのため、具体的なものを探している場合は、できるだけ多くのキーワードを試してください。検索条件から単語やフレーズをいったん削除することで、結果を広げることができます。


単語の使用が検索結果に影響を与える


用途が異なる単語は、正しい画像の検索を難しくする可能性があります。

たとえば、「female(女性)」や「male(男性)」などのキーワードで検索すると、結果が少し秩序だっていないように見える場合があります。これは、これらの用語が名詞と形容詞の両方で一般的に使用されるため、それらを検索すると、典型的な性別の特徴または役割を含む画像が検索される可能性が高いためです。たとえば、「female leader(女性リーダー)」という用語は、野生のメスの動物を含む画像や、誇張された典型的な女性の特徴を持つ画像を検索する可能性があります。


下記の検索結果がその例です。

「female(女性)」を検索するだけで、長いつやのある髪、曲線的な体の形、大きな目、ふくよかな唇を持つ若々しい女性というように典型的な多くの画像が検索されます。


しかし、「female(女性)」というキーワードに加えて「business(ビジネス)」というキーワードを追加すると、求めている職場に適した結果を検索することができます。



タグ情報の信憑性


素材画像は通常、広告に使用するために販売されます。多くの場合これらの画像は、画像を撮影した個々の写真家によって検索エンジンまたは素材集サイト向けにタグ付けされます。写真を分類するために、雇われたプロジェクトの属性に基づいてタグ情報がついている場合があります。そのため、ある写真家はビーチで家族の画像に「family(家族)」や「vacation(休暇)」などの単語をタグ付けし、別の写真家は同様の画像に「people(人)」や「holiday(休日)」などのタグを付けている場合があります。そのため、素材の写真に関連付けられているタグ情報だけでなく、概念のより本格的な描写に焦点を当て、連想したり、複数のキーワードを使って画像を検索する必要があるかもしれません。


Content Library 360で本当に自分の探し求めている画像を検索して見つけるには、これらのヒントを参考にしてください。


学習者から手がかりを得る


学習者が主にビジネスカジュアルな若い人たちの場合、学習者にアピールするには、以下のような、よりカジュアルで現実的な設定で多様な人々のグループの画像を探します。

Source:Content Library 360


完璧ではない画像を捨てない


人間には、様々な形、大きさ、年齢、能力、民族性があります。私たち全員がモデルのように見えるわけではなく、真珠のような白い、きらめく笑顔でカメラをまっすぐ見つめているとは限りません。


左下の画像のように、プロデザイナーが企画した、カメラ目線のモデル画像を検索する代わりに、右下の画像のようにもう少しリアルでキャラクターを選んだ方が状況を表現できる場合があります。



本物の雰囲気や設定を表現していることに焦点を当てる


素材写真は、eラーニングプロジェクトで使用するために特別に設計されたものではないことを既に説明しました。このため、多くの画像は、学習者に共鳴しない現実の状況を誇張することがあります。


例えば「boss(上司)」のようなキーワードは、ビジネススーツを着た年配の白人男性のように、性別を固定化した結果を生み出すかもしれません。代わりに、コラボレーション、支持するなど、彼らが指導しているように見える状況を検索してみてください。


「team meeting(チームミーティング)」というキーワードでContent Library 360を検索したところ、次のような様々なチームリーダーが従業員と並んで働いている、素晴らしい画像がたくさん見つかりました。このような画像を使用することの最大の利点は、時代遅れの典型的なイメージを続けるのではなく、現代の職場でチームワークの感覚を伝えることです。そして、このような画像は、誰が「boss(上司)」であるかについての解釈は自由なので、組織内のリーダーシップの偏った描写をしているというような心配をする必要はありません。


あまりにも文字通りになりすぎない


画面上の空白を埋めるためだけに画像を使用するのはよくありません。コースの内容と目的をサポートするために、意図的に画像を使用する必要があります。あるスライドや画面で説明している状況を表現したい時があります。例えば、タイムマネジメントコースでスケジュールをうまく調整(juggling schedule)しているマネージャーを表す場合です。


しかし、注意してください。「juggling schedule」など、文字通りすぎるキーワードで検索すると、次のような大量の画像を取得できます。

Source:Content Library 360


ジャグラーの写真の探し歩くのではなく、コンテンツを補完し、コンテキストを強化する画像を検索してみてください。たとえば、忙しいマネージャーであることを思い起こさせる言葉を使用したり、次のような時間の概念をサポートする画像に焦点を当てたりすることができます。


Source:Content Library 360


素材写真で少しクリエイティブに


一部の素材画像は、そのまますぐに使用できるとは限りませんが活用する方法があります。下記のことを試してみましょう


トリミングを行う


Storyline 360​​に組み込まれている画像編集ツールを使用すると、以下の画像で行っているように、不要な部分を切り取るなど、Content Library 360の画像の外観をカスタマイズすることができます。

Source:Content Library 360


透明な図形を追加する


透明な図形で元の写真を覆うことにより、理想とは言えない画像の欠点をそらします。Storylineで行う方法は次のとおりです。

  • 画像の上に四角形を追加し、明るい、または暗い塗りつぶしを追加します。

  • 四角形の塗りつぶし色の透明度を変更して、目的の効果を実現します。

  • 最後に、下の例のように、その四角形の上にテキストなどを配置します。


これで、コンテンツの背景として画像を強調しなくなり、本当に重要なことに学習者の注意を引くためのクールで目を引けるようになりました!



補足情報


一番下のリンクは、素材画像がeラーニングプロジェクトで使用するために特別に設計されていないので工夫しましょうという旨の記事です。そして真実は常に完璧な画像をすぐに見つけるとは限らないということです。高度に専門化された写真サイトにアクセスしたり、画像の使用方法を少し工夫したりする必要がある場合や、上記ヒントを使用して検索用語を工夫する必要があります。しかし、Content Library 360の本当に便利なところはすぐに検索できることです。アプリ内で画像を見つけて挿入する便利さに勝るものはありません。また、ここで取り上げたクリエイティブな検索方法を使用することで、いくつかの選択肢を見つけることができます。


素材画像の加工に関する操作の他のヒントをお探しの場合は、次の記事をご覧ください。


ここで学んだことを試してみたいが、Articulate 360​​を持っていない場合は60日間の無料トライアルを開始できます。



株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成

#素材集

#使い方

#ContentLibrary