top of page
  • 執筆者の写真DISCE

学習が従業員エンゲージメントのレシピを向上させる

更新日:2023年11月27日


筆者がよく見ている番組は、リアリティ番組「Top Chef」です。この番組は、心地よく、おつまみやワインのお供にぴったりで、学習によって才能が強化されることを示す素晴らしい例です。


美味しい肉汁やオランデーズ、デミグラスのように、学習は従業員エンゲージメントの「秘密のソース」になり得るのです。


従業員エンゲージメントは、パンデミックを通じて、採用や定着に大きな役割を果たしました。エンゲージメントを高めるために、企業は福利厚生を充実させ、フレキシブルな勤務体系を採用し、有給休暇を拡大し、メンタルヘルスプログラムに力を入れ、職場の人間関係を深めるイベントを開催してきました。


また、学習も積極的に取り入れています。積極的な学習文化を創造し、従業員の継続的な成長に投資することで、従業員は自分のキャリアに大きなオーナーシップを感じ、雇用されている企業との連携も深まります。言い換えれば、従業員の育成に力を注ぐと、従業員もそれに見合った投資をするようになるのです。


筆者は、エンゲージメントとラーニングが果たす役割について、何人かのラーニング部門のリーダーと連絡を取り、彼らの意見を聞きました。Harbor Freight Tools社のエンタープライズ・ラーニング&タレント部門のシニア・マネージャーであるBen Cardenas氏は、『学習は、スキルセット、知識、能力を獲得・強化する機会を創出しています。』と述べています。


『学習環境でこれらの要素を開発することで、従業員(学習者)は安全な空間で、習得したことや強化したことを実践することができます。従業員が学習経験を職場に還元することで、従業員自身にとって意味のある仕事に貢献することができ、ひいては従業員が組織やプロセスの一員であると感じることができるのです。』と、Cardenas氏は付け加えました。


では、どのように学習を活用すれば、従業員のエンゲージメントを維持できるのでしょうか?



1. 意味のあるオンボーディングプランを作成する


最初の1日、1週間、1カ月、90日の間に、あなた自身がどんな情報を知りたいかを考えてみましょう。そして、その重要な情報を提供するために、どのような学習体験を提供するのがベストかを考えましょう。中途社員や新入社員を歓迎するにあたり、その情報を共有するために、どのような関係者を含めるとよいでしょうか?重要な学習課題にはどのような項目があるでしょうか?どのような情報を、自己学習ベース、オンライン、またはインストラクター主導での対面またはバーチャルで提供するのがよいでしょうか?

  • 入社前に、従業員が会社のビジョン、ミッション、バリュー、組織構造を理解するための学習パスウェイを作成します。貴社の積極的な学習文化をアピールする素晴らしい方法です。

  • オンボーディング教育では、オンラインでの非同期学習や、バーチャルを含む対面式の学習を融合させましょう。ジョブエイドやクイックリファレンスビデオを含めましょう。

  • 入社後も、中途社員や新入社員がスキルを身につけ、自分の職務を理解するための学習機会を提供し続けましょう。


オンボーディングプロセスを通じて、新たに入社した従業員が人間関係を築き、質問をして情報を集め、マネージャーと時間をとって重要な優先事項を調整するよう奨励します。



2. 1対1での対話に学習を組み込む


マネージャーは、学習の優先順位を確認することができる重要な存在です。マネージャーは、従業員が定期的に学習について話す機会を持つようにするための現場の最前線の重要な役割です。マネージャーは、日々の会話の中に学習の機会を組み込むことができます。


また、1対1の面談は、マネージャーが従業員の学習と内省を支援する機会でもあります。マネージャーは指針となる質問をし、従業員が失敗しても心理的に安全な環境を作り出すことができるからです。


何がうまくいったのか?また、うまくいかなかったことは?次回は何を変えたいのか?基本的な質問をすることで、マネージャーは従業員のコーチとなることができるのです。



3. 人事考課やタレントマネジメントプロセスに学習目標を盛り込む


パフォーマンスに関する会話は、従業員のキャリアにおいて重要な瞬間であり、進捗状況を確認し評価される機会でもあります。学習に対する会社のコミットメントを強化するために、学習に関する目標を盛り込むのに、これ以上のタイミングはないでしょう。


学習目標は、自由に使えるリソースに応じて変えることができます。従業員が取り組めるストレッチ課題はありますか?従業員が身につけることができる重要なスキルや能力はありますか?そのスキルを身につけるために受講できる社内外のコースはありますか?熱心な従業員は、学び、成長する機会を喜ぶでしょう。


これらの戦略は、特に入社初日から利用できるようにすれば、従業員を成功に導くことができます。


Farmer Focus社の能力開発&エンゲージメント担当ディレクターであるKristen Fyfe-Mills氏は、『学習とエンゲージメントの関連性は、当然の結末ではありません。学習体験は、学習者にとっても組織にとっても、仕事と成長に関連するものでなければならないのです。』と述べています。


オンボーディングは、新入社員や中途社員に会社の第一印象を与えるとともに、前向きな学習文化を構築する絶好の機会です。貴社がいかに人材育成に力を入れているかを示すコンテンツを盛り込みましょう。


『学習は、好奇心と会話のための空間を作るのに役立ちます。これはしばしばサイロ、つまり縦割り構造を破壊し、人々がより仕事に従事し、投資することにつながる可能性があります。』と、General Assembly社のキャリアコーチであるLisa Dubler氏は言います。


最近のLinkedIn Learningのレポートは、従業員の旅全体にわたってエンゲージメントを拡大することを示唆しています。パフォーマンスレビューで学習を重視し、マネージャー職に学習文化を浸透させれば、学習が楽しく、適切なものになり、会社での経験が意味あるものになり、L&D投資に対する真のリターンを生み出すことができるのです。


偉大なシェフのように、貴社は、従業員エンゲージメント戦略を甘く、香ばしく、美味しくするために、素晴らしい味の組み合わせを作ることができるのです。


 

By Avra Bossov, September 9, 2022

 

Comments


bottom of page