巨大企業がヒューマンスキルにどのように向き合っているのか

原文「How Corporate Giants Rely on Human Skills to Get Ahead


2008年にリーマンショックで経済が崩壊した時、アメリカの自動車メーカーは不況にさらされ、ゼネラルモーターズとクライスラーは政府に救済を求めました。アナリスト達は、これらの自動車会社は短期的利益を追い求めすぎ、やるべきイノベーションを無視した結果だと苦言を呈しました

振り返ってみると、それはすべて明白な事実です。気候変動による危機、自動運転、ライドシェアリングは現在、自動車産業に革命を起こしています。しかし、アメリカの自動車メーカーはこれらの問題をどのように予測していたのでしょうか。クリエイティブシンキングと問題解決においてもっと良い方法はあったのではないしょうか?

ライバルである日本の自動車メーカーであるトヨタは、参考になったかもしれない驚くべき戦略を持っています。

イノベーティブシンキングを育むために、多くのトヨタの工場では、新入社員に手作業で仕事をするように教育しています。トヨタは、機械操作を習得するだけでなく生産体制をより深く理解してほしいと考えているからです。同社は長期的視野で、このトレーニングが創造性と問題解決スキルを構築することを発見しました。

もちろん、研修生に現場でいじくり回すように言っても、魔法のようにイノベーションが起こるわけではありません。しかし、トヨタのシンプルな戦略は、より大きな真実を示しています。先見の明のある企業組織は、いわゆる「ソフトスキル」を大規模に育成する戦術を試すことができています。

ヒューマンスキルの重要性

ヒューマンスキルをソフトスキルとは呼びません。多くの企業にとって、ヒューマンスキルを手に入れるのは非常に困難です。代わりに、「パワースキル」や「パーソナルスキル」などの用語を耳にするかもしれません。人間が持つユニークな能力に焦点を合わせているからこそ、ヒューマンスキルと言えるのです。機械では完全に実現することはできません。

何と呼ぶにせよ、ヒューマンスキルは個人や企業組織にとって重要なのです。

  • 2018年のMillennial SurveyでDeloitteは、長期的な企業組織の成功のために、若年層があるテーマの深い知識よりも対人スキル、モチベーション、誠実さ、クリティカルシンキング、創造性を重視することを見つけました。

  • 2019年、LinkedInは「ソフトスキル」が採用における最も大きなトレンドであることを発見しました。89%という圧倒的な数のタレントプロフェッショナル達は、概して悪い採用にはヒューマンスキルが欠けていると報告しています。

  • 2022年に向けて、