top of page
  • 執筆者の写真DISCE

ゲーミフィケーションがそのコースにふさわしいかどうかを見極める


ゲーミフィケーションは、一見するとeラーニングをより魅力的にするための簡単な方法のように見えます。ポイントやバッジのようなゲーム要素をコースに加えるだけで、瞬時に楽しさが増すと思いませんか?


しかし、そうではありません。ゲーミフィケーションは、学習者のモチベーションを高める強力な手段になり得ますが、多くの学習テクニックと同様に、すべての状況に適合するわけではありません。そして、合わない場合は、コースが逆に楽しくなくなり、魅力が半減します。これは、あなたが望むこととは全く逆のことです。


ですから、この学習方法がプロジェクトに適しているかどうか、早い段階で評価することが重要です。ゲーミフィケーションの専門家である必要はありません。ただ、次のような手掛かりに目を向けて、判断を下すことが必要です。



ゲーミフィケーションがコースに付加価値を与える可能性があることを示す手掛り

受講者はすでに意欲的であるが、さらなる後押しが必要

ゲーミフィケーションの最も有名な例の1つがDuolingoです。このアプリは、レベル、ポイント、バッジ、リーダーボード、ライフなどのさまざまなテクニックを使って、人々が定期的にレッスンを完了するよう促す語学学習アプリです。しかし、このように熟考されたゲーミフィケーションであっても、視聴者がすでにそのコンテンツを自分の時間を費やす価値があると考えている場合にのみ、うまく機能するのです。 新しい言語を学ぶのは大変で、多くの時間がかかります。しかし、もしその人が努力する価値があると思っているなら、Duolingoのゲーム要素は、定期的な学習習慣を身につけ、難しいレッスンをやり遂げるという最も難しい部分を助けることができるのです。しかし、他に優先すべきことがある場合、ゲーミフィケーションが提供する小さなモチベーションでは、コース修了という大きな障害を克服することはできないでしょう。 そのため、ゲーミフィケーションは、受講者がすでに内容にある程度興味を持ち、学習を進めるための支援が必要なコースに使用するのがよいでしょう。

コースが長い学習体験になる

ゲーミフィケーションに適した受講者がいる場合、使用したいテクニックが実際に機能するために、学習体験が十分長いかどうかを確認する必要があります。 ゲーミフィケーションのテクニックの多くは、実績バッジの獲得、クエストやレベルの封印解除、ストーリーのゆっくりとした探求など、時間をかけて学習者のモチベーションを上げるのに適しています。当然ながら、長時間のコースは、これらのアプローチでインパクトを与える余地があります。 だからといって、すべての長時間のコースがゲーミフィケーションに適しているのでしょうか?いいえ、他の兆候を探す必要があります。しかし、ゲーミフィケーションのアプローチとして有効なものがより多くあるということです。

重要な報酬を組み込むための論理的な方法がある

ゲーミフィケーションの大きな動機付けは、報酬です。報酬には、ポイントを集める、実績として提示する、ランキングリーダーボードなどの外部報酬と、次のストーリーを進められる興奮や、困難な課題を克服することによる個人的な満足感などの内部報酬があります。 しかし、コースを充実させるためには、どのような報酬が受講者をやる気にさせるのか(させないのか)を知っておく必要があります。例えば、日頃から互いに競争している営業マンのためのコースであれば、ランキングリーダーボードは彼らの競争意識を刺激するかもしれません。しかし、あなたの受講者がお互いに競い合うことにあまり興味がなかったり、協力することにモチベーションを感じていたりする場合、リーダーボードは受講者のコースへの参加意欲を低下させる可能性があります。 どのような報酬を使用するにしても、それをコースにスムーズに組み込む方法を確認する必要があります。もし、不自然で強制的な報酬を作成した場合、あなたのコースは不便で効果的ではなくなります。

有意義な選択肢を含める方法がある

ゲーミフィケーションというと、主体性や自律性はあまり思い浮かばないかもしれません。しかし、学習者が自分の体験にオーナーシップを感じ、内容に興味を持ち、最後までやり遂げる意欲を持つようにするためには、これらは強力なゲームメカニズムなのです。 「有意義」という言葉が重要です。報酬の場合と同様、このアプローチは、学習者にとって重要な選択肢を提供する場合にのみ機能します。学習者にコンテンツを見る順番を選ばせたり、シナリオの中で意思決定をさせたりすることが可能な場合、このような選択肢は、一般的にインパクトがあります。コースプレーヤーの色を選ぶといった表面的な選択肢しか提供できない場合、そのような選択肢は、受講者に影響を与える可能性は低いでしょう。

内容がストーリーに適している

ゲーミフィケーションを語る上で忘れがちなことですが、内容にストーリーを盛り込むことも効果的なゲーミフィケーション技法のひとつです。内容と受講者の双方に強く結びつくストーリーを盛り込むと、学習者がコースと自分の仕事の関連性を理解するのに役立ちます。また、ストーリーは共感力を高める強力なツールであり、論点を整理するために受講者を他人の立場に立たせる必要がある場合に最適な手法です。また、ストーリーの結末を知りたいという単純な欲求が、学習者のコース修了への動機づけになることもありますから、決して侮ってはいけません。 とはいえ、ストーリーが適さない場合もあります。例えば、車のタイヤ交換のコースを考えてみましょう。学習者は、なぜこの情報が重要なのか、いつ使うのか、すでに知っています。道端で立ち往生している人が車のホイールを修理しようとしているというようなストーリーは必要ないのです。ただ、その手順を手早く教えてほしいだけなのです。だから、そのような状況でのストーリーは内容に不必要な大きさを加えるだけなのです。



ゲーミフィケーションが適していない可能性がある場合

利害関係者が最初からゲーミフィケーションを望んでいる場合

ゲーミフィケーションの可能性に興奮するマネージャーや依頼者は、コンセプトがその人にとって初めての場合は理解できます。しかし、ゲーミフィケーションを単に導入することは、コースがうまくいかなくなる最も典型的な例です。 ゲーミフィケーションは最終的には正しい選択かもしれませんが、すぐに実行に移すのではなく、熟慮して分析した上で決断したほうがよいでしょう。

コースが短い

ゲーミフィケーションの中には、短時間の体験に適した手法がいくつかあります。例えば、フォームへの入力がどの程度進んでいるかを示すプログレスバーなどです。 しかし、大半のアプローチは、バイト(一口)サイズの学習体験であるべきものに、不必要なものを追加してしまう可能性があります。また、ゲーム要素を追加するには余計な時間がかかるため、シンプルなゲーミフィケーションアプローチ以外は、より大きな効果を期待できる長編のコースに取っておいた方が、投資に対するリターンが高くなる傾向にあります。

問題のある内容を手っ取り早く解決する方法として提案されている

ゲーミフィケーションは、学習者が好まない不出来なコースを改善する方法としてよく取り上げられます。しかし、退屈で長すぎる、あるいは学習者に合っていない内容にポイントなどを追加するだけでは、骨折した足にバンドエイドを貼るようなものです。根本的な問題を解決することにはならないのです。 ゲーミフィケーションは、内容そのものが弱いコースを改善する要素となり得るでしょうか?可能性は十分にありますが、ゲーミフィケーションを単純に取り入れるだけでなく、内容そのものを改善する必要があります。

各ゲームメカニズムがどのように機能するかを知らない(または、今そのスキルを身につける時間がない)

面白くないゲームをプレイしたことはありませんか?それは、人が実際に何を楽しいと感じ、モチベーションを上げるのかを見極めるのは、プロのゲーム開発者であっても難しいからです。 ゲーミフィケーションを効果的に活用することは、コース制作者であれば誰でも習得できるスキルです。しかしゲーミフィケーションの仕組みを理解するためには、時間と労力が必要です。今はそのスキルがなく、深く掘り下げる時間もない場合は、ゲーミフィケーションを将来のプロジェクトに取っておく方がよいでしょう。

学習者を調査する時間がない

誰もが同じゲームを好むわけではないことに、おそらくお気づきでしょう。ある人が楽しくて夢中になれるものでも、他の人にとってはひどく退屈なものかもしれません。 ゲームには様々な要素があります。それぞれ、人を動機づけ、引きつける独自の方法があり、万人に同じように効くものはありません。視聴する学習者に適したものを選ぶには、何がモチベーションを上げ、興味を持たせるかを知る必要があります。しかし、そのような調査をする時間がなければ、ゲーミフィケーションのアプローチはしばしばつまずくことになります。


まとめ


ゲーミフィケーションは、学習者のモチベーションを上げることも、学習者の興味を失わせることも可能です。しかし、このブログ記事を手がかりに、ゲーミフィケーションがあなたの学習者、内容、状況に適しているかどうかを判断する方法が見えてきたはずです。つまり、自信を持って前進することも、一旦立ち止まって他の選択肢を検討することもできるのです。


上記の手がかりから、ゲーミフィケーションがあなたのプロジェクトに有効であると確信されましたか?それなら、次の記事で次に何をすべきかを確認してください。

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page