ゲーミフィケーションをeラーニングに取り入れる

原文「Gamification Techniques: How to Apply Them to E-Learning


eラーニングに携わっている方なら、「ゲーミフィケーション」という言葉を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。言葉を聞くとなんだか楽しそうですよね?しかし、単にバッジやリーダーボードといった仕組みを取り入れるよりも、ゲーミフィケーションには慎重に考えなければいけない側面があります。

eラーニングのゲーミフィケーションとは、ゲーム要素とゲーム手法をオンラインラーニングコンテンツなどのゲームではないものに取り入れて、楽しく魅力的なものにすることです。言い換えると、ゲームの仕組みや考え方を使って、学習者が最終学習目標に向かい、率先して学ぶことを助けることです。

これらのゲーミフィケーションテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか?どのようにeラーニングに取り入れることができるのでしょうか?いくつかのアイデアを紹介します。

物語、ストーリー


多くのゲームの重要な部分は、背後にある物語やストーリーです。これらのストーリーには、主人公(キャラクター)、乗り越えるべき壁(キャラクターが直面する課題・挑戦)、プロット、レベル、段階(イベントのシーケンス)が組み込まれていることが多いです。

このゲーム要素を組み込む方法は?


シナリオ作成はコースにストーリー要素を加える優れた方法です。シナリオにはプロットや一連のイベントに登場するキャラクターを含みます。

ルール


ルールは、期待とパラメータを設定するためのゲームの重要な部分です。ルールはプレイヤーに何ができるのか、何ができないのかを伝えます。

このゲーム要素を組み込む方法は?


学習者にルールを伝えるための具体的で簡潔なシナリオを用意します。コースのすべての段階やイベントで、学習者に何を期待するのか、何をすべきかを明確に伝えることを