top of page
  • 執筆者の写真DISCE

eラーニングシナリオの視点(POV)の選び方

更新日:2023年11月27日


eラーニングを学習者に生き生きと伝えるには、優れたシナリオ以上のものはありません。結局のところ、シナリオはストーリーの一種であり、ストーリーは楽しくて魅力的な方法で情報を提供するのに適しています。


効果的なシナリオをデザインすることは、eラーニング制作のクールでクリエイティブな部分の一つですが、前もってのプランニングが必要です。例えば、シナリオをデザインする際に考慮したいのは、学習者をどのように巻き込むか、言い換えれば、シナリオがどのような視点(POV)を持つか、ということです。eラーニングにおける視点は、主にビジュアルデザインの視点と物語の視点の2種類があります。ビジュアルはシナリオをサポートするものであるため、この2つは重なる部分が多いのですが、今回はシナリオの物語の視点にのみ焦点を当てたいと思います。



物語の視点とは?


物語の視点とは、シナリオが取る視点のことで、他の文章と同じように、一人称、二人称、三人称のいずれかの視点になります。視点は、「私」「あなた」「彼女」「彼」「彼女ら」などの人称代名詞を使うことで確立されます。


一人称


一人称の視点とは、シナリオが語り手または登場人物の視点から描かれていることを意味します。「私」、「私たち」という一人称の視点でシナリオを書いている場合は、「私は視点の説明がとても参考になりました」のようになります。


一人称視点には、学習者がすべての登場人物の行動、感情、思考を見たり探ったりできる全知全能型と、登場人物が学習者に自分の知っていること、見たこと、聞いたことだけを伝えることができる限定型とがあります。いずれにせよ、語り手または登場人物が学習者に語りかけることになります。


一人称でシナリオを書くのは、学習者が登場人物のアドバイザーとなる知識やスキルを持っているようなトピックに適していると思います。このアプローチは、Nicole Legaultの「Storyline 360: Customer Service Scenario」の例のように、学習者の選択が登場人物の状況に与える影響を示す分岐を使用することで、より魅力的なものにすることができます。この例では、各ポイントでのカスタマーサービス担当者の対応に対する顧客の反応を見ることができます。


二人称視点


二人称視点は、あらゆる種類の没入型体験、特にeラーニングで最も一般的なライティングアプローチです。それは、学習者を行動の中心に置くからです。二人称視点だと、ナレーターは「あなたは視点の説明をとても参考にできると思います。」のように、代名詞の「あなた」を使って学習者に語りかけます。


二人称視点でシナリオを書く際に考慮すべき点は、学習者が選択した結果をどのように提示するかということです。没入感を維持するためには、学習者に自分の行動の結果を体験させることが理想的です。これを実現するには、学習者がシナリオの中で自分を表現するアバターを選択する方法と、ビジュアル視点を使用する方法の2つがあります。このSarah HodgeのStoryline 360の例「How to Fight a Bear」やRichard Watsonの「Workplace Violence course」やJosh Goodswenの「Scenario-Based Health & Safety」では、これらのアイデアを実際に見ることができます。


三人称視点


三人称視点は、フィクションライティングで最も一般的なアプローチで、「彼は三人称視点の説明がとても参考になったそうです。」のように、「彼女」「彼」「彼ら」などの代名詞を使用することが前提になっています。


フィクションライティングで使用されるため、三人称の語りはシナリオを書くのにも適していることがあります。三人称視点は、一人称視点と同様に、全知全能(学習者がすべての登場人物の行動、感情、思考を見ることができ、探求できる)、または限定(学習者がある登場人物の行動や思考を追う)のいずれかになります。いずれにせよ、学習者はシナリオに参加するというよりも、シナリオの観察者となります。


一人称または三人称のどちらのシナリオアプローチを選んでも、客観性と学習者の関与のバランスをとることができます。例えば、「倫理的または道徳的な意思決定」のような難しいトピックを探求する場合、学習者の個人的な関与が脅威となる可能性があるため、一人称または三人称の視点は非常に効果的なアプローチとなります。


三人称の視点を用いた素晴らしい例として、Kate LeeのRise 360の「Digital Media Ethics」があります。このデザインはニュアンスがあり、選択肢を検討する際に他の登場人物の視点を探るように促してくれるところが気に入っています。



まとめ


簡単に言うと、一人称視点のシナリオは、作家やナレーターの視点から語られる物語で、「私」または「私たち」が使われます。二人称のシナリオは、学習者に向けられたもので、「あなた」という代名詞が使われます。三人称のシナリオは、外部の語り手の視点から語られ、「彼」「彼女」「彼ら」などの代名詞が使用されます。


どの視点からのシナリオであっても、その視点に終始するのがベストです。つまり、「私」や「私たち」といった一人称でシナリオを書いた場合、「あなた」といった二人称や「彼ら」といった三人称に途中で変わらないようにするのです。このように人称の視点を変えると、学習者が混乱する可能性があります。


シナリオを作成する際には多くの決断が必要ですが、ありがたいことに、eラーニングヒーローズには効果的なシナリオを作成するためのプロのヒント、例、リソースがたくさんあります。シナリオのトピックに関する記事をいくつか集めましたので、リーディングリストを完成させましょう。


作成したシナリオをオーサリングツールでeラーニング化したい方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page