• DISCE

Rise360で分岐シナリオを簡単に作成する方法

原文「How to Easily Create Branching Scenarios in Rise 360

シナリオベースのコースは、学習者を没入させ、新しいプロセスを現実に適用するのを練習したり、業務を遂行する際のニュアンスを探求したりするための安全な空間を学習者に提供するための筆者のお気に入りの方法の1つです。


シナリオベースには、線形シナリオか分岐シナリオの2種類があります。学習者が一連のステップを探求したり、単純なプロセスを練習したりするのを支援する必要がある場合は、線形シナリオを使用します。しかし、学習者に意思決定させ、パフォーマンスを調整してもらいたいときは、分岐シナリオが有効です。


シナリオ、特に分岐シナリオの作成には、多くの時間が必要でした。しかし今では、線形シナリオと分岐シナリオのどちらが必要な場合でも、Rise 360​​のシナリオブロックを使うと、シナリオの作成がこれまでになく迅速かつ簡単になります。


シナリオブロックを使うと、わずか数分で次のインタラクティブな分岐シナリオを作成することができました。このシナリオでは、レストランのウェイターやウィトレスに、より高価なメニューをお客様にお勧めすることを練習するための魅力的な方法を提供しています。

シナリオブロックの動き方を確認してみる


シナリオブロックを使用してこのような分岐シナリオを作成するのがいかに簡単かを知りたい場合は読み続けましょう!私が使ったプロセスを簡単に紹介します。非常にシンプルで楽しいです!



プロセスの概要


分岐シナリオの作成は、要約すると次の4つのステップになります。

  1. シナリオブロックをレッスンに追加します。

  2. シナリオブロックに1つ以上のシーンを追加します(詳しくは後述します)。

  3. Content Library 360のキャラクターと背景画像を使用してシーンをカスタマイズします。

  4. 内容のテキストと分岐設定を追加します。

各ステップを簡単にウォークスルーしましょう。



シナリオブロックをレッスンに追加する


シナリオブロックはインタラクティブブロックタイプであるため、INTERACTIVEブロックメニューにあります。方法は次のとおりです。

  1. ブロックショートカットバーから[All Blocks]を選択します。または、ブロック間の境界の上にマウスを置くと表示されるブロック挿入アイコン(+)をクリックします。

  2. 下にスクロールして、ブロックライブラリで[INTERACTIVE]カテゴリを選択し、[Scenario]を選択します。

このアニメーションGIFを参考にしてください。



シナリオブロックに1つ以上のシーンを追加する


シナリオはシーンで構成されており、シーンは内容で構成されています。線形シナリオを作成しようとした時、プロジェクトに1つだけのシーンで十分な場合があります。ただし、分岐シナリオを作成する場合は、プロジェクトにシーンを追加して、学習者の選択に基づいてキャラクターや背景を変更したり、他のシーンに分岐したりできるようにする必要があります。たとえば、私のプロジェクトでは、3つのシーンを使用して、学習者が練習する必要のある3つのスキルに合わせました。


シーンを追加するには、シナリオブロックの上にマウスを置き、表示される[Edit]ボタンをクリックします。シナリオブロックにシーンを追加する方法を示すアニメーションGIFを次に示します。



シーンをカスタマイズする


これで、コンテンツライブラリ360の文字と背景画像を使用してシーンをカスタマイズする準備が整いました。


シーンをカスタマイズするには、[Edit Background]または[Edit Character]をクリックします。Content Library 360で自分のシーンに最適な背景を見つけられますが、必要に応じて独自の画像をアップロードできます。またContent Library 360で今回のシーンにぴったりのキャラクターAmmonを見つけました。


これらの手順を示すアニメーションGIFを2つご覧ください。



コンテンツ、テキスト、分岐設定の追加


シナリオブロックを挿入し、シーンをキャラクターと背景でカスタマイズすると、コンテンツを追加したり、テキストをポップしたり、分岐設定を追加したりする準備が整います。


1. [Add Content]ボタンをクリックして開始し、Dialogues(対話)か、Textコンテンツのどちらかを選択できます。どちらのオプションを選択しても、シナリオを通過するための複数パスを学習者に提供できます。今回の例では、両方のタイプを組み合わせて使用​​しました。会話をシミュレートするための対話と、フィードバックを強化するためのテキストコンテンツです。


シーンにDialogues(対話)を追加するには、タイトルバーの右上にあるコンテンツタイプのドロップダウンメニューからDialoguesを選択するだけです。ドロップダウンメニューの場所を示すGIFは次のとおりです。


2.これで、Dialogues(対話)またはテキストコンテンツのテキストを入力またはコピーできます。回答オプションとフィードバックのためにテキストを入力またはコピーすることもできます。


3.すべてのコンテンツが配置できたら、[Go to]メニューで学習者が次に移動する場所を指定することにより、分岐を追加する準備が整います。


Rise360で分岐するための[Go to]メニューのデフォルトは、学習者はシーン内の次のコンテンツへの移動です。これを変更するには、別のコンテンツまたは別のシーンにリンクするだけです。これは柔軟性を与えるので、今回の例のように正しい答えのオプションを選択するまで、あなたはシーンを通して学習者をループさせることができます。または、シナリオの最後に到達するまで、徐々にパスをたどることができます。設定はあなた次第であり、創造的なオプションは無限大です。


上級者TIPS:シナリオを最初からプレビューして、すべてが想定どおりに進むことを確認するのをお勧めします。シナリオブロックでこれを行う方法は次のとおりです。


シナリオブロックが完成したら、ブロックテンプレートとして保存して、現在のコースや将来のコースですぐに再利用できます。将来の自分のためにも大きな恩恵を与えることができ、デザイン時間をさらに節約できます。



分岐シナリオコースの作成には、Rise360のシナリオブロックよりも早く簡単になる方法はないと確信しています。


より多くのシナリオブロックの動作を確認したいですか?筆者が作成したコース例「3 Techniques for Successful Upselling」をご確認ください。



試してみたいけれど、まだArticulate 360をまだご契約していない場合は、60日間の無料トライアルを開始して、製品をお試しいただけます。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Rise360

#eラーニング