• DISCE

プロのようにEラーニングコースを計画する方法

原文「How to Plan E-Learning Courses Like a Pro」


eラーニングコースを開発・更新する場合は、できるだけ早く計画を開始して、プロジェクトがスムーズに進むようにします。コースの目標と達成方法を明確にまとめた堅実な計画を作成するのに役立つ、次の3つのステップを参考にしてください。



1.成果物を特定する


まず、最も意味のある順序で作成・配信する予定の詳細なリストを作成します。成果物はプロジェクトによって異なることに注意してください。例えば、一般的なeラーニングプロジェクトでは、要件リスト、プロジェクト計画、ストーリーボード、eラーニングコースそのもの、コース後のアンケート項目が必要になる場合がありますし、単純なプロジェクトの場合は、eラーニングコースだけでよい場合があります。


多くの成果物が必要な場合でも、1つだけで済む場合でも、この成果物リストは必要があるもの、要件、プロジェクトのレビュー方法を理解するのに参考になります。



2.要件を定義する


成果物を特定したら、目標を達成するために必要な要件のリストを作成します。一般的な要件は次のとおりです。

  • プロジェクトの様々な部分であなたを支援してくれる人々のリスト

  • 購入・インストールする必要があるソフトウェアとハ​​ードウェア

  • 必要な素材(ビデオファイル、画像、ロゴなど)

これらの要件を特定するために時間をかけておくと、後で問題や遅延を回避できます。例えば、プロジェクトを開始する前にこのリストを利害関係者やプロジェクトマネージャーと共有すると、必要な時に適切な人やツールにアクセスすることができます。そして、eラーニングプロジェクトを実際に実行する時、要件チェックリストは、チーム全体が必要なものを理解するのに役立ちます。


要件の作成の詳細については、記事「How to Write Requirements for Your E-Learning Project(後日翻訳)」を参照してください。



3.レビュープロセスの計画


あなたがうっかり見落としているものを他の人の新鮮な目で見つけることができます。したがって、組織が正式なレビュープロセスを必要としない場合でも、eラーニングコースの開発完了前に必ず他の人にレビューしてもらうようにしてください。


レビュープロセスを完了するための正しい方法や間違った方法はありませんが、次の点で考慮することをお勧めします。

  • 誰が最高のフィードバックを提供してくれるか(コンテンツテーマの専門家SME、利害関係者など)

  • 締め切り

  • フィードバックを収集して適用する方法

最も簡単なタイプのレビュープロセスは、主要な成果物を用意し、それに関与するすべての人が同意することです。利害関係者をあらゆる段階に関与させると、すべての人を満足させる最終結果を達成する可能性が高くなることを念頭に入れておいてください。



まとめ


これらの3つのステップで、学習者が多くの学習を続けられる、効果的で魅力的なコースを計画しましょう。eラーニングコースの堅実な計画を作成し、最終目標を定義することで、プロジェクト開始前に、最終的な成功への準備が整います。



株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です


#コースプランニングブログシリーズ

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成

#プロジェクト計画

#レビュー

#要件定義