• DISCE

Degreed導入事例:Imperial Brands

原文「New Skills for a Shifting Industry: Inside Imperial Brands’ Transformative Turnaround


Imperial Brandsには100年以上の歴史があり、Davidoff、West、JPSというタバコ銘柄、Golden Virginiaという紙巻タバコなどの有名な製品があります。しかし今日、顧客の嗜好は劇的に変化しており、アメリカやイギリスなどの主要市場では、従来のタバコ製品の消費量が年々少なくなっています。


たばこ産業は通常、革新的ではないことで知られています。近年最後の大きなブレークスルーは、80年以上前に導入されたフィルターでしたが、現在サステナビリティを強化するために、Imperialは次世代の製品開発に注力しています。全従業員全体の大規模なスキル開発を目標としており、しかも迅速に進める必要があります。


従業員数が30,000人を超えるこのグローバル企業にとって、これは大きな課題でした。Imperial Brandsは、L&Dチームに会社の取り組みをリードするよう命じました。Imperial Brandsは、優秀な人材を集め、学習文化を育み、従業員が次世代の製品を開発できるスキルを明らかにする必要がありました。


Imperial Brandsは、4年間にわたる変革の努力の末、優れた結果を得ることができました。最新のケーススタディで、Imperial Brandsが成し遂げたことと、Imperial BrandsのL&Dがどのようにリードしたかを参考にしてください。


By Nick Welna, Writer

March 3, 2020

#導入事例

#人材開発の未来