The Serial Learner(継続的な学習者)

原文「The Serial Learner: An Interview with HR Expert Jeanne Meister


 今日の労働力は前例のないレベルで機能しており、技術と多様化する労働力が絶えず仕事の世界を作り変えています。この変化は、人の業務に至るまで、ビジネスの様々な側面に影響します。L&Dが経験している変化は非常に大きいため、人事の専門家Jeanne C. Meister 氏は、人事部門の仕事と役割に関する従来の思想は時代遅れになっていると示唆しています。

 Degreedプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントであるTodd Tauberは、仕事の将来、および組織の学習に対する見方などついて、Jeanne氏に質問することができました。(Jeanne氏は、書籍「The Future Workplace Experience」の共同著者)

Todd:最近あなたは「the serial learner(継続的な学習者)」という概念について書かれていますね。これは、Degreedのスタッフが「the career-long learner(生涯学習者)」と呼んでいるものです。それが何を意味するのか詳しく説明いただけますか?

Jeanne:Serial learning(継続的な学習)は、「The Future Workplace Experience: 10 Rules In Mastering Disruption In Recruiting and Engaging Employees(将来の職場での経験:従業員の採用とエンゲージメントにおける混乱を乗り越えるための10のルール)」という本で、従業員側で継続的な学習の必要性を暗示するために用いた用語です。


「The Future Workplace Experience」で述べたように、継続的な学習者は、serial entrepreneurs(継続的な起業家)と同じ資質を持っています。彼らは、知的好奇心が強く、常にビジネスに満足せず、何か新しいことを常に学ぶために現在の役割を超え、絶えず学ぶために異なるネットワークを探し求めます。今日の学習者にも同じ概念が当てはまると思います。技術系の仕事だけでなくすべての仕事に対しての業務知識が役に立たなくなるのが2.5年ごとに倍増しているため、継続的な学習が必要という概念は重要性を増しています。

Todd:あなたはまた継続的な学習者であることがキャリア成長のために重要になりつつあると言っています。そして私たちは他の多くの場所で同様の反響を見ています。この概念が突然定着したのはなぜですか?

Jeanne:継続的な学習が継続的なキャリアアップの鍵となっているのは、あらゆる業界で変化の速度とペースが加速しているからです。FORTUNE 500の企業の52%が2000年以来合併、買収、倒産していることを考えてみてください。FORTUNE 500のリストにまだ載っている企業は、私がこの本で「learning machines(機械学習)」と呼んでいるものによって変化に対応しています。それら企業は、継続的な学習という文化を作り出すこと、継続学習が必要であることを明白にしています。


AT&Tの最高経営責